LINEMOと楽天モバイルはどっちがおすすめ?料金や繋がりやすさを比較

LINEMO楽天モバイルを比較すると、それぞれの特徴として以下の違いがあります。

キャリア名特徴
LINEMO
・LINEギガフリーでLINEアプリのトーク・音声通話・ビデオ通話のデータ消費が0
・ソフトバンク回線のプラチナバンドで通信速度が安定している
・海外利用時に定額オプションがある
公式サイトへ
楽天モバイル
・Rakuten Linkアプリで通話が無料
・月額3,278円(税込)でデータ量が無制限使い放題
・海外利用時は手続きや追加料金なしで2GBまで使える
公式サイトへ

記事の中ではこれらの特徴の以外に、月額料金や通信回線の繋がりやすさなど、比較し解説します。

LINEMOと楽天モバイルの比較まとめ

これらの比較をもとに、LINEMOと楽天モバイルがどんな人におすすめなのかを解説します。

どちらもLINEギガフリーやRakuten Linkといった独自の強みがあるので、自分にとって使いやすいのはどちらなのかを確認しましょう!

LINEMOの申し込みはこちら

LINEMO 料金プラン

もう契約している人も対象★新プラン発表記念キャンペーン開催中
10GBが月990円(税込)のエントリーは今だけ!

目次

LINEMOと楽天モバイルの比較一覧表

LINEMO楽天モバイル
月額料金プランミニプラン:3GB 990円
スマホプラン:20GB 2,728円
3GBまで:1,078円
3~20GB:2,178円
20GB~無制限:3,278円
通話料22円/30秒Rakuten Linkアプリ利用で無料
アプリ未使用時22円/30秒
かけ放題プラン5分以内かけ放題550円
かけ放題1,650円
15分以内かけ放題1,100円(Rakuten Linkアプリを使用せず、OS標準アプリでの通話)
店舗サポート無し有り
海外利用海外あんしん定額:地域と時間によって異なる
海外パケットし放題:25MBまで最大1,980円/1日、25MB以上3,980円/1日
2GBまで無料
2GB超過後、速度制限を解除するには1GBあたり500円でチャージ
速度制限時の最大速度ミニプラン300kbps
スマホプラン1Mbps
海外利用時2GBを超えた場合、最大128kbps
テザリング対応対応
料金は全て税込表記

LINEMOと楽天モバイルの毎月の料金プランを比較

LINEMOと楽天モバイルの月額料金は以下の通りです。

キャリア名月額料金(税込)
LINEMOミニプラン:3GB 990円
スマホプラン:20GB 2,728円
楽天モバイル3GBまで:1,078円
3~20GB:2,178円
20GB~無制限:3,278円

LINEMO月額990円(税込)で3GBまで使えるミニプランと、月額2,728円で20GBまで使えるスマホプランの2つです。

契約プランのデータ量を使い切ったあとは月末まで低速で利用するか、追加データを1GB 550円で購入するかのどちらかを選択できます。

一方、楽天モバイルはシンプルワンプランで、利用データ量に応じて金額が決まる従量制です。

3GBまでは月額1,078円(税込)、20GBまでは2,178円(税込)、20GB以上はデータ量無制限で3,278円(税込)です。

  • 3GBまでならLINEMOがお得
    • LINEMO 3GB:990円(税込)
    • 楽天モバイル 3GB:1,078円(税込)
  • 3GB以上使うなら楽天モバイルがおすすめ
    • LINEMO 20GB:2,728円(税込)
    • 楽天モバイル 20GB:2,178円(税込)

基本的に固定回線がある環境でスマホを利用する方であれば3GBで十分なので、LINEMOの方がお得ですが、3GB以上利用する場合は楽天モバイルを選択しましょう。

余ったギガ数は翌月に繰越できる?

LINEMOと楽天モバイルはいずれも余ったギガ数の繰り越しはできません。

楽天モバイルは使ったデータ量に応じて月額料金が変化しますが、LINEMOは2プランから選択する必要があるため、なるべくデータ量を残したくない方はミニプランがおすすめです。

現在新規申し込みはできませんが、楽天モバイルの旧プランを継続している方は、引き続き残ったギガの繰り越しが可能です。

LINEMOと楽天モバイルの通話料とかけ放題プランを比較

LINEMOと楽天モバイルの通話料とかけ放題オプションの料金は以下の通りです。

LINEMO楽天モバイル
通話料22円/30秒Rakuten Linkアプリ利用で無料
アプリ未使用時22円/30秒
5分以内かけ放題オプション(LINEMO)

15分以内かけ放題オプション(楽天モバイル)
550円1,100円(Rakuten Linkアプリを使用せず、標準通話アプリでの通話)
通話かけ放題オプション1,650円提供無し
料金は全て税込表記
  • 音質が悪くても特に問題ないからとにかく無料で通話したいなら楽天モバイル
    • ビジネスなど重要な電話だけ標準通話アプリを利用するのも有り
  • 通話品質を重視して標準通話アプリ利用するならLINEMO
    ※標準通話アプリとは、LINE通話やRakuten Linkアプリとは違ってデータ通信を使わ電話回線を利用する通話
    • 標準通話アプリでの通話かけ放題はLINEMOの方が安い

LINEMOには無料で通話できるサービスがありませんが、「VoLTE(HD+)」と呼ばれる大手キャリアと同じ通話規格が使われるので、遅延などなくクリアな品質での通話が可能です。

※VoLTEとは、「Voice over LTE」の略称で、音声データをデジタルデータとして変換し、LTE回線を使った音声通話の技術のこと

一方、楽天モバイルではRakuten Linkアプリを使用すれば無料で通話し放題です。

楽天モバイルはRakuten Linkアプリで通話が無料なのに、標準通話アプリの15分かけ放題オプションがあるのはなぜ?

Rakuten Linkアプリは、楽天モバイルのエリア内でデータ通信をして通話ができる仕組みです。

そのため、通信が安定しない場所でのRakuten Linkアプリは標準通話アプリより通話品質が悪いこともあります。

建物の中や地下では電波の入りが良くなく、Rakuten Linkアプリの通話は快適ではない場合もあり、ビジネスなど重要な電話では標準通話アプリを利用する人もいます。

Rakuten Linkアプリは場所によって途切れることも多いので、安定した通話環境を求めるのであれば標準通話アプリを利用しましょう。

LINEMOと楽天モバイルの通話は一長一短ですが、料金と音質のどちらを重視するかで選択しましょう。
ビジネスでも通話を利用する機会が多く音質が大切ならLINEMO
とにかく無料でたくさん通話したいなら楽天モバイルです。

LINEMOと楽天モバイルの通信速度を比較

LINEMOと楽天モバイルの通信速度は以下の通りです。

項目LINEMO楽天モバイル
平均Ping値39.59ms51.37ms
平均ダウンロード速度78.53Mbps110.45Mbps
平均アップロード速度14.99Mbps29.91Mbps
引用元:みんなのネット回線速度

平均Ping値は100ms以下、平均ダウンロード速度は30Mbps以上、平均アップロード値は10Mbps以上あれば問題なく利用できるので、LINEMOと楽天モバイルはどちらも通信速度としては十分だと分かります。

ただし、Ping値は21~40の範囲内の場合に通信速度が速いといわれていますが、楽天モバイルは51なので、LINEMOと比較するとやや遅めに感じる可能性があります。

電波の繋がりやすさ実際どう?

電波の繋がりやすさははLINEMOが優勢です。

LINEMOはソフトバンクの高速回線が使えて5Gにも対応しているほか、プラチナバンドを利用できるため、快適な通信が可能です。

プラチナバンドって何?

プラチナバンドとは

プラチナバンドとは、携帯電話が届きやすいとされる周波数帯(700MHz帯)のこと。

ビルなどの障害物を回り込んで電波を届きやすく特徴がある。

楽天モバイルではプラチナバンドが割り当てられておらず、地下や建物内など障害物が多い場所では通信がやや不安定になる傾向がありました。

しかし、楽天モバイルでも2024年4月から新規に割り当てられたプラチナバンドの運用に向けて試験照射を開始しており、2024年6月からはプラチナバンドの運用が順次始まっています。

また、関東地域における楽天回線の5Gエリアを2024年度内に最大で1.6倍に拡大する計画を発表しており、今後は楽天モバイルの不安定な通信は解消されていくでしょう。

楽天モバイルの5Gエリアはこちらから確認できますよ!

楽天モバイルのプラチナバンドの運用は始まったばかりなので、現状の繋がりやすさはLINEMOが優勢です。

速度制限中の通信速度どう?

LINEMOと楽天モバイルの速度制限中の通信速度は以下の通りです。

キャリアとプラン名速度制限中の通信速度
LINEMOミニプラン300kbps
LINEMOスマホプラン1Mbps
楽天モバイル速度制限なし

LINEMOの速度制限時の通信速度はミニプランでは300kbps、スマホプランでは1Mbpsです。

他社の速度制限時の通信速度は128kbpsになることもあるので、LINEMOミニプランの300kbpsは速い部類であるといえるでしょう。

ただし、他社と比較して速いといってもできることは多少限られます。

300kbpsでは以下のような状態になります。

※LINEMOはLINEギガフリーなので、LINEアプリについては関係ありませんが、300kbpsの例として参考にしてください。

項目内容
動画視聴300pまで画質を下げても時々止まる
Xの閲覧文字はすぐに表示されるものの、画像や動画は遅れる
Instagramの閲覧画像の表示がかなり遅れる
Web検索検索エンジンのトップページが開くまで30秒程度かかる
LINEメッセージや通話は問題ないが、ビデオ通話はできない

また、スマホプランの速度制限時の1Mbpsでは以下のような状態になります。

1Mbpsでできること・できないこと

項目できる・できない
LINE・Skypeメッセージできる
通話できる
ビデオ通話少し遅いができる
Xできる
Instagram少し遅いができる
Facebook少し遅いができる
TikTok少し遅いができる
Webぺージ地図・ニュースできる
通販サイト少し遅いができる
YouTube低画質できる
標準画質できる
高画質ほぼできない
テザリングできる
オンラインゲーム種類による
データダウンロード50MB程度ならできる
アップロード

一方で、楽天モバイルは利用したデータ量に応じて月額料金が変わるシステムで、20GB以上は無制限に利用できるので、速度制限がかかることがありません。

3大キャリア以外で無制限に使える格安SIMは少ないので、毎月のデータ使用量が多い方は無制限に使える楽天モバイルがおすすめです。

LINEMOと楽天モバイルの海外利用時を比較

LINEMOと楽天モバイルの海外利用時の特徴は以下の通りです。

キャリア名特徴
LINEMO海外あんしん定額:国とデータ量によって料金が異なる
海外パケットし放題:25GBまで0~1,980円(税込)、25GB以上2,980円(税込)
※音声通話は含まれず、発信する国によって個別の通話料が発生
楽天モバイル毎月2GBまで無料でデータ通信が可能
2GBでは足りなくなった場合、1GB500円(税込)でチャージ可能
※音声通話はRakuten Linkアプリ同士なら無料、相手がRakuten Linkアプリではない場合は日本への発信のみ無料
  • LINEMOは使いたいデータ量によって2プランから選べてパケットし放題オプションもある
  • 楽天モバイルは手続きや追加料金なしで毎月2GBまで使える

LINEMOは渡航先と使いたいデータ量によって料金が異なる「海外あんしん定額」と、データ量無制限で1日2,980円(税込)が上限の「海外パケットし放題」の2つのオプションが選択できます。

一方、楽天モバイルには定額オプションがありませんが、追加オプションや手続きなしで毎月2GBまで利用が可能です。

「毎月2GBまでの海外利用」が月額料金に含まれているので、国内でのデータ利用量にはカウントされず、例えば「国内で20GB+海外で2GB=22GB利用した」場合も20GBとして扱われます。

また、月をまたいだ渡航の場合は2ヶ月分の4GBが利用できます。

目安として、1GBでできることをご紹介します。

1GBでできること
  • LINEの音声通話:約50時間
  • LINEのトーク:約33万回
  • Web検索:約4,000ページ
  • Googleマップ:約1,000回
  • Google翻訳:約5,000文

2GBあればこれらの2倍のことができるので、海外で困ったことがあっても十分に対処できるでしょう。

海外でもデータ量を気にせず使いたいならLINEMO
手続きやオプションの追加無しで使いたいなら楽天モバイルがおすすめです!

LINEMOと楽天モバイルのサポート体制を比較

LINEMOと楽天モバイルはサポート体制に大きな違いがあります。

LINEMOのサポート楽天モバイルのサポート
カスタマーサポート(チャット)
LINE公式アカウント
※オペレーターとのやり取りは、チャット:10時~24時、LINE公式アカウント:9時~20時
楽天モバイルコミュニティ(ユーザー同士で解決するコミュニティ)
有人チャット:9時~23時
電話窓口:9時~17時
店舗:店舗によって時間は異なる

LINEMOはオンライン専用ですが、楽天モバイルはチャットやコミュニティのサポートに加え、電話や全国の楽天モバイル店舗でサポートを受けられるのが特徴です。

チャットだけでなく電話や店舗でもサポートをを受けられる面では楽天モバイルが優位だといえます。

LINEMOと楽天モバイルのキャンペーン特典を比較

LINEMOと楽天モバイルで開催されているキャンペーンは以下の通りです。

LINEMOのキャンペーン
キャンペーン内容期間
LINEMOベストプラン発表記念キャンペーンミニプランの加入もしくはエントリーの翌月から2024年9月まで10GB990円(税込)/月2024/6/14~ミニプラン受付終了日まで
スマホプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン他社から乗り換えでスマホプランを契約すると、PayPayポイント最大15,000円相当もらえる2023/12/15~終了日未定
ミニプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン新規契約もしくは他社から乗り換えでミニプランを契約するとPayPayポイント5,940円相当もらえる2024/5/2~終了日未定
通話オプション割引キャンペーン2LINEMO契約から7ヶ月目まで5軍以内の国内通話定額オプションが無料2023/7/4~終了日未定
PokémonGOパートナーリサーチ参加券がもらえるキャンペーン2024LINEMOユーザー対象でソフトバンク・ワイモバイルの対象店舗で「パートナーリサーチ」参加券が必ずもらえる2024/6/14~2024/8/25
基本料金初月0円特典ソフトバンク・ワイモバイルから乗り換えで基本料が初月0円2023/1/8~終了日未定
楽天モバイルのキャンペーン
キャンペーン 内容期間
スマホそのまま乗り換え電話番号もそのまま他社から乗り換え&初めての申し込みで6,000ポイントプレゼント2023/11/1~終了日未定
楽天モバイル紹介楽天モバイルを紹介すると1人につき7,000ポイント、紹介される側も13,000ポイントもらえる2023/2/15~終了日未定
楽天モバイル申し込み&対象製品購入で26,930円値引き対象製品が楽天モバイル申し込みで最大26,930円値引きされる2024/2/16~終了日未定
楽天モバイルへ初めて申し込みで2,000円プレゼント電話番号そのまま他社から乗り換えの場合は6,000ポイントプレゼント2023/11/21~終了日未定
スマホトク得乗り換え楽天モバイルへ初めて申し込み+他社から電話番号そのまま乗り換え+対象製品購入で最大12,000ポイント還元2023/8/31~終了日未定
YouTubeプレミアム初回3ヶ月無料楽天モバイル契約者対象でYouTubeプレミアムが3ヶ月無料2023/5/16~終了日未定
Rakuten最強プラン契約で楽天市場のお買い物が毎日ポイント5倍Rakuten最強プラン契約で、楽天市場のポイント全員5倍
※楽天会員1倍と楽天モバイルSPR4倍の合計
終了日未定

LINEMOはPayPayポイントがもらえるキャンペーンを多く開催しているのに対して、楽天モバイルは楽天ポイントがもらえるキャンペーンが多いため、PayPayと楽天のどちらをよく使うかで優劣が変わるでしょう。

キャッシュレス決済でPayPayをよく利用する方はLINEMO

楽天経済圏を検討している人であれば、楽天市場での買い物のポイント還元率が上がるので楽天モバイルがおすすめです。

LINEMOと楽天モバイルのセット割を比較

LINEMOにはネット回線とのセット割はありませんが、楽天モバイルは楽天ひかりと同時に契約すると、6ヶ月分の楽天ひかりが無料になります。

楽天ひかり6ヶ月の割引額は?

戸建て:月額5,280円×6ヶ月=31,680円

マンション:月額4,180円×6ヶ月=25,080円

ただし、楽天ひかりの割引は6ヶ月のみで、他社のようにスマホの月額料金から割引になるセット割とは違います。

固定回線と同時契約を検討している人であれば楽天モバイルと楽天ひかりがお得だといえるでしょう。

LINEMOと楽天モバイルの決定的な違いとは?

LINEMOと楽天モバイルの特に強みである特徴をピックアップしました。

キャリア名特徴
LINEMO・LINEギガフリーでLINEアプリのトーク・音声通話・ビデオ通話のデータ消費が0
・ソフトバンク回線のプラチナバンドで通信速度が安定している
・海外利用時に定額オプションがある
楽天モバイル・Rakuten Linkアプリで通話が無料
・月額3,278円(税込)でデータ量が無制限使い放題
・海外利用時は手続きや追加料金なしで2GBまで使える

LINEMOの特徴

LINEMOの特徴
  • LINEギガフリーでLINEアプリのトーク・音声通話・ビデオ通話のデータ消費が0
  • ソフトバンク回線のプラチナバンドで通信速度が安定している
  • 海外利用時に定額オプションがある

LINEMOはLINEギガフリーでデータ量を消費せずに利用できるため、速度制限がかかった状態でもLINEアプリのトーク、LINE通話、ビデオ通話は速度が落ちることなく快適に利用できます。

また、LINEMOはソフトバンク回線を利用しており、プラチナバンドの割り当ても広く、5Gエリアも幅広いため速度が安定しています。

海外利用時には定額オプションの提供があるため、データ量を気にせず利用できるのがメリットです。

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルの特徴
  • Rakuten Linkアプリで通話が無料
  • 月額3,278円(税込)でデータ量が無制限使い放題
  • 海外利用時は手続きや追加料金なしで2GBまで使える

楽天モバイルではRakuten Linkアプリを利用することで通話が無料で利用できるのが一番大きな特徴です。

Rakuten Linkアプリを利用していない相手にも無料でかけることができるので、長電話をする機会が多い人でも安心です。

また、楽天モバイルは従量制のため、使ったデータ量に合わせて月額料金が変わるシステムです。

3GB以内だった月は1,078円(税込)、20GB以上使った月でも3,278円(税込)なので、データ利用量に波がある人でも安心して利用できます。

海外では手続きやオプション追加無しで2GBまでそのまま利用でき、月額料金に海外利用の2GBが含まれているため、国内でのデータ消費量にカウントされることもありません。

LINEMOがおすすめな人の特徴

LINEMOがおすすめな人
  • LINEアプリをよく使う人
    • トークだけでなく音声通話やビデオ通話もする
  • 安定した通信環境で利用したい人
    • 仕事でもよく通話を使う
  • データ使用量が3GB以下の人
    • 基本的に固定環境下でしかスマホを使わない

LINEMOはLINEをギガフリーで利用できるので、トークだけでなく通話やビデオ通話もデータの消費が0です。

普段から連絡ツールとしてLINEをメインで利用している人には最適です。

また、LINEMOはソフトバンクの回線を使用しており、プラチナバンドににも対応しているため、安定した通信環境で利用することができます。

毎月のデータ利用量が3GB以下なら月額990円と破格で契約できるので、固定回線下でしかデータ通信を使わない方には特に使い勝手が良いといえるでしょう。

楽天モバイルがおすすめな人の特徴

楽天モバイルがおすすめな人
  • データ通信を無制限で使いたい人
    • 動画視聴をよくする
    • テザリングしてPCやタブレットを使う
    • 外出先でWeb会議をする
  • 通話の頻度が多い人
    • Rakuten Linkアプリを利用すれば通話無料
  • 店舗サポートを受けたい人
    • 楽天モバイルの店舗でサポートが受けられる

動画の視聴やオンラインゲームが日課になっている人にはデータ無制限月額3,278円(税込)で利用できる楽天モバイルがおすすめです。

また、テザリングを利用して仕事でもデータ通信を使いたい人にとっても、データ無制限で利用できる楽天モバイルは使い勝手が良いといえるでしょう。

Rakuten Linkアプリを利用すれば相手が標準通話アプリだとしても無料でかけ放題なので、よく長電話をする方にも向いています。

楽天モバイルはサポート体制も充実していて、楽天モバイルの店舗で手続きをすれば最短20分で開通手続きが完了します。

オンラインの手続きに煩わしさを感じる方は店舗を活用できる楽天モバイルがおすすめです。

LINEMOと楽天モバイルを比較している人のよくある質問

LINEMOと楽天モバイルは併用できる?

LINEMOと楽天モバイルの両方を契約し、いいとこ取りで利用することは可能です。

SIMカードを2枚挿入できるものや、SIMカード1枚とeSIMを設定できるものなど、2つの通信会社を設定できる機種もたくさんあるので、1台の端末で併用可能です。

2社の設定を手動で切り替えることで、目的(通話なのかデータなのか)に合わせて利用できます。

LINEMOと楽天モバイルをデュアルSIMとして併用するメリットは?

LINEMOと楽天モバイルはどちらもeSIM(本体一体型SIM)に対応しているので、物理SIM(本体に装着するSIMカード)と併用できる端末であればデュアルSIMとして利用可能です。

LINEMOのミニプランと楽天モバイル3GBまでを併用した場合、2つのSIMで3GBずつの計6GB+楽天モバイルのRakuten Linkで通話し放題+LINEギガフリーが付帯することになります。

この場合の総額は2,068円(税込)で、LINEMOのミニプランもしくはスマホプランに通話かけ放題オプション1,650円(税込)をつけるより安くなります。

LINEMOと楽天モバイルの電波は何が違う?

LINEMOはソフトバンクの回線を使用しているため、通信速度が安定しています。

楽天モバイルは独自の楽天回線の他にパートナー回線としてauの回線を利用していますが、楽天回線のエリアが拡大していることから、2026年9月頃には終了し、楽天回線のみでの通信サービスに切り替わる予定です。

LINEMOと楽天モバイルを比較した結果まとめ

LINEMOと楽天モバイルを比較しましたが、2社に共通するのはLINEギガフリーやRakuten Linkといったアプリに関する独自の強みがあることです。

キャリア名特徴
LINEMO
・LINEギガフリーでLINEアプリのトーク・音声通話・ビデオ通話のデータ消費が0
・ソフトバンク回線のプラチナバンドで通信速度が安定している
・海外利用時に定額オプションがある
公式サイトへ
楽天モバイル
・Rakuten Linkアプリで通話が無料
・月額3,278円(税込)でデータ量が無制限使い放題
・海外利用時は手続きや追加料金なしで2GBまで使える
公式サイトへ

それぞれがおすすめな人の特徴は以下の通りです。

LINEMOと楽天モバイルの比較まとめ
  • LINEMO
    • データ量は低容量もしくは大容量で選択したい&LINEアプリをギガフリーで使いたい人におすすめ
  • 楽天モバイル
    • 毎月のデータ利用量がまちまちで、音質は気にせず無料でたくさん通話したい人におすすめ

どちらにも魅力的な特徴があり、おすすめの人が異なります。

ぜひ本記事を参考に、自分に合うキャリアはどちらなのかを確認し、選択してくださいね!

LINEMOの申し込みはこちら

LINEMO 料金プラン

もう契約している人も対象★新プラン発表記念キャンペーン開催中
10GBが月990円(税込)のエントリーは今だけ!

楽天モバイルの申し込みはこちら

楽天モバイル 料金プラン

家族も!若者も!ずーっとおトク!

コメント

コメントする

目次