povo2.0の速度は遅い?口コミや速度が遅い時の対処法も

Povo

auが提供しているpovo2.0。auと同じ回線なので、高品質な通信環境・安定した通信速度で利用することができます!

  • 格安だから、通信速度はそこまで速くないのでは?
  • 時間帯によって使いにくくならないの?
  • 実際に使っている人の口コミは?

povo2.0を検討している方で、このような疑問を持っている方もいるかもしれませんね。

結論、povo2.0の通信速度は他社格安SIM・プランと比べても早く、安定しています。通信速度の数値を見ても、メッセージの送受信、SNSやYouTube動画閲覧などストレスなく使用できるものになっているので、安心して利用できますよ!

今回は、povo2.0の使い心地や通信速度について、他社格安SIMと速度を比較し、分析しました。実際に使っている人の口コミをもとに、povo2.0の通信速度に関する疑問にも、しっかりお答えしていきます。

FUJI

それでは早速、povo2.0の通信速度に関する疑問に答えていきます!

povo 2.0の申し込みはこちら

今なら最大10,000円相当の還元あり!

↓ povo1.0・auを契約中の方はこちら ↓

目次

povo2.0の通信速度が速い理由とは?他社の格安SIMと比較してみた結果

結論、povo2.0の通信速度は他社の格安SIMと比べてトップレベルです。送信時・受信時の速度のばらつきが少なく、全体的に安定感があります。

それでは早速、povo2.0と他社の通信速度の違いを見ていきたいところですが、povo2.0の通信速度の速さや安定感をより深く理解してもらうため、通信速度を表す用語を簡単に説明します。普段使い慣れていない「単位」や「用語」をここで抑えておきましょう!用語を知っていれば、povo2.0の強みや弱み、他者との違いを正確に感じられると思います。

用語単位説明
ping値ms(ミリセカンド)応答速度のこと。
数値が低いほど速度が速い。
ダウンロード速度(下り)Mbps(メガビーピーエス)受信するときの回線速度のこと。
数値が高いほど速度が速い。
アップロード速度(上り)Mbps(メガビーピーエス)送信するときの回線速度のこと。
数値が高いほど速度が速い。

それでは、povo2.0と他社格安SIMの通信速度を一覧にまとめたので、確認していきましょう。通信速度を比較して一番速い項目を黒太字、二番目に速い項目を赤太字で表しています。

スクロールできます
Ping値ダウンロード速度(下り)アップロード速度(上り)
povo2.048.83ms98.72Mbps17.99Mbps
LINEMO41.8ms68.21Mbps14.88Mbps
ahamo52.67ms63.51Mbps10.15Mbps
irumo47.1ms57.76Mbps10.8Mbps
UQ mobile44.53ms110.43Mbps18.66Mbps
「みんなのネット回線速度」より参照

表を見れば一目瞭然ですが、povo2.0は全体で二番目に通信速度が速いと言えます。ping値は、インターネット使用時の通信速度を表し、31〜50msの値であれば、Web閲覧や動画視聴がストレスなくできます。

トータルバランスを見るとpovo2.0は通信速度にばらつきがなく、なおかつ通信速度の数値もトップレベルです。メールや電話、Web検索、動画視聴などを安定した通信品質で利用できるプランになっています!

ではなぜ、povo2.0の通信速度は速いのでしょうか。理由は以下の3つが考えられます。

  • 【理由①】povo2.0はau回線を使っている
  • 【理由②】日本全国幅広く回線が繋がっている
  • 【理由③】5Gにも対応!auと同じエリアが利用可能
FUJI

一つ一つ理由を詳しく解説していきます。

【理由①】povo2.0はau回線を使っている

povo2.0は大手携帯キャリア「au」が提供している料金プランの一つ。つまり、格安SIMではなく、auが提案している「格安プラン」なのです。

大手キャリアから回線を一部借りてサービス提供をしている「格安SIM」は、回線にゆとりがなく、混雑している場所やスマホ利用者が増える時間帯に通信品質が落ちることがあります。一方で、povo2.0はau回線をそのまま使用しているので、高い通信品質で利用することができます。

なるほど。ということは、auと同じ使い心地で、月額が安くなるってこと?

FUJI

その通り!大手キャリアと同じ回線なので、安心感がありますよね。

【理由②】日本全国幅広く、回線が繋がっているから

Povo

povo2.0で使われているauの回線は、人口カバー率99.9%。つまり日本全国のほとんどにauの通信環境が整っているという意味です。povo2.0はauと同じ回線を使っていることから、市街地や平野部などエリアを選ばず、安心して利用することができます。

※ただし、povo2.0は3G回線は非対応となっています。ガラケーや3Gのみ対応の古いスマホは利用できないので、注意が必要です。

提供エリアを調べたい時は、au公式サイトの「サービスエリアエリアマップ」からチェックすることができます。

【理由③】5Gにも対応!auと同じエリアが利用可能

povo2.0では、auが設置している5G回線を利用できますが、いくつか条件を満たす必要があります。

5G回線を利用できる条件
  • 5G対応エリアである
  • 5G対応端末である

5G対応エリアは、au公式サイトの「サービスエリアエリアマップ」から確認することができます。現在、5G対応エリアは都市部に集中しています。しかし順次拡大中なので、今後幅広いエリアで5G回線を利用できるようになるでしょう。

povo2.0の「トッピング」で、どのプランを選んでも5G回線を利用できます!

povo2.0の通信速度は朝昼夜の時間帯で変わるのか

povo2.0の通信速度は、時間帯によって多少前後しますが、使い心地が悪くなることはありません

朝・昼・夜それぞれの通信速度を表にまとめました。通信速度が遅くなっている時間帯を赤文字で示しています。

ping値ダウンロード速度(下り)アップロード速度(上り)
49.71ms88.96Mbps16.72Mbps
50.62ms108.17Mbps18.26Mbps
48.88ms83.29Mbps16.11Mbps
18時代41.0ms112.9Mbps15.35Mbps
19時代41.4ms160.43Mbps39.73Mbps
20時代50.0ms68.48Mbps4.56Mbps
21時代33.2ms143.9Mbps10.88Mbps
「みんなのネット回線速度」より参照 (直近3ヶ月の平均データ:2024年3月〜2024年6月現在)

夜の時間帯になると、通信速度がやや遅くなる傾向があることが分かりました。18時代〜21時代だと20時代に通信速度が遅くなっていることが分かります。ちょうど1日のリラックスタイムで、スマホ利用者が増えるため、通信速度に影響しているのでしょう。

しかし、メールや電話、Web検索等をスムーズに行うためには、アップロード速度が5〜30Mbps以上あれば安心です。20時代は4.56Mbpsと数値がガクッと下がりますが、YouTube等の動画閲覧には少し時間がかかるものの、SNSを見る分には問題なく使用できます。

povo2.0の速度制限になってもYouTube動画の再生できる?

povo2.0は基本料金0円で128kbpsの通信速度を利用できます。「トッピング」で必要な分だけデータを購入すると、128kbpsの制限なく利用できる仕組みとなっています。

この、速度128kbpsがいわゆる「速度制限」がかかった状態。メールの送受信はできるものの、YouTube動画再生やweb検索は、ほとんどできません。Wi-Fi環境であればスムーズに利用できますが、128kbpsのままだと不便と感じるでしょう。

povo2.0が速度制限になった時の解除方法

povo2.0が速度制限になった時の対処法は以下の通りです。

対処法
  • 「トッピング」でデータを購入する
  • Wi-Fiが接続できる環境で使用する

povo2.0をトッピング無し(基本料金0円)で利用している場合や、トッピングで購入したデータを超えて使用した場合は、最大速度が128kbpsになってしまいます。

その場合は、さらにデータトッピングをすることで、すぐに128kbpsの速度制限を解除することができます。povo公式サイトで、トッピングの詳しい種類の紹介や料金シュミレーターがあるので、気になる方はpovo 2.0の公式サイトにある「トッピング詳細ページ」をチェックしてみてください!

FUJI

Wi-Fi環境下であれば、速度制限があったとしても、YouTubeの動画視聴やWeb検索をサクサク行うことができます!月額料金を節約したい方は、Wi-Fiに接続して利用することをオススメします。

povo2.0の通信速度の口コミまとめ!実際に契約して利用している人のリアルな声

povo2.0を実際に利用している人のリアルな声を集めました。

  • 幅広いエリアで通信環境が整っている
  • 通信速度が安定している
  • データを好きなようにトッピングできる

このような口コミが多く寄せられていました。au回線を使用していること、月額を抑えるために自分でプランを設定できるところがpovo2.0の魅力だと言えます。

他社格安SIMを使っていたけど、通信速度の速さや安定感を求めてpovo2.0に乗り換えた!という口コミもあったので、povo2.0の通信速度は納得の品質だと分かりますよね!

口コミ
幅広いエリアで通信環境が整っている

au回線を使用しているpovo2.0は、日本全国幅広いエリアで通信速度に悩むこと無く使用できます。都市部だけでなく、地方でも安定した通信速度で使用できるのは嬉しいポイントですよね!

口コミ
通信速度の安定感!

通信速度の安定感に関する口コミは多いです。以前は他社の格安SIMを使っていたけど、通信速度の安定感を求めて、povo2.0に乗り換えた!という方もいました。

口コミ
データを好きなように購入できる!

povo2.0の月額は、「トッピング」というデータやプランを用途に合わせて購入する方法で決まります。もし、速度制限がかかってしまったとしても、データを購入することで制限を解除できる仕組みです。

必要に合わせて自由にデータを購入できるのは、嬉しいポイントですよね!

povo2.0は電波悪い?通信速度が遅くなった時の対処法

povo2.0は通信環境が安定していて、通信速度もかなり速いですが、状況によって通信速度が遅くなる場合もあります。ここでは、速度が遅くなる3つの理由と、その対処法を解説していきます。

  • トッピングを使い切った・有効期限が切れたから
  • 回線が混雑する時間帯、場所で利用しているから
  • 通信障害やスマホ自体に不具合が生じているから

ぜひ参考にしてみてください。

【理由①】トッピングを使い切った・有効期限が切れたから

購入したトッピングを使い切ったり、トッピングの有効期限が切れてしまうと制限がかかり、通信速度が遅くなります。通信制限がかかってしまうと、速度が最大128Kbpsまで制限されてしまいます。

128Kbpsは、いわゆる「速度制限」がかかっている状態です。メッセージの送受信はできますが、画像や動画の取り込みにかなり時間がかかってしまいます。

対処法
  • Wi-Fiを利用する
  • トッピングを追加購入し、データを増やす
  • ギガ活する

Wi-Fiが利用できる環境であれば、速度制限がかかっていても、通信速度を気にせずにスマホを使用することができます。すぐに通信速度を回復させたい場合は、トッピングを購入し、データ量を増やしましょう。

もし、通信速度を回復させるのに時間がかかっても良いという人は、「ギガ活」でトッピングをもらう方法もあります。ギガ活対象の店舗で買い物すると、ギガがもらえる仕組みです。詳しくはpovo2.0公式サイト「ギガ活」からチェックしてみてください!

【理由②】回線が混雑する時間帯、場所で利用しているから

平日の通勤ラッシュ時や昼休みなど、スマホ利用者が増える時間帯は、通信速度が遅くなることが多いです。また、多くのひとが集まる場所でも回線が混雑し、通信速度が遅くなることがあります。

通信速度が遅くなりやすい時間帯
  • 通勤・退勤ラッシュ時
  • 昼休み
  • 夜のリラックスタイム
通信速度が遅くなりやすい場所
  • ショッピングモール
  • テーマパークやイベント会場
  • トンネル

主な対処法はこちらです。

対処法
  • 利用する場所や時間帯を変える
  • 通信内容を工夫する

時間帯や場所が影響して、通信速度が遅くなっている場合は、利用する時間帯や場所を変えてみましょう。

また、通信内容を工夫することで、繋がりにくさを改善することができます。動画視聴やWeb検索を控えて、メッセージを送信だけにする、など通信速度があまり必要ではない機能を使うようにしましょう。

【理由③】通信障害やスマホ自体に不具合が生じているから

理由①②に当てはまらない場合は、povo側で通信障害やスマホ自体に不具合が生じている可能性が考えられます。

povo側の通信障害は、公式サイトで確認することができます。「povoサポート」で問い合わせることもできるので、活用することをおすすめします。

スマホ自体の不具合として考えられることは以下の通りです。

  • 端末の故障
  • 経年劣化
  • スマホの空き容量が少なくなっている
  • 複数のアプリを同時に開いている
  • バージョンが古いままになっている

主な対処法はこちらです。ぜひ参考にしてください!

※スマホを再起動することで、問題が解決される場合もあリます。不具合を感じた時は、まず初めに再起動しましょう。

対処法
  • 端末を再起動させる
  • Wi-Fiを接続しなおす
  • バッググラウンドで開いているアプリを終了する
  • 使用頻度の低いアプリを削除する
  • ソフトウエアアップデートをする

povo2.0の通信速度に関するよくある質問Q&A

povo2.0とauの通信速度は変わらない?

povo2.0はauが提供しているサービスであり、ネットの接続先もauと変わりません。同じ基地局、接続先なので通信速度は大幅に変わらないです。

povoau
平均Ping値48.68ms46.32ms
平均ダウンロード速度98.72Mbps130.61Mbps
平均アップロード速度17.99Mbps18.43Mbps

平均ダウンロード速度に差がありますが、50Mbps以上あれば動画視聴やWeb検索をサクサク行えます。povo、au共に100Mbps前後なので、安心して利用できます。

povo2.0に速度制限はある?

povo2.0には速度制限がなく、基本0円で速度128kbpsが使い放題です。

※しかし、速度128kbpsは通信速度がかなり遅い状態。ダウンロードやアップロードに数十秒かかってしまいます

povoは「トッピング」システムで、必要な分だけデータを購入し、通信速度を早めることができます。購入したデータが上限に達してしまい、速度が基本の128kbpsに戻ると速度制限がかかったような状態になる、という仕組みです。

今なら最大10,000円相当の還元あり!

↓ povo1.0・auを契約中の方はこちら ↓

povo2.0の通信速度は速い&安定感抜群!

povo2.0の通信速度は、他社の格安SIMと比較するとかなり速く、時間帯を気にせずに快適に使えることが分かりました。

その大きな理由は、povo2.0がau提供の格安プランであることです。

  • au回線をそのまま使用している
  • 人口カバー率99.9%の通信環境である
  • 5Gにも対応している

auと同じ高い通信品質を保ちながら、月額料金を抑えられるところがpovo2.0の最大のメリットだと言えます。また、自分のライフスタイルに合わせてデータを「トッピング」することができるところも魅力の一つですよね。

今回は、povo2.0の通信速度は速いのか、についてご紹介していきました。料金プランやトッピングシステムなど、さらに詳しく知りたい方は、povo公式サイトをチェックしてみてください!

povo 2.0の申し込みはこちら

今なら最大10,000円相当の還元あり!

↓ povo1.0・auを契約中の方はこちら ↓

コメント

コメントする

目次