NFTゲーム攻略 PR

DragonMaster(ドラゴンマスター)とは?始め方&特徴、稼ぎ方を解説

※本ページにはプロモーション(広告)が含まれています
目次
  1. DragonMaster(ドラゴンマスター)とは
  2. DragonMaster(ドラゴンマスター)の始め方
  3. 【DragonMasterの稼ぎ方】どうやって稼ぐ?
  4. DragonMasterゲーム画面の見方
  5. 各ドラゴンの特徴・スキル解説
  6. DragonMasterで稼いだ$mDMTを換金(クレーム)する方法
  7. 耐久力が0(ゼロ)になってしまったドラゴンの復元方法
  8. DragonMasterゲーム攻略法
  9. 無料でプレイで稼ぐ方法!
  10. DragonMaster(ドラゴンマスター)に関するよくある質問
  11. DragonMaster(ドラゴンマスター)まとめ

DragonMaster(ドラゴンマスター)とは

DragonMasterとは、大小デザイン様々な可愛らしい特徴を持ったドラゴンが互いに5本のレーンで向き合い押し合いをして、敵の陣地まで向かわせるPvPタワーディフェンス系BCG(ブロックチェーンゲーム)です。

\ 動画でも解説を行っております /

ルールはとっても簡単で、
5つのレーンを駆使して戦略的にドラゴンをリアルタイムで配置します。

相手のドラゴンを押しやりつつ、こちら側のドラゴンを敵陣に侵入させることで相手のHPにダメージを与えることができ、先に相手のHPを0にした方が勝ちの、リアルタイムシミュレーションゲームになります。

FOS
FOS
ドラゴンのサイズが大きいほど押す力は強いけど与えるダメージは少ない。逆にサイズが小さいと押す力は弱いけど、ダメージは大きい。シンプルながら戦略性も高い。また、リアルタイムのPvPなのでアツい!そしてなんと日本語対応してる数少ないBCGです!キャラデザも可愛い。

早速DragonMaster(ドラゴンマスター)をプレイしてみたくなった方は、記事下部の「始め方」で解説しているステップを参考に仮想通貨取引所/ウォレットを用意してからお進みください。(記事下部にジャンプ)

また、本格プレイをするのに必要な国内仮想通貨取引所では「BITPOINT(ビットポイント)」がおすすめです。(理由は「始め方」で解説してます)まだ口座をお持ちでない方は、この機会に口座開設を進めておきましょう!

BITPOINT(ビットポイント)」では、2023年4月25日16:00までの口座開設完了のお客様全員にもれなく注目の仮想通貨「ADA(エイダ)」1,500円相当プレゼントキャンペーンが開催しています。まだ口座をお持ちでない方は、この機会にBITPOINTの口座開設をお申し込みください。

\取引手数料が無料!!/

BITPOINT
公式サイトを見る

※取引所名称は「BITPOINT PRO」

その他、基本的な情報は下記よりご参照頂ければ幸いです。

ゲーム名 DragonMaster(ドラゴンマスター)
ジャンル リアルタイムPvPタワーディフェンス
リリース日 2022年3月
プレイ環境 アプリ(iPhone/Android)
公式サイト 公式サイト
ダウンロード
ダウンロード先(iPhone)
ダウンロード先(Android)
コミュニティ Discord
Twitter
チェーン Polygon
トークン/暗号資産
$TOTEM(排出トークン)
DragonMaster($TOTEM)価格

$DMT(※ゲーム内獲得トークンは$mDMT)
DragonMaster($DMT)価格
開発会社 Magic Hat
言語 日本語、英語
ホワイトペーパー WhitePaper
FOS
FOS
現時点で無料プレイは出来ずドラゴンNFTを4体(S/M/L/XLサイズ)を揃えて初めて稼げるようになります!
更新!2022.7.15から #DragonMaster は無料プレイにも対応しました!☺️ デイリー$TOTEM報酬などを無料プレイでも獲得できるようになりました!
FOS
FOS
無料で始められて稼げるのは大きい!無料プレイで稼ぐための方法も後ほど解説しております!

DragonMaster(ドラゴンマスター)の始め方

ここからは、「DragonMaster(ドラゴンマスター)」の始め方について詳しくご紹介していきます。

本来は初期費用無料でもプレイを始めることができますが、ここではドラゴンNFTをマーケットで購入してプレイする方法を解説して行きます。

そのため、ここではPolygonチェーンのETHを購入して「DragonMaster(ドラゴンマスター)」で使えるようにするまでの手順を紹介していきます。

ゲームプレイまでの流れ
  1. 国内仮想通貨取引所BITPOINTの口座開設
  2. 取引所(BITPOINT PRO)でETHを購入
  3. MetaMaskにETHを送金
  4. Portfolio DappでPolygonチェーンにブリッジ
  5. Dragon Masterのアカウントを作成
  6. Dragon Master内マーケットでドラゴンNFTを購入

国内仮想通貨取引所BITPOINTの口座開設

BITPOINT総合力

まずは、国内仮想通貨取引所BITPOINT(ビットポイント)の口座をお持ちでない方は、口座開設を進めてください。

BITPOINTは最短1日で口座開設申込から本人確認審査も完了し、暗号資産の購入を開始することができます。

DragonMaster(ドラゴンマスター)はPolygonチェーンのNFTゲームであり、NFTマーケットプレイスでNFTを購入する際にはwETH(PolygonチェーンのETH)が必要となります。

wETHを入手するために、まずは国内の仮想通貨取引所でETHを入手しましょう。ETHを取引する上で、BITPOINT(ビットポイント)がおすすめな理由は下記の通りです。

  • 暗号資産の入金無料
  • 暗号資産の出金無料
  • 日本円の入金無料(銀行振込の場合は手数料負担)
  • 日本円の出金無料
  • 取引所(BITPOINT PRO)での取引手数料が無料
  • 口座開設で仮想通貨が無料でもらえるキャンペーンが開催

つまり、BITPOINT(ビットポイント)であれば、手数料などを最小限に抑えてカードパックを購入できるということです。

そのため、BITPOINTがDragonMaster(ドラゴンマスター)をプレイする上で最もおすすめの仮想通貨取引所となります。

BITPOINTの口座をまだお持ちでない方は、この機会に口座開設手続きを進めてください。

BITPOINT(ビットポイント)」では、2023年4月25日16:00までの口座開設完了のお客様全員にもれなく注目の仮想通貨「ADA(エイダ)」1,500円相当プレゼントキャンペーンが開催しています。まだ口座をお持ちでない方は、この機会にBITPOINTの口座開設をお申し込みください。

\取引手数料が無料!!/

BITPOINT
公式サイトを見る

※取引所名称は「BITPOINT PRO」

BITPOINT(ビットポイント)の口座開設手順まとめは、取引手数料無料で暗号資産の売買ができる人気の仮想通貨取引所です。 現物取引だけでなく、貸暗号資産(レンディング)やステーキング...

取引所(BITPOINT PRO)でETHを購入

BITPOINTの口座開設が完了しましたら、日本円を入金してETHを購入しましょう。

BITPOINTで仮想通貨を購入する場合、「販売所」と「取引所」の二つの方法があります。違いは下記の通りです。

取引方法 取引相手 メリット デメリット
販売所 BITPOINT ・取引が簡単
・一定金額で売買できる
・スプレッド(買値と売値の差額)がある
*実質的な手数料
取引所
(BITPOINT PRO)
BITPOINT
ユーザー
・取引手数料が無料
・スプレッドがないため売買どちらもお得
・取引板が薄いと売買が成立しにくい
・一度に大量の取引をするのには向かない

DragonMaster(ドラゴンマスター)をプレイするためにETHを購入する場合には、「取引所(BITPOINT PRO)」を利用するのがおすすめです。

上記の通り、取引手数料もスプレッドも存在しないため、十万円以内の金額であれば非常にお得な価格でETHを入手することができます。

一度に十万円以上の取引をする場合には、取引板の厚さ次第では価格が不利になる(購入する時は高く、売却する時は低くなる)可能性がありますので、何度かにタイミングを分けると良いでしょう。

MetaMaskにETHを送金

BITPOINTでETHの購入が完了しましたら、DragonMaster(ドラゴンマスター)でETHを利用できるようにするため、仮想通貨ウォレットの「MetaMask」に送金します。

手順は下記の通りです。

  • レフトメニューの「入出金」を選択
  • ETHの「出金」を選択する
  • アドレス欄の「追加」を選択
  • MetaMaskのETHのネットワークのアドレスをコピペして登録を完了する
  • 仮想通貨の出金量を入力
  • 出金を実行する

仮想通貨によって送金完了までの時間は異なりますが、ETHであればおよそ10分程度でMetaMaskに到着します。

また、仮想通貨を送金する時にはガス代と呼ばれるネットワーク利用料がかかりますが、BITPOINTではこの送金手数料をBITPOINT側が負担してくれます。

この送金手数料が無料という点も「BITPOINT(ビットポイント)」の非常に大きな魅力です。

Portfolio DappでPolygonチェーンにブリッジ

PortfolioDapp

国内取引所で購入したETHはイーサリアムチェーン上にあるため、DragonMaster(ドラゴンマスター)のドラゴンNFT購入に使用できるようにするため、Polygonチェーンにブリッジします。

ブリッジの方法は多数ありますが、MetaMaskの「Portfolio Dapp」からブリッジする方法が最も簡単で、最適なブリッジルートを自動提案してくれるので楽です。

Dragon Masterアカウント登録方法

DragonMasterは、

アカウント登録方法
  1. 公式HPからメタマスクウォレットの接続
  2. メールアドレスとパスワードの登録
  3. アプリを起動して連携

の順番で進めていきます。

FOS
FOS
まず公式HPにログインすることから始めましょう。公式HPで作成したアカウントでアプリにログインする形がスムーズです。

DragonMaster公式HPで、まずメタマスクとの連携を求められますのでご自身のアカウントとPolygon Mainnetに接続します。

メタマスク認証が終わったらこのようなアカウント登録に必要な、メールアドレス登録画面になります。

Verification codeを入力しましょう

お好きなメールアドレスを入力し、reCAPCHAを終えた後、
③でVerification codeを先ほど入力したメールアドレス宛に送りましょう。

ご自身のアドレス宛に送られてきたVerification codeを④の箇所に入力して、【Confirm】ボタンを押せば登録完了です。

FOS
FOS
次はパスワードの設定をしましょう!
パスワードの設定をしましょう。

そのままダッシュボードのPlayer Accountからパスワードの設定をしましょう。

FOS
FOS
これでアプリを起動して、メールアドレスとパスワードを入力してログインできるようになりました!

そのままDragonMasterのアプリを起動して、【ログイン】を押しましょう。

ダウンロード
ダウンロード先(iPhone)
ダウンロード先(Android)

アプリ画面で先ほど設定メールアドレスとパスワードを入力します。


するとログイン完了です。

FOS
FOS
お疲れ様でした!

ここから、真ん中の“チーム編成”でオリジナルのドラゴンチームを作って試合に挑むのですが、そのためにはNFTBOXを購入・開封するか、ドラゴンをマーケットで購入する必要があります。

FOS
FOS
最低S/M/L/XLの4体のドラゴンが必要になります。

DragonMaster(ドラゴンマスター)内マーケットプレイスでNFTを購入

ゲームを始めるために必要なドラゴンやNFTBOX(EGG Box)はDragonMaster公式HPOpenseaで購入することができます。

FOUR-EGG Box

FOUR-EGGボックスには、それぞれ異なるサイズ(S / M / L / XL)の4つのドラゴンが入っており、それぞれが異なるレアリティとスキルを持っています。

FOS
FOS
4体のサイズ(S / M / L / XL)のドラゴンがセットのBoxです!今すぐゲームを始められる、スターターキットですね。

【参考排出レート(※22.06時点)】

SINGLE-EGG Box

SINGLE-EGGボックスには、レアリティとスキル、サイズ(S / M / L / XL)、種族が完全ランダムの1体のドラゴンが入っています。

FOS
FOS
入ってるドラゴンはサイズもランダムで1体!

【参考排出レート】


【参考排出レート(※22.06時点)】

FOS
FOS
すぐにでも始めたい方は、FOUR-EGGボックスを購入するのが手っ取り早いですね。

また、ドラゴンはマーケットプレイスから選定して1体1体購入することもできます。

▼DragonMasterマーケットプレイスページ
https://dragonmaster.co/#/marketplace

公式HPのマーケットでの購入やOpenseaでの購入には代金としてのETH(Polygon)と少額のガス代としてのMATICが必要になります。

まずは購入資金のWETHをマーケットで使用するための許可を出した上で購入へと進みます。

FOS
FOS
無事にお迎えできました!これでページ”DRAGON”の中に仲間入りしているはずです。

【DragonMasterの稼ぎ方】どうやって稼ぐ?

DragonMasterには稼ぎ方が大きく分けて4種類ございます。

DragonMasterの稼ぎ方
  1. 試合をこなすことで$TOTEMを稼ぐ
  2. $TOTEMの所有量に比例した$mDMTをファーミングで稼ぐ
  3. 勝利数に応じたシーズンごとのランキング上位報酬($DMT)
  4. ドラゴンをブリード(ミント)してマーケットで売却・レンタルする

どのくらい稼げるの?

プレイを始めて10日、約$12の収益

プレイを始めて10日ほど経った私の収益が約$12USDでしたので、通常プレイでは一日あたり約120円ほどの収益になります。

FOS
FOS
後述しますがもちろん、$TOTEMを獲得していくと、もっと効率的にファーミングで$mDMTを稼げます!または、腕に自信がある方はシーズン報酬(ランキング上位報酬)で一気に稼ぐ!、と。

また、大まかなイメージが掴みやすなります為この図をご覧頂けますと幸いです。

FOS
FOS
それぞれ解説していきます!

①試合をこなすことで$TOTEMを稼ぐ

DragonMasterでは、バトル1試合ごとに$TOTEMが付与されます。

これが$TOTEM。Tの意志を感じる石。

試合に勝利すると$10TOTEM

試合に敗北すると$1TOTEM

が獲得できます。

ちなみに、トロフィーの数が5000以上の場合、ゲームの勝利報酬は$11TOTEMに。トロフィーの数が10000以上の場合、ゲームの勝利報酬は$12TOTEMになります。(バトルに勝利するたびに 30 個のトロフィーを獲得し、トロフィーの数が 2000 個を超えると、バトルに負けると一定量のトロフィーを失います。)
FOS
FOS
試合に勝つか負けるかで10倍の差・・!燃える・・!

その他にも、デイリークエストをこなすことでも$TOTEMを手に入れることができます。

FOS
FOS
TOPページの”タスク”から確認できます!

この$TOTEMは公式HPからClaim(請求)することでウォレットに移し、Maticなどに交換することが可能です。

現在はQuickSwapにて取り扱いされています。

$TOTEM(排出トークン)
コントラクトアドレス:0x1adcef5c780d8895ac77e6ee9239b4b3ecb76da2

ただ、$TOTEMはただ換金するだけではなく、
ゲーム内に貯めておくことで$mDMTの獲得効率を上げることもできます。

FOS
FOS
それが今から説明する”②”ですね!

②$TOTEMの所有量に比例した$mDMTをファーミングで稼ぐ

$TOTEMはゲーム内に溜めておく(ファーミングする)ことで$mDMTの獲得効率を上げることも可能です。

これが$mDMT。$DMTとの区別は至難の業。


ファーミングとは、
$TOTEMを所持しているすべてのプレーヤーに毎日提供される収益分配プロジェクトです。

TOPページ右上の【ファーミング】から、
神聖な祭壇に入り、$mDMTを回収することができます。

現在(2022.06)は、
2時間ごとに、3,000,000mDMTが生成され、各プレイヤーの$TOTEM保有数と、全アクティブプレイヤーの$TOTEM保有比率によって分配されます。

FOS
FOS
つまり、ゲーム内に$TOTEMを多く持っているプレイヤーほど、$mDMTを多く獲得できるってことだね!

ただし、神聖な祭壇から48時間$mDMTを獲得することを放置すると、非アクティブプレイヤーと見なされ、次回獲得まで$mDMTはファーミングされませんのでご注意ください。

$mDMTは$TOTEM同様、
Claim(引き出し)により$DMTとしてウォレットに移すことができます。

ただし、mDMTとDMTトークンの比率は1000:1なので注意してください。

$DMT のコントラクトアドレス
0x04f177fcacf6fb4d2f95d41d7d3fee8e565ca1d0

③勝利数に応じたシーズンごとのランキング上位報酬($DMT)

DragonMasterでは、ランキング上位の方にシーズン報酬として$DMTが付与されます。

FOS
FOS
そのままウォレットに$DMTが付与されます。ありがたい。

現在(5.27~6.27で開かれていたSeason3)では、トータル報酬が89,600DMTでした!

参考までにその際のプライズリストを貼っておきます。

FOS
FOS
これはあくまでSeason3の際に配られたランキング報酬で、今後は変動が想定されます。毎回チェックしてみてください。

④ドラゴンをブリード(ミント)してマーケットで売却する

プレイヤーが所持しているドラゴン2体を【$TOTEM】と【$DMT】を使用することで、新たなドラゴンを誕生(ミント)させることができます。

コストは親のブリードする度に(回数によって)上がっていき、以下が親1体当たりの参考値となります。


そして、2体掛け合わせるときの参考値がこちらです。

たとえば、Dragon A(0/5)とDragon B(1/5)の場合、TOTEMの合計コストは1060で、DMTの合計コストは150です。

掛け合わせによって生まれるドラゴンのランクは親によって決まり、その確率は下記となります。

FOS
FOS
実際に掛け合わせる時には、画面に確率が出るからそのページを見た方がわかりやすいかも!

ミントに必要な$TOTEMと$DMTを支払い、少額のガス代※を支払うと・・

※公式HPのマーケットでの購入やOpenseaでの購入には代金としてのETH(Polygon)と少額のガス代としてのMATICが必要になります。

FOS
FOS
卵が生まれた!!

注意点として卵が生まれてから孵化(ハッチング)完了までに5日間かかります。


その後、誕生したドラゴンはそのままパーティに使用してもいいですし、マーケットに出品することもできます。

▼DragonMasterマーケットプレイスページ
https://dragonmaster.co/#/marketplace

FOS
FOS
色んなドラゴンが様々な価格帯で販売されているね!価格帯を見ることで強いドラゴンも自然にわかってくるね。

DragonMasterゲーム画面の見方

ここではDragonMasterのゲーム画面の見方を説明します。

DragonMaster
ゲーム画面
説明

①$TOTEM
現在の$TOTEMの数を確認できます。
ゲーム内ではドラゴンのリペア(修復)に使用したり、ブリードに使用できます。

TOTEM保有量が多くなればなるほど、ドラゴンのリペアに必要なTOTEMの費用対効果が上がる仕組みです。

②$mDMT
仮想通貨である$MDTと1000:1で交換できるゲーム内トークンです。
クレームを行うことで$DMTに変換できます。
④の【ファーミング】で手に入れることができます。
DMTは他の通貨にパンケーキスワップなどを使って交換できることはもちろん、ゲーム内ではブリードに必要になります。

③トロフィー

トロフィー獲得数を世界中のプレーヤーと競います。
ランキング上位に入賞するとランキング報酬としての$MDTが配布されます。
画面右上トロフィーマークから、現在の自分のランキングが確認できます。

④ファーミング

神聖な祭壇にアクセスすることができ、mDMTを回収できます。
48時間以内にmDMTを受け取らないと非アクティブと認定され、mDMTがファーミングされなくなりますので注意。

⑤チーム編成等
1.チーム名:ここでドラゴンの編成を組めます
2.ドラゴンズ:所有しているドラゴンの確認ができます。
3.タスク:デイリーミッションを確認でき、TOTEMを手に入れることができます。
4.記録:今までのバトルの記録を振り返ることができます。
5.設定方法:メルアドやパス、音楽など各種設定を変更できます。

エネルギー
1バトルあたり1消費するエネルギー残量が確認できます。
1時間に1回復するほか、13時のタイミングで全快します。

また、エネルギーは所有するドラゴンの数によって上限が変わります。

開催シーズン詳細
基本毎月開催されるシーズンイベントの詳細が確認できます。
FOS
FOS
Sドラゴンが蝶々に見惚れたりするの可愛すぎませんか・・?笑

各ドラゴンの特徴・スキル解説

各ドラゴンにはサイズの違いだけでなく、それぞれ基本ステータスも異なり、ドラゴンの種族ごとにそれぞれオリジナルのスキルを持っています。

そんなドラゴンの種族ごとに異なるスキルを解説していきます!

FOS
FOS
全ドラゴン集めたい!

まず、ドラゴンには、基本ステータススキルがあります。

基本ステータスは以下の4種類に分けられ、
その強弱を示すパラメーター数字は“重量以外”完全にランダムで決まります。

基本ステータス ステータス詳細

Atacking Damage
攻撃力
相手HPへのダメージ量

Weight
重量
押し合い時のパワー

Speed
スピード
ドラゴンのレーン上の移動速度

Durability
耐久力
ドラゴンのバトル出撃可能回数
(いわゆる使用回数)
FOS
FOS
重量が軽いSサイズの子はその反対に攻撃力が強いんだよね。

そしてレアリティ(C/B/A/S/SS/SSS)が高いほどこの基本ステータスの総合値が高くなりやすくなります。

FOS
FOS
もちろんバラつきはあって、BランクのドラゴンよりCランクの同種ドラゴンの方が攻撃力が高い、なんてこともある。

そして、次にスキルですが、
スキルに関してはドラゴンの種族でスキル内容が決まってきます。

FOS
FOS
大枠のスキルがドラゴンの種族で決まって、サイズで種族スキルの数値が変わってくるという感じです。

そのため、大枠のドラゴンの種族に伴うスキルを表にします。

FOS
FOS
また、同じサイズでもレアリティなどの違いによってスキル効果”数値”も少しづつ異なります。
ドラゴンの種族 スキル詳細

ホワイトドラゴン
スキルなし

ブラックドラゴン
スキルなし

レイジドラゴン
一定確率で怒り状態となり、攻撃力を2倍にする。
※サイズにより確率が変動する。

ライフドラゴン
初期体力(1,000HP)の最大値を上げる。
※サイズにより上昇値が変動。

ブラッドダストドラゴン
一定確率で相手に与えたダメージを吸収する。
※サイズにより吸収するダメージ量が変動。

ラッキードラゴン
相手プレイヤーの動きを数秒止めたりなど様々なバフ効果をランダムに発生させる。
※サイズにより効果の確率が変動。

アーマードラゴン
バトル開始時に一定量をシールドを付与する。
※サイズによりシールド量が変動。

スーパードラゴン
同重力での押し合いになった際、必ず押し勝つことができる。

スピードドラゴン
他のドラゴンと比べて移動スピードが速い。

ジャッジメントドラゴン
審判(ジャッジ)などの障害物を相手陣営に押しやった場合、追加ダメージを発生させる。
※サイズにより追加ダメージ量が変動。

プリックリードラゴン
敵ドラゴンによって自身のプリックリードラゴンが自陣営に押し戻された際、トゲによる追加ダメージを相手プレイヤーのHPに与える。
※サイズにより追加ダメージが変動。

フリーズドラゴン
(スペシャルドラゴン)
フィールドにいるすべての敵ドラゴンを一定時間氷結させる。(敵ドラゴンの全てのパワーが一定時間0になる)

ボムドラゴン
(スペシャルドラゴン)
ボムドラゴンを出した際、レーン上にいる全てのドラゴン・障害物を消し去る。(敵味方問わず。)

デーモンドラゴン
(スペシャルドラゴン)
デーモンドラゴンを出した際、そのレーンにいる全ての自プレイヤーのドラゴンの攻撃力を一定量上昇させる。

また、チーム一式同じドラゴンで揃える追加のバフ効果が発生します。

ホワイトドラゴン

追加バフ

全ドラゴンの攻撃力を2上昇させる。

FOS
FOS
ノースキル!可愛さこそ最強の武器!

ブラックドラゴン

追加バフ

全ドラゴンの攻撃力を2上昇させる。

FOS
FOS
同じくノースキル。可愛さは防具にもなる。高ステータスで勝ちにいこう!

レイジドラゴン

一定確率で怒り状態となり、攻撃力を2倍にする。

追加バフ

怒り(レイジ)状態となる確率を10%上昇させる。

FOS
FOS
追加ダメージを発生させるので、他にバフのアイテムが出ないステージとかだと、ひとつのレーンで一気に勝負をかける戦略も良し。

ライフドラゴン

初期体力(1,000HP)の最大値を上げる。

追加バフ

それぞれのドラゴンからHP5上昇効果を得る。

FOS
FOS
初期体力を増やす。上のレイジドラゴンと同様に、自身のHPが相手HPより高くなる可能性が高いのでゴリ押し戦術が効きやすい。

ブラッドダストドラゴン

一定確率で相手に与えたダメージを吸収する。

追加バフ

ライフスティール確率を10%上昇させる。

FOS
FOS
相手に与えたダメージの一定量を吸収。S/Mサイズのドラゴンだと強い。全ドラゴンをこのブラッドダストドラゴンで組んで1レーンのみ使ってゴリ押ししてくるお相手さんとたまに手合わせしますが、これもまた強い・・!

ライフスティールドラゴンは、1レーンに特化すると、相手がそのレーンから逃げた時に、HPへの殴り合いで体力回復するので勝ちやすいです🐉🐉🐉!

ラッキードラゴン

相手プレイヤーの動きを数秒止めたりなど様々なバフ効果をランダムに発生させる。その確率を上げる。

追加バフ

バフ効果をランダムに発生させる。その確率を上げる。

FOS
FOS
ラッキードラゴンは是非とも手に入れたい・・!!

アーマードラゴン

バトル開始時に一定量をシールドを付与する。

追加バフ

それぞれのドラゴンから0.1アーマーを追加で得る。

FOS
FOS
最初のダメージを無効化するシールドを貼ってくれる頼りになるドラゴン。

スーパードラゴン

同重力での押し合いになった際、必ず押し勝つことができる。

追加バフ

それぞれのドラゴンに攻撃力+1する。

FOS
FOS
同重力勝負だと必ず勝つ。つまりレーンで勝つ確率が上がりますし、いざという時に役に立ちますね。相手が一体づつ配置してくるようなら手持ち次第ですべて打ち勝てるのでそこそこ使い所がありますね。相手を見ながらプレイするスタイルが好きな方へ。

スピードドラゴン

自身に一定量のスピードアップのバフをかける。

追加バフ

それぞれのドラゴンのスピードを10%上昇させる。

FOS
FOS
スピードは正義。一気に相手を畳みかけることができる。それだけたくさんドラゴンを同レーンに召喚できますしね。

ジャッジメントドラゴン

審判(ジャッジ)や岩などの障害物を相手陣営に押しやった場合、追加ダメージを発生させる。

追加バフ

ジャッジ・岩を押しやった際のダメージを10%上昇させる。

FOS
FOS
ルールによっては審判(ジャッジ)・岩が少ないこともあるので使い所が難しい、かも?

プリックリードラゴン

敵ドラゴンによって自身のプリックリードラゴンが自陣営に押し戻された際、トゲによる追加ダメージを相手プレイヤーのHPに与える。

追加バフ

トゲによる相手への追加ダメージを15%上昇させる。

FOS
FOS
トゲトゲドラゴン。押し負けても追加ダメージが発生する。そのダメージが気持ちいい。

DragonMasterで稼いだ$mDMTを換金(クレーム)する方法

DragonMasterで稼いだ$mDMTを$DMTとして換金(クレーム)する方法は簡単です。

ゲームTOP画面の$mDMTマークをクリックします。

遷移した画面で【引き出し】をクリックします。

ウォレットアドレスが正しいか確認した後、お好きな量のmDMTを入力して【引き出し】で完了です。

FOS
FOS
お疲れ様でした!

なお、注意点といたしまして

  • ウォレット反映には約72時間かかる
  • 手数料として一律3%差し引かれた量が引き出される

ことは念頭に置いておいてくださいませ。

ちなみに、公式HPからでもmDMTのClaimは可能ですのでお好きな方で行って大丈夫です。

FOS
FOS
公式HPのGame Balance画面を見るとUSD単位で保持しているトークンがわかるから便利だね!

耐久力が0(ゼロ)になってしまったドラゴンの復元方法

もの悲しそうな顔をするドラゴン

それぞれのドラゴンには【耐久力】があり、耐久力が0になってしまったドラゴンはバトルに連れて行くことができません。(4体のドラゴンでパーティが組めないとバトルが不可に)

FOS
FOS
耐久力が10以下になるととっても悲しそうな顔をするドラゴン・・笑

減ってしまった耐久力はいつでも$TOTEMを消費して回復させることが出来ます。

“ペット”表記。笑
FOS
FOS
ペット表記なのが笑える・・笑

ドラゴンの耐久力の回復方法は、

アプリ下部の【ドラゴン】ボタンをクリックして、【復元】をクリックします。

すると、手持ちの全ドラゴンの耐久力を$TOTEMを消費して全快させることが出来ます。

パーティ全体の耐久力を回復

もちろん、個別にドラゴンごとで耐久力を回復させることも可能です。

耐久力を回復させたいドラゴンを選択して、復元をクリックするだけです。

ここでポイントなのですが、
TOTEMの所持量が50,000を超えると、ドラゴンの復元費用が割引になります。

FOS
FOS
50,000TOTEM以上持っていると、割引率が一定量で上がっていき、最大で50%OFF!

多くTOTEMを持っている方が復元費用が安くなります。

TOTEM保持量によってmDKTの獲得量UP

またTOTEMを所持していると、
前述したファーミングでのmDMTの獲得量も上がります。

ここから、ドラゴンの復元は0になったタイミングで、などバトルを行える限り基本的にいつ復元しても良いので、できるだけ後回しにした方が良いかもしれませんね。
FOS
FOS
割引特典とファーミング特典はTOTEM量に比例する。だから耐久力を回復させる(TOTEMを消費する)のはドラゴンが耐久力が無くなるギリギリの方が良いってことですね。

DragonMasterゲーム攻略法

勝率を上げるためのTIPS
  •  L/XLドラゴンがいない状態で 1 つのレーンでドラゴンを多く送り込まないこと!相手は自分のL/XL ドラゴンでこちらのドラゴンを簡単に押し戻すことができます。
  • L/XLドラゴンは、相手との重量戦(ジャパニーズ・スモウ)を競うために必要になるため、バトルで保存しておきます。シールドアイテムが登場した時など、適切なタイミングでL/XLドラゴンを使用すると、ゲームに勝つ可能性が高くなります。
  • 今ドラゴンを進軍させているレーンで相手を倒すことができないことに気付いたら、レーンを切り替えます。同時に、より強力なドラゴンを待って保存しておきます。
  • より多くのドラゴンがいるレーンで対戦相手を重量戦(ジャパニーズ・スモウ)打ち負かしにいきます。
  • 例えば別のレーンにドラゴンをあえて進軍させて対戦相手をおびき寄せることもできます。相手が釣られて L/XLドラゴンを進軍させてきたら、レーンを切り替えて攻撃します。
  • レーンに出現する高ステータスのシールドアイテムやHP回復アイテム、中盤戦以降で出現する岩石(60ダメージ)は活用しましょう。(逆にTOTEMやmDMT、低ステータスの体力回復などは不要です)
  • 試合開始直後最初の手持ち3体で勝てないと判断した場合、その次のアイテムが出てくるレーンにドラゴンを全力投球しましょう。

YouTubeでのライブ配信も行いましたのでよろしければ参考にしてくださいませ。

FOS
FOS
逆に”こんな攻略法あるよ!”っていうのがあれば教えてね!

無料でプレイで稼ぐ方法!


2022.7.15から #DragonMaster は無料プレイにも対応しました!
デイリー$TOTEM報酬などを無料プレイでも獲得できるようになりました!

無料プレイでどのくらい稼げるの?プレイ時間は?

まずはじめに、実際のところ

  1. フリープレイでどのくらい稼げるのか
  2. プレイ時間はどのくらい必要なのか
  3. 初心者でも大丈夫(プレイできる)なのか

の疑問について簡単にお答えしてまいります。

  1. どのくらい稼げるのか
    →毎日だと$10TOTEM(数十円)+ランキング報酬で数千〜(プレイ上手い方で)数万円/月は充分狙える。
    $TOTEMは保持しているだけで$mDMTをさらに稼げる(後述)
  2. プレイ時間
    →ひと試合平均1分30秒。
    スタミナ上限があり40試合ほどがMAXで30分程度。
  3. 初心者でも大丈夫
    →全く問題なし。
    アプリをDLしてすぐに始められる。ただし勝利するには慣れる必要アリ。

※2022.08.12時点の情報です。

FOS
FOS
結論、サクッとプレイできるゲームだしハマればゲームも意外に奥深いことに気付くよ!PvPだからこそ負けた時はすっごく悔しいし!

そもそもDragonMasterの無料プレイでの稼ぎ方には大きく分けて4種類ございます。

FOS
FOS
“無料”でできることに特化して説明します!しっかり始めて上位ランキングを狙いたい方はドラゴンの買い方をご参照ください!
DragonMasterの無料プレイでの稼ぎ方
  1. デイリー報酬で$TOTEMを稼ぐ
  2. 勝利数に応じたシーズンごとのランキング上位報酬で$DMTを稼ぐ
  3. $TOTEMの所有量に比例した$mDMTをファーミングで稼ぐ
  4. マーケットからレンタルしたドラゴンでスカラー割合に応じた報酬で稼ぐ
FOS
FOS
毎日プレイして勝利を重ねながら、毎月のシーズンランキング報酬をもらっていく感じです!

試合には最低S/M/L/XLの4体のドラゴンが必要になりますが最初からホワイトドラゴンが使用できますのでこのドラゴンたちを使います。

チーム編成ができたら早速チュートリアルに従ってまず1プレイを始めてみましょう。

ちなみに今回の無料プレイ参加プレイヤー様の特典として、バトルに勝利すると獲得できる“トロフィー”の数が一定数に達すると、追加でDMT報酬も手に入ります!

トロフィーが500個に達すると、5DMTを獲得できます。
トロフィー1000個に達すると、追加で5DMTを獲得できます。
トロフィー2000個に達すると、追加で5DMTを獲得できます。
トロフィー3000個に達すると、追加で5DMTを獲得できます。
トロフィー4000個に達すると、追加で10DMTを獲得できます。

同じデバイス、同じIPアドレスの場合、この報酬はトロフィーごとに1回のみ請求可能です。報酬プールには限りがあり合計 30,000DMTまでで、先着順となります。)
FOS
FOS
いよいよ稼ぎ方にまいります!

Dragon Master 無料プレイでの稼ぎ方

DragonMasterの無料プレイでの稼ぎ方には大きく分けて4種類ございます。

DragonMasterの無料プレイでの稼ぎ方
  1. デイリー報酬で$TOTEMを稼ぐ
  2. $TOTEMの所有量に比例した$mDMTをファーミングで稼ぐ
  3. 勝利数に応じたシーズンごとのランキング上位報酬($DMT)
  4. マーケットからレンタルしたドラゴンでスカラー割合に応じた報酬で稼ぐ
FOS
FOS
基本は試合を重ね$TOTEMを獲得していき、TOTEMを保有して(ファーミング)$mDMTを稼ぐ!そして、腕に自信がある方はシーズン報酬(ランキング上位報酬)で一気に稼ぐ!

①デイリー報酬で$TOTEMを稼ぐ

無料プレイでは、デイリークエストをこなす$TOTEMを手に入れることができます。

FOS
FOS
デイリークエストとは簡単に言うとバトルで12勝/日すること!

1日に一回、毎日日本時間13時にスタミナがリセット(20回復)され、翌日の13時までに12勝すると30TOTEMを手に入れることができます。

FOS
FOS
コツコツ30$TOTEMづつ貯められます。これはTOPページの”タスク”から確認できます!(一応更に賭けバトルで勝利することで追加$10TOTEMを得ることもできますが、賭け場は猛者の集まりの場所なので、最初はコツコツ30$TOTEMづついきましょう。)

この$TOTEMは公式HPからClaim(請求)することでウォレットに移し、Maticなどに交換することが可能です。

現在はQuickSwapにて取り扱いされています。

$TOTEM(排出トークン)
コントラクトアドレス:0x1adcef5c780d8895ac77e6ee9239b4b3ecb76da2

ただ、$TOTEMはただ換金するだけではなく、
ゲーム内に貯めておくことで$mDMTの獲得効率を上げることもできます。

FOS
FOS
それが今から説明する”②”ですね!

②$TOTEMの所有量に比例した$mDMTをファーミングで稼ぐ

$TOTEMはゲーム内に溜めておく(ファーミングする)ことで$mDMTの獲得効率を上げることも可能です。

これが$mDMT。$DMTとの区別は至難の業。


ファーミングとは、
$TOTEMを所持しているすべてのプレーヤーに毎日提供される収益分配プロジェクトです。

TOPページ右上の【ファーミング】から、
神聖な祭壇に入り、$mDMTを回収することができます。

現在(2022.08)は、
2時間ごとに、3,000,000mDMTが生成され、各プレイヤーの$TOTEM保有数と、全アクティブプレイヤーの$TOTEM保有比率によって分配されます。

FOS
FOS
つまり、ゲーム内に$TOTEMを多く持っているプレイヤーほど、$mDMTを多く獲得できるってことだね!

ただし、神聖な祭壇から48時間$mDMTを獲得することを放置すると、非アクティブプレイヤーと見なされ、次回獲得まで$mDMTはファーミングされませんのでご注意ください。

$mDMTは$TOTEM同様、
Claim(引き出し)により$DMTとしてウォレットに移すことができます。

ただし、mDMTとDMTトークンの比率は1000:1なので注意してください。

$DMT のコントラクトアドレス
0x04f177fcacf6fb4d2f95d41d7d3fee8e565ca1d0

③勝利数に応じたシーズンごとのランキング上位報酬($DMT)

DragonMasterでは、ランキング上位の方にシーズン報酬として$DMTが付与されます。

FOS
FOS
ランキングの計測方法は、試合ごとに増減する“トロフィー”の数で決まります!
FOS
FOS
そのままウォレットに$DMTが付与されます。ありがたい。

現在(8.10~9.10で開かれていたSeason5)では、トータル報酬が149,500DMTでした!

参考までにその際のプライズリストを貼っておきます。


600位まで報酬が付与されますので無料プレイのホワイトドラゴン×4体でも(現状のプレイヤー数を考えると)ゲームに少し慣れてくるだけでランキングインは可能な難易度です!

FOS
FOS
これはあくまでSeason5の際に配られたランキング報酬で、今後は変動が想定されます。毎回チェックしてみてください。

再掲ですが、今回の無料プレイの特典として、バトルに勝利すると獲得できるこのトロフィーの数が一定数に達すると、追加でDMT報酬が手に入ります!

トロフィーが500個に達すると、5DMTを獲得できます。
トロフィー1000個に達すると、追加で5DMTを獲得できます。
トロフィー2000個に達すると、追加で5DMTを獲得できます。
トロフィー3000個に達すると、追加で5DMTを獲得できます。
トロフィー4000個に達すると、追加で10DMTを獲得できます。

同じデバイス、同じIPアドレスの場合、この報酬はトロフィーごとに1回のみ請求可能です。報酬プールには限りがあり合計 30,000DMTまでで、先着順となります。)
FOS
FOS
トロフィー4000は目指したい!!うおおお!!

④マーケットからレンタルしたドラゴンでスカラー割合に応じた報酬で稼ぐ

Dragon Masterにはスカラーシップ(=レンタル)システムもあります。

▼DragonMasterレンタルページ
https://www.dragonmaster.co/index.html#/renting

マーケットに出ているドラゴン4体セットを無料で借りてきてゲームをプレイし、オーナーが決めた配分割合で$TOTEMや$mDMTを稼ぐことができます。

マーケットにはリアルタイムでドラゴンセットがレンタルに出されています。

FOS
FOS
レンタルは毎日13時に更新されるので、たくさんのドラゴンの中からお気に入りの子たちを借りたい場合は13時にマーケットを訪れるようにしよう!

このドラゴンたちをワンクリックで簡単に借りてくることができます。

FOS
FOS
ドラゴンは試合をすると”使用可能回数”が減るんだけど、スカラー(借りる側)の負担はないからこの点考えなくていいのも気持ちがラクですね!

DragonMasterでは、バトル1試合ごとに$TOTEMが付与されます。

これが$TOTEM。Tの意志を感じる石。

試合に勝利すると$10TOTEM

試合に敗北すると$1TOTEM

が獲得できます。

ちなみに、トロフィーの数が5000以上の場合、ゲームの勝利報酬は$11TOTEMに。トロフィーの数が10000以上の場合、ゲームの勝利報酬は$12TOTEMになります。(バトルに勝利するたびに 30 個のトロフィーを獲得し、トロフィーの数が 2000 個を超えると、バトルに負けると一定量のトロフィーを失います。)

この、ひと試合で手に入るTOTEMをオーナーとの取り決めの利益配分に応じて獲得します。

スカラーはオーナーが決めた配分割合で$TOTEMや$mDMTを稼ぐことができるのですが、この画面でオーナーとスカラーの利益配分を確認できます。

FOS
FOS
10%って書いてあるね!つまりひと試合の勝利報酬が10TOTEMの時、スカラーは1TOTEMをバトルごとに獲得できる!

ちなみに試合中のレーン上で手に入る$TOTEMや$mDMTもちゃんと利益配分に応じて獲得できます。

また、②のファーミングでの$mDMTや③のシーズンランキング報酬は100%自分(プレイヤー)に入りますのでその点はご安心ください。

ただし、オーナーはいつでもスカラーとの契約を解除できるので(1日更新で)お気に入りのドラゴンをずっと借りれるわけではないのでその点はご承知おきください。

FOS
FOS
これが面白くて、”勝率が30%以下だったら契約自動解除”とかをオーナーが設定できます。ただもし勝率が低くても特に評価以外のペナルティ(例えば罰金など)はありませんのでご安心ください。

ここまでがDragon Masterで無料プレイで稼ぐ方法でした!

FOS
FOS
毎日プレイして勝利を重ねながら、毎月のシーズンランキング報酬をもらっていく感じです!より効率的に稼ぎたいならレンタルもぜひ!自分に合うドラゴンもわかりますしね!

NFT所有・レンタル・無料 どのくらい稼げる量に違いがあるの?

最後に、

  1. NFTドラゴン×4体チームを所有している場合
  2. スカラーシップ(レンタル)で借りてきた場合
  3. 無料のホワイトドラゴン×4体チームの場合

この3つでどのくらい稼げる量に違いが発生するかを見ていきます。

FOS
FOS
1日に40回試合して勝率が60%だったと仮定しますね!

NFTドラゴン×4体チームを所有している場合

40(回)×60%(勝率) = 勝利報酬 24 x10 TOTEM + 敗北報酬 16×1 TOTEM + 30 TOTEM (デイリータスク報酬) = 286 TOTEM

耐久性の修復コストを差し引いた後で、は 286 – (40*4*0.5) = 206 TOTEM/日 です。

30日間 (1ヶ月)の総獲得$TOTEMは 6,180 TOTEM

となります。

FOS
FOS
ここにデイリーボーナス×30日の$900TOTEMが加算されます。

スカラーシップ(レンタル)で借りてきた場合

先ほどの
6,180 TOTEM x オーナーとの取り決めの利益配分※】
に応じて$TOTEM獲得が得られます

※例として、利益分配率 20% として計算します。

30日間(1ヶ月)の総獲得$TOTEM総利益は6,180 TOTEM x 0.2=1,236TOTEM

FOS
FOS
先ほど同様、ここにデイリーボーナス×30日の$900TOTEMが加算されます。もちろんレーン上で手に入ったTOTEM/mDMTも配分比率に応じて手に入れられます。

無料のホワイトドラゴン×4体チームの場合

無料のホワイトドラゴン×4体チームを使用してデイリー タスクを通じて毎日$30TOTEM を取得できます。

30日間(1ヶ月)の総獲得$TOTEM総利益は900TOTEM

FOS
FOS
レーン上で手に入った$TOTEM/mDMTも獲得できますし、溜まった$TOTEMはファーミングで$mDMT稼げるので実際はもっと稼げますね!

DragonMaster(ドラゴンマスター)に関するよくある質問

DragonMaster(ドラゴンマスター)のプレイに必要な初期費用は?

DragonMaster(ドラゴンマスター)は初期費用無料でゲームプレイを体験することができます。

ただし、最初に入手できるホワイトドラゴンはスキルも持っておらず、各種属の中ではステータスも弱いので勝利を目指すためにはNFTドラゴンを揃えていくことが大切になります。

DragonMaster(ドラゴンマスター)の最新情報はどこで確認する?

DragonMaster(ドラゴンマスター)の最新情報は下記のコミュニティでご確認ください。

DragonMaster(ドラゴンマスター)まとめ

DragonMaster(ドラゴンマスター)は非常に戦略性の高いリアルタイム対戦タワーディフェンス系NFTゲームです。

Polygonネットワーク上で構築されており、MATICを所有している方はすぐにゲームプレイを開始することができます。

各種属のドラゴンを集めながら、自分なりの戦略を練って勝利すれば通貨やトークンを稼ぐこともできますので、タワーディフェンス型のゲームがお好きな方はDragonMaster(ドラゴンマスター)を一度体験してみてください!

DragonMaster(ドラゴンマスター)をプレイしたい方は、「DragonMaster(ドラゴンマスター)の始め方」で各ステップを丁寧に解説していますので参考にしてください!(記事該当箇所にジャンプ)

また、本格プレイをするのに必要な国内仮想通貨取引所では「BITPOINT(ビットポイント)」がおすすめです。(理由は「始め方」で解説してます)まだ口座をお持ちでない方は、この機会に口座開設を進めておきましょう!

BITPOINT(ビットポイント)」では、2023年4月25日16:00までの口座開設完了のお客様全員にもれなく注目の仮想通貨「ADA(エイダ)」1,500円相当プレゼントキャンペーンが開催しています。まだ口座をお持ちでない方は、この機会にBITPOINTの口座開設をお申し込みください。

\取引手数料が無料!!/

BITPOINT
公式サイトを見る

※取引所名称は「BITPOINT PRO」

ABOUT ME
NFT GAMER'S編集部
NFT GAMER'S編集部です。国内・海外の注目NFTゲームをプレイしてきたゲーマー編集チームで協力をして記事を作成しています。
error: Content is protected !!