NFTゲーム攻略 PR

Trouble Punk(トラブルパンク)の始め方・稼ぎ方・NFT/トークンの購入方法を徹底解説!

※本ページにはプロモーション(広告)が含まれています

Trouble Punk(トラブルパンク)とは、最大8人のプレイヤーが入り乱れるバトルロワイヤル形式のカジュアルアクションゲームNFTゲーム(BCG)です。

FOS
FOS
バトロワモードだけでなく、リーグモード、プレイヤーが自分の空間を装飾してゲームプレイに生かすビルディングモード、陪審員裁判セッションなどもあります!!

他のプレイヤーと対戦し、得たアイテムや武器でキャラを育て、またバトルに明け暮れる!孤高のTOPを目指すもよし!仲間との協力プレイでワイワイ自由に楽しむもよし!

FOS
FOS
最大8人のプレーヤーのマッチ戦がアツい!!!

ゲームは基本無料ですが、トークン報酬のあるリーグ戦に参加するには参加費としてGalz NFTを手にいれ、$TROBと$USDCの組み合わせでゲーム参加費を支払う必要があります。

FOS
FOS
スプラトゥーンやニンジャラ感があるBCGがついに来た!!!

本記事ではTrouble Punk(トラブルパンク)の遊び方・稼ぎ方について、下記のポイントを中心にご紹介します。

ゲームプレイ前に基本を抑えておくことで、より上手にゲームプレイを進めやすくなりますのでぜひ参考にしてみてください。

  • Trouble Punk(トラブルパンク)の基本
  • キャラクター
  • マップ
  • アイテム
  • ゲームモード
  • ジェネシスCyber​​ Galz NFTとは?
  • 2nd クローズドベータテスト遊んでみた感想

その他、基本的な情報は下記よりご参照頂ければ幸いです。

ゲーム名 Trouble Punk(トラブルパンク)
ジャンル バトルロワイヤルアクションゲーム
リリース日 2023年予定
プレイ環境 Mac/WindowsPC
公式サイト 公式サイト
コミュニティ Discord
Twitter
Medium
チェーン ETH/Oasys L2のYooldo Verse /Immutable X/Klaytn/Solana/
トークン $YOOL(ガバナンストークン)
$TROB (ゲーム内トークン)
配信・開発・運営 Yooldo
言語 英語
ホワイトペーパー こちら
FOS
FOS
Trouble Punk(トラブルパンク)でP2E(プレイして稼ぐ)するためにはトークン(とジェネシスCyber​​ Galz NFT)を入手する必要があります!
Cyber​​ Galz NFT

Trouble Punk(トラブルパンク)をプレイしてみたくなった方は、記事下部の「始め方」での始め方を解説しておりますので参考にしてください。(記事該当項目にジャンプ)

「始め方」の項目で解説している通り、Trouble Punk(トラブルパンク)の本格プレイに必要な国内仮想通貨取引所はBITPOINT(ビットポイント)がおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は口座開設手続きだけでも先に進めておきましょう!

BITPOINT(ビットポイント)」では、2023年4月25日16:00までの口座開設完了のお客様全員にもれなく注目の仮想通貨「ADA(エイダ)」1,500円相当プレゼントキャンペーンが開催しています。まだ口座をお持ちでない方は、この機会にBITPOINTの口座開設をお申し込みください。

\取引手数料が無料!!/

BITPOINT
公式サイトを見る

※取引所名称は「BITPOINT PRO」

BITPOINT(ビットポイント)の口座開設手順まとめは、取引手数料無料で暗号資産の売買ができる人気の仮想通貨取引所です。 現物取引だけでなく、貸暗号資産(レンディング)やステーキング...

Trouble Punk(トラブルパンク)の始め方

ここからは、Trouble Punk(トラブルパンク)でP2E(プレイして稼ぐ)するために、トークンを入手した状態での始め方について詳しくご紹介していきます。

FOS
FOS
トークンを購入するのに$ETH(イーサリアム)が必要になり、$ETHはBITPOINTなどの国内取引所で購入することができます。

Trouble Punk(トラブルパンク)の始め方は下記の通りです。

ゲームプレイまでの流れ
  • 国内仮想通貨取引所BITPOINTの口座開設
  • 取引所(BITPOINT PRO)でETH(イーサリアム)を購入
  • MetaMaskにETH(イーサリアム)を送金
  • OpenSeaなどのマーケットでNFTスキンを購入
  • Trouble Punk(トラブルパンク)をダウンロード

国内仮想通貨取引所BITPOINTの口座開設

BITPOINT総合力

まずは、国内仮想通貨取引所BITPOINT(ビットポイント)の口座をお持ちでない方は、口座開設を進めてください。

BITPOINTは最短1日で口座開設申込から本人確認審査も完了し、暗号資産の購入を開始することができます。

Trouble Punk(トラブルパンク)を本格プレイをする際には公式のNFTマーケットプレイスでNFTを購入する必要があります。ETHでの決済が可能なので、MetaMaskにETHを準備しておくと良いでしょう。

ETH(イーサリアム)を取引する上で、BITPOINT(ビットポイント)がおすすめな理由は下記の通りです。

  • 暗号資産の入金無料
  • 暗号資産の出金無料
  • 日本円の入金無料(銀行振込の場合は手数料負担)
  • 日本円の出金無料
  • 取引所(BITPOINT PRO)での取引手数料が無料
  • 口座開設で仮想通貨が無料でもらえるキャンペーンが開催

つまり、BITPOINT(ビットポイント)であれば、日本円を入金してETH(イーサリアム)を購入し、Trouble Punk(トラブルパンク)に利用するまでの流れにおいて手数料などの費用が一切かからないということです。

特に、ETHは送金する時のガス代が高いことがネックですが、BITPOINTの場合は送金手数料が無料なので、購入したETHをMetaMaskに移動させる場合も手数料がかかりません。

そのため、BITPOINTがTrouble Punk(トラブルパンク)をプレイする上で最もおすすめの仮想通貨取引所となります。

BITPOINTの口座をまだお持ちでない方は、この機会に口座開設手続きを進めてください。

BITPOINT(ビットポイント)」では、2023年4月25日16:00までの口座開設完了のお客様全員にもれなく注目の仮想通貨「ADA(エイダ)」1,500円相当プレゼントキャンペーンが開催しています。まだ口座をお持ちでない方は、この機会にBITPOINTの口座開設をお申し込みください。

\取引手数料が無料!!/

BITPOINT
公式サイトを見る

※取引所名称は「BITPOINT PRO」

BITPOINT(ビットポイント)の口座開設手順まとめは、取引手数料無料で暗号資産の売買ができる人気の仮想通貨取引所です。 現物取引だけでなく、貸暗号資産(レンディング)やステーキング...

取引所(BITPOINT PRO)でETH(イーサリアム)を購入

BITPOINTの口座開設が完了しましたら、日本円を入金してETH(イーサリアム)を購入しましょう。

日本円の入金からETH購入までの手順は下記の通りです。

1.日本円を入金

BITPOINTの入出金画面BITPOINTに日本円を入金する手順は下記の通りです。

  • レフトメニュー「入出金」を選択
  • 「JPY」の「入金」を選択
  • 「銀行振込」を選択
  • 「お客様専用入金口座」が表示される
  • 銀行振込を行う

入金方法には「即時入金」もありますが、この方法で入金するとマネーロンダリング対策のため、1週間程度同等金額の暗号資産を出庫することができなくなります。

平日であれば銀行振込も即時反映されるので、「銀行振込」で入金するのがおすすめです。

BITPOINTの保有資産画面

これでBITPOINTのアカウントに入金金額が反映されました。

2.BITPOINT PROで「ETH」を購入

BITPOINTPRO日本円の準備が整いましたら、次にETHを購入していきましょう!

BITPOINTで仮想通貨を購入する場合、「販売所」と「取引所」の二つの方法があります。違いは下記の通りです。

取引方法 取引相手 メリット デメリット
販売所 BITPOINT ・取引が簡単
・一定金額で売買できる
・スプレッド(買値と売値の差額)がある
*実質的な手数料
取引所
(BITPOINT PRO)
BITPOINT
ユーザー
・取引手数料が無料
・スプレッドがないため売買どちらもお得
・取引板が薄いと売買が成立しにくい
・一度に大量の取引をするのには向かない

Trouble Punk(トラブルパンク)をプレイするためにETH(イーサリアム)を購入する場合には、「取引所(BITPOINT PRO)」を利用するのがおすすめです。

上記の通り、取引手数料もスプレッドも存在しないため、十万円以内の金額であれば非常にお得な価格でETH(イーサリアム)を入手することができます。

BITPOINT PROのETHの取引板は厚いので、一定金額以上のETHを用意したい時でも安心して利用することができます。

手順は下記の通りです。

  • レフトメニュー「BITPOINT PRO」を選択
  • 「ETH」を選択
  • 「成行」を選択(もちろん指値でもOK)
  • 希望数量/割合を選択(ここでは100%を選択)
  • 「買う」を選択

これでETHを購入することができました。

MetaMaskにETH(イーサリアム)を送金

metamask代表的なウォレットがmetamask(メタマスク)

BITPOINTでETH(イーサリアム)の購入が完了しましたら、Trouble Punk(トラブルパンク)でETH(イーサリアム)を利用できるようにするため、仮想通貨ウォレットの「MetaMask」に送金します。

大まかな手順は下記の通りです。

  1. レフトメニューの「入出金」を選択
  2. ETH(イーサリアム)の「出金」を選択する
  3. アドレス欄の「追加」を選択
  4. MetaMaskのETH(イーサリアム)のネットワークのアドレスをコピペして登録を完了する
  5. 仮想通貨の出金量を入力
  6. 出金を実行する

出庫アドレス登録を行う

ETH(イーサリアム)をMetaMaskに送金するためには、まずBITPOINTで「アドレス登録」をする必要があります。

BITPOINTの保有資産ETHの「出金」レフトメニューの「入出金」を選択し、ETHの「出金」を選択します。

BITPOINTのETHの出庫アドレス登録すると、「暗号資産出金」が表示されますので、「アドレス」の項目にある「追加」を選択します。

BITPOINTのETHの出庫アドレス登録詳細

登録項目は下記の通りです。

  • ラベル:任意の名称。「MetaMask」などがおすすめ
  • アドレス:MetaMaskのご自身のウォレットアドレスをコピペ
  • 出金先:ウォレットを選択

「登録」ボタンを選択すると、登録メールアドレス宛に認証メールが届きますので、掲載されているリンクをクリックしてアドレスの登録を完了させます。

認証後に表示される「次へ」ボタンを選択すると、次にSMS認証画面が表示されますので認証手続きを完了してください。

BITPOINTのETHの出庫アドレス登録完了

これで出金アドレスの登録手続きが完了できました。

ETH(イーサリアム)をMetaMaskに送信

「アドレス」の画面に登録したMetaMaskのウォレットアドレスが表示されていれば、ETHの送金手続き(出庫)が可能となっている状態です。

「出金数量」を入力した後、「確認画面」を選択してください。

後は先程と同じように認証手続きを完了し、入出金履歴にて「処理完了」と表示されれば送金完了となります。

MetaMask側で受け取りを確認

送金手続きが完了すると、MetaMaskのイーサリアムネットワークの画面でETHの残高が表示されます。

仮想通貨によって送金完了までの時間は異なりますが、ETH(イーサリアム)であればおよそ10分程度でMetaMaskに到着します。

また、仮想通貨を送金する時にはガス代と呼ばれるネットワーク利用料がかかりますが、BITPOINTではこの送金手数料をBITPOINT側が負担してくれます。この送金手数料が無料という点も「BITPOINT(ビットポイント)」の非常に大きな魅力です。

なお、MetaMaskに送金する前に、MetaMask側でETHをインポートしておいてください。

公式サイトからCyber​​ Galz NFTを購入

MetaMaskにETHが届きましたら、いよいよTrouble Punk(トラブルパンク)のNFTを購入していきましょう!

現在(2023/03/29)、Cyber​​ Galz NFTは公式サイトのみの購入になります。

NFTについてはレンタル機能も実装予定です。

公式サイトからCyber​​ Galz NFTを購入したらステーキングを行い、試合に備えましょう。

メタマスク内TOP→スワップからETH⇆USDCを選択

また、トークン報酬のあるリーグ戦に参加するための参加費としてゲームトークンの他に、$USDCも必要になりますので、メタマスク内のスワップ機能などを利用して$USDCも用意しておきましょう。

Trouble Punk(トラブルパンク)をダウンロード

公式サイトからアプリをダウンロードして早速プレイを始めましょう!

Trouble Punk(トラブルパンク)の基本ゲームシステム

Trouble Punk(トラブルパンク)は、5 分間の各バトルマッチでの生存率と、ポータルのエアドロップから獲得したポイント数によってプレイヤーがランク付けされる、カジュアルなバトルロイヤルゲームです。

FOS
FOS
最大8人のプレーヤーがマッチに参加できます!

マッチ中に武器や補助装備がランダムに空中投下され、マップ上のランダムな場所にポータルが表示されます。

プレイヤーは、ポータルからドロップされるポイントを取得できます。

操作方法

Trouble Punk(トラブルパンク)は、はじめにPC版でリリースされます。

将来的にはスマホ版もリリース予定ですが、今回はパソコンでの操作方法を紹介します。

  • 上方向に進む:↑
  • 下方向に進む:↓
  • 左方向に進む:←
  • 右方向に進む:→
  • 攻撃する:Z
  • スキルを使い:Z押し込み
  • ジャンプ:C
  • ハイジャンプ:C押し込み
  • 順位を確認する:TAB
  • アイテムを拾う:F
  • アイテムを使う:W/A/S/D

パソコンのゲームではありますがマッチ中はマウスを使用しません。

FOS
FOS
普段キーボードとマウス両方でゲームをしている人にはすこし慣れが必要かもしれませんね!ベータ版のフィードバックにキー割り当てをカスタムできるようにしてほしいとリクエストしたので、実現すると嬉しいです。

キャラクター

Trouble Punk(トラブルパンク)はカラフルでビビッドな色使いが特徴的です。

ブロックチェーンゲームに慣れていない人にも興味を持ってもらえるようなキャラづくりがされています。

Cyber​​ Galz:PFP NFT

PFPとはProfile Pictuerの略で、SNSアイコンとして使用できるNFTのことを言います。

Trouble Punk(トラブルパンク)はCyber​​ GalzというNFTプロジェクトのブロックチェーンゲームなので、主人公としてCyber​​ Galzの最初のNFTが登場します。

マックス:勇敢な修理工

バブリング:いたずらメーカー

モモ:陽気な兵士

ウイングスター 11人目の無鉄砲な強化人間

ポビー:勤勉なボクサー

マップ

Trouble Punk(トラブルパンク)は2023年4月現在2つのマップがあることがわかっています。

キャノンボールタウン

キャノンボールタウンは、数年前にテロによって深刻な被害を受けた後、認識できないワームホールが発生し、町が混乱し、住民が避難した市街地が舞台になっています。

ワームホールが発生するすべての場所を旅し、壮大な宇宙の力のコインを獲得し、ディスラプターを爆破して、生き延びましょう。

スキルが低い人用に、隠れられる場所が用意されているなど、実力差のあるプレイヤーとマッチングしても、対応できるようになっています。

トポリタウン

キャノンボールタウンの北西部から約400km離れたところにある、広大な湿地帯の中にある街。

天気は曇りが多く、1年前の大地震の後、町の地盤は弱体化。定期的に地下水が氾濫し多くの人が町を離れ、町は荒れ果てています。

高低差のあるマップで、建物内の狭いスペースで戦うことができます。

FOS
FOS
メトロが町を通過すると、ユーザーは $TROBポイントを獲得できます!

プレイヤーがランダムに出現するゴーストモンスターを倒すと、報酬を得ることができます。

ポータルについて

マッチ中にマップの特定の場所でポータルがランダムに開きます。

プレーヤーは、ポータルからポイントを獲得できます。

マップの理解度が勝敗を左右するので、マップはできるだけ覚えましょう。

アイテム

マッチ中に武器や補助装備がランダムに出現します。

FOS
FOS
アイテムを拾って攻撃にバリエーションを持たせたり、回復したりしましょう!

バカラ

敵に遠距離ダメージを与え、爆発範囲内の敵は遠くに飛ばされる。

増幅器

移動速度を加速させます。

攻撃をよけたり、敵に追いつくときに使います。

食べ物

回復アイテムです。

移動速度が低下しますが、キャラクターの体力を回復することができます。

FOS
FOS
食事中に攻撃を受けると、回復モーションがキャンセルされます!

追加予定のアイテム

ソニックマイン

持っていることが他のユーザーからわかるアイテム。

投げたり隠したりすると1~2秒でアクティブになり、敵が一定範囲内に入ると発動する。

ソーダポップ

プレイヤーがアイテムを放物線状に投げると、ソーダ ポップの水たまりが作成され、キャラクターの移動速度と操作性が低下します。

ボムバイク

使用するとHPが全回復する。

敵を誘導してダメージを与えるために使用することもできます。

Tracking Bomb Drone

近くの敵を追跡し、敵が検出されて爆発した場合にダメージを与えることができます。

敵がいなくなるか、一定時間経過すると自動で消えます。

垂直ブースター

キャラクターの垂直移動を補助するロケットがバッグの横に作成され、地形を気にせずに移動できます。

ブースター効果は一定時間経過すると消滅します。

ヒーリングテント

使用するとのHPが全回復する。

使用中にキャラクターが攻撃を受けると、回復はキャンセルされます。

勝手に回復状態を解除することはできません。

回復には 7 ~ 10 秒かかります。

この間、キャラクターは武装していない無防備な状態になるため、安全な場所で使用する必要があります。

ゲームモード

ゲームモードは3種類あり、リーグが主なモードになります。

  1. リーグ
  2. 建築モード
  3. 審査員トライアルセッション

リーグ

リーグはここから参加します
  • 開催は1時間ごと
  • 開催時間は8試合で30分~1時間
  • 報酬を得るためには参加費用が必要
  • パトロン機能がある
  • 順位によって報酬が異なる
  • 上位用のプロリーグ開催がある
参加費用

リーグに参加して報酬を得るためには参加費用が必要です。

ゲーム参加費は、プレイヤーのリーグのスキルレベルに応じて変更される場合があります。

スキルレベルが高いリーグほど、参加費が高くなり、より多くのゲーム報酬が提供されます。

  • ジェネシスCyber​​ Galz NFTをステークする
  • ステーブルコイン($USDTもしくは$USDC)
  • $TROB

ステーブルコインと$TROBの割合は7:3になるように預ける必要があります。

パトロン機能

ジェネシスCyber​​ Galz NFTや十分な参加費用を預けられない人は、パトロン機能を使ってリーグに参加できます。

パトロンとなる人からジェネシスCyber​​ Galz NFTとトークンを借りて、その見返りに、プレーヤーは、ゲームで得たリーグ結果に応じて、ゲームの報酬をパトロンと分け合います。

報酬について

リーグが終了し、リーグの審査員トライアルセッションが完了すると、リーグ報酬プールから報酬を受け取れます。

他のブロックチェーンゲームと比較して、Trouble Punk(トラブルパンク)はプレイヤーのゲームスキルに大きく依存しますので、より多くのリーグに参加して上位を狙いましょう。

順位 報酬額 報酬トークン 引き出し
1~80位 参加費+プレイヤーの参加費の1~2.5% $TROB
81~100位 参加費+プレイヤーの参加費の2~5% $TROB ×
プロリーグについて

一定のレベルのゲームスキルに到達すると、ゲームスキルの高いプレイヤーを対象に、1日3回のプロリーグが開催される予定です。

プロリーグには特定のレベルのゲームスキルを満たすプレイヤーがアクセスできます。

プレイヤーがチームとしてリーグに参加できるギルド戦もあります。

このリーグ戦は定期的に開催される予定です。

建築モード

プレイヤーが自分のスペースを装飾してゲームプレイに適用するモード。

プラットフォームにゲーム マップを提供し、プレイヤーが使用したゲームマップの数に応じて報酬を獲得します。

審査員トライアルセッション(不正防止モード)

陪審員トライアルセッションは、プレーヤーの不正行為や不正行為を防止する目的のモードです

役割 参加資格 参加方法 勝利した場合 敗北した場合
陪審員 リーグ不参加者 $TROBと$USDCの組み合わせでゲーム参加費を告発者か被告が勝つか賭ける $TROB と $USDC が返還され、陪審員は報酬を受け取る 賭け金没収
告発者 リーグ参加者 リーグ参加費用全額賭ける 賭け金は返還され、被告のゲーム参加費の一部を受け取れる。 情報なし(賭け金没収?)
被告 リーグ参加者 ゲーム報酬はロック。ゲーム参加費と同額の追加料金の一部に加えて、審査のためにゲームプレイ ビデオを提供する。 試合参加費とリーグの試合報酬が返還される。 情報なし(報酬没収?)

被告が審理の結果に同意しない場合、被告は追加料金を支払って、最大 2 回まで再審を申請できます。

最後は運営チームが審判として介入することができます。

パトロン機能を使っている人が、審査員トライアルセッションに参加できるかはホワイトペーパーに記載がありません。

今後の情報更新を待ちましょう。

ジェネシスCyber​​ Galz NFT

ジェネシスCyber​​ Galz NFTは4,999個発行されています。

リーグ参加に必要なだけではなく、様々なユーティリティがあります。

  • Yooldoのコラボレーションコレクションのホワイトリスト取得権利
  • リーグプレイからの利益の一部
  • リーグプレイ用のさまざまなキャラクターを選択する権限
  • Yooldoのさまざまなコンテンツへのアクセス
  • プラットフォームコンテンツブランド商品のギフト
  • ゲーム関連のセールにアクセスするためのNFTドロップ
  • NFTステーキング用のゲームトークンのエアドロップ
  • ホルダーイベントへのご招待

2nd クローズドベータテスト遊んでみた

2023年2月28から2023年3月7日まで2nd クローズドベータテストが開催されました。

事前にTrouble Punk(トラブルパンク)のプラットフォームのYOOLDOにメールアドレスを登録しておくと参加できました。

FOS
FOS
最終日だけになってしまいましたが、NFTを持っていなくても参加できたので、参加へのハードルが低かったのが好印象です!

ベータテストだけあって完成度が高く、リリースが楽しみになりました。

今回はOasysとのコラボでテスト中にクエストをこなすと$OASがもらえるイベントも開催されました。

FOS
FOS
参加が最終日のみになってしまって$OAS獲得が出来なかったのは心残りですが、ゲーム自体はとても楽しかったです!

ゲームランチャーをパソコンにダウンロードし、Yooldoアカウントにログインしたらゲーム開始です。

ロビー画面で、画質の設定を行ったら早速マッチに参加です。

マッチ参加の入口でダミーNFTを選択して、参加費用を払ってスタートです。

8人そろうと、マッチがスタートするのですが、参加したのが最終日とあってか8人そろうのに時間がかかりました。

バスで移動しているイラストがマッチ中の待機画面なのですが、カラフルでかわいいです。

クローズドベータ参加の感想

ゲームの完成度は高く、操作の遅延も感じませんでした。

アクションゲームとなると既存のゲームをプレイしている人の評価が厳しくなりがちですが、実力がそのまま報酬となるシステムはコアなゲーマーにも受け入れられると感じました。

FOS
FOS
リリースしたらNFTを持っていないと稼げないようなので、Trouble Punk(トラブルパンク)で稼ぎたい人は、今のうちからCyber​​ Galz NFTを購入しておきましょう!

今後の予定

プラットフォームのYooldoのホワイトペーパーにロードマップが公開されています。

2023年4月

  • オープンβテスト
  • Yooldoのメインネットローンチ
  • $YOOL, $TROBローンチ

2023年7月

  • ゲーム関連コンテンツの更新

2023年第3四半期~第4四半期

  • Yooldoプラットフォームコミュニティサービスの更新

Trouble Punk(トラブルパンク)の稼ぎ方

Trouble Punk(トラブルパンク)で仮想通貨を稼ぐには、下記を準備しておく必要があります。持っていない場合はレンタル(パトロン)機能を使用することもできます。

  • ジェネシスCyber​​ Galz NFT
  • $USDT/$USDC
  • $TROB

トークン情報

$YOOL

2023年4月ローンチ予定です。

使用用途は下記が発表されています。

  • ジェネシスCyber​​ Galz NFTのステーキング手数料
  • NFTなどのYooldo内のアイテム購入費用

入手方法は発表されていませんので、公式の発表を待ちましょう。

$TROB

2023年4月ローンチ予定です。

使用用途は下記が発表されています。

  • ゲーム参加費
  • アイテム購入
  • ゲーム運営にかかわる投票

入手方法はゲームに参加して報酬として受け取れます。

FOS
FOS
ゲーム参加費として最初に必要なので、ローンチ後はウォレットなどでのスワップなどが必要になると思われます。

Trouble Punk(トラブルパンク)よくある質問

Trouble Punk(トラブルパンク)に関する質問をいくつかまとめました。

Trouble Punk(トラブルパンク)のプレイに必要な初期費用は?

Trouble Punk(トラブルパンク)はプレイするだけなら無料で遊べます。

Trouble Punk(トラブルパンク)で稼ぐとなると、初期費用がかかるので、初期費用を抑えながら稼ぎたい人はレンタル(パトロン)機能を活用しましょう。

推奨スペック

Trouble Punk(トラブルパンク)は、はじめにパソコン版がリリースされます。

下記がグラフィックボードの推奨スペックなので、快適にプレイしたい人はスペックも確認しておきましょう。

  • NVIDIA GeForce GT 745M
  • AMD Radeon HD 7690M XT

Trouble Punk(トラブルパンク)の最新情報はどこで確認する?

Trouble Punk(トラブルパンク)の最新情報は下記SNSでご確認ください。

まとめ

ポップなキャラがかわいい、アクションバトルロイヤルのTrouble Punk(トラブルパンク)を紹介しました。

今後、トークンローンチ、ゲームリリースが続きますので、早期参入したい人は最新情報を逃さないようにSNSをチェックしておきましょう。

FOS
FOS
みんなでワイワイプレイしよう!

GGGGG(ジージージージージー)をプレイしたい方は、「GGGGG(ジージージージージー)の始め方」で各ステップを丁寧に解説していますので参考にしてください!(記事該当箇所にジャンプ)

また、本格プレイをするのに必要な国内仮想通貨取引所では「BITPOINT(ビットポイント)」がおすすめです。(理由は「始め方」で解説してます)まだ口座をお持ちでない方は、この機会に口座開設を進めておきましょう!

BITPOINT(ビットポイント)」では、2023年4月25日16:00までの口座開設完了のお客様全員にもれなく注目の仮想通貨「ADA(エイダ)」1,500円相当プレゼントキャンペーンが開催しています。まだ口座をお持ちでない方は、この機会にBITPOINTの口座開設をお申し込みください。

\取引手数料が無料!!/

BITPOINT
公式サイトを見る

※取引所名称は「BITPOINT PRO」

ABOUT ME
NFT GAMER'S編集部
NFT GAMER'S編集部です。国内・海外の注目NFTゲームをプレイしてきたゲーマー編集チームで協力をして記事を作成しています。
error: Content is protected !!