アニメ

アニメ「刀語」の配信を無料視聴できる動画配信サービスまとめ

本作を視聴できる動画配信サービス・無料見逃し配信の調査結果
※本ページにはプロモーション(広告)が含まれています

アニメ「刀語」は、TVerでの無料見逃し配信はなく、DMM TVなどの無料期間のある動画配信サービスで全話見放題で見逃し視聴できます。

本記事では、アニメ「刀語」を視聴したい方のために、

の調査結果を紹介します。

結論を先にお伝えすると、アニメ「刀語」の見逃し配信を全話お得に視聴したい方には、無料トライアルに登録して全話見放題視聴できる「DMM TV」がもっともおすすめです。

DMM TVバナー

DMM TVは月額550円の圧倒的なおトクさに加え、30日間の無料お試し期間があり、さらに無料登録後すぐに使用できる550ポイントをもらえるので、アニメ「刀語」を非常にお得に視聴することができます。

\本日から8月12日まで無料/

DMM TV
30日間無料で動画視聴する

無料トライアル登録後すぐに使える550ptプレゼント

また、アニメ作品は国内トップクラスの見放題作品数を揃え、さらに新作アニメ100%追及宣言をしている充実ぶりです。

DMM TVのおすすめポイント

30日間無料のお試し期間がありますので、アニメが好きな方はぜひこの機会にDMM TVの無料特典をご活用ください!

>>DMM TVの初回特典の詳細はこちら

本作の見どころ(編集部)

本作は、虚刀流の当主・鑢七花が虚刀流の技を使いながら奇剣「変体刀」を集める冒険物語です。
七花の突破力ととがめの奇策が交錯しながら織り成す戦いや、刻々と変わる状況に適応していく主人公たちの成長が見どころです。
謎解きや戦闘を楽しみながら、彼らの旅の結末や、一つ一つの刀の秘密を解き明かしていく過程にドキドキしながら視聴できます。

また、アニメ「刀語」の見逃し配信動画を、無料お試し期間があり、かつ見放題で視聴できる動画配信サービスは次の通りです。

無料期間あり&見放題視聴できる動画配信サービス

下記の動画配信サービスであれば、1話から最新話まで見放題で見逃し視聴ができます。

>>>「刀語」原作をお得に読める電子書籍サービスの項目へ移動したい方はこちら

映画/ ドラマ/ アニメから、マンガまで圧倒的に楽しみたいなら見放題作品数No.1「U-NEXT」がおすすめ!

U-NEXTバナー

U-NEXTは、見放題のラインアップ数は断トツのNo.1!300,000 本以上が見放題!

U-NEXTメリット

U-NEXTでは、初回登録時に「31日間の無料トライアル」さらに、最新作のレンタルに使える「600円分ポイントプレゼント」の特典があります。

\31日間無料/

U-NEXT
31日間無料で動画視聴する

*トライアル登録で600円相当のU-NEXTポイントも進呈!

もちろん、解約はいつでもOK。無料トライアル期間中の解約の場合、月額料金は発生しませんので安心してお試しください。

>>U-NEXTの公式サイトはこちら

アニメ「刀語(全12話)」を配信している動画配信サービス一覧

配信サービス 配信状況 無料特典
DMM TVのロゴ DMM TV 二重丸 見放題配信 無料視聴する30日間無料
dアニメストアのロゴ dアニメストア 二重丸 見放題配信 無料視聴する31日間無料
Huluのロゴ Hulu 二重丸 見放題配信 今すぐ動画視聴大人気
FODプレミアムのロゴ FOD 丸 見放題配信 今すぐ動画視聴無料期間なし
TSUTAYA DISCASのロゴ TSUTAYA DISCAS 丸 宅配レンタル 詳しく見る無料お試し有
DMM DVD/CDレンタルのロゴ DMM DVD/CDレンタル 丸 宅配レンタル 詳しく見る無料お試し有
musicjpのロゴ music.jp 三角 3日間レンタル 詳しく見る30日間無料
レンタル
バンダイチャンネル 三角 レンタル配信 1ヶ月間
HAPPY!動画 三角 レンタル配信 なし

2024年6月時点の情報です。

アニメ「刀語(全12話)」の配信が確認できない動画配信サービス一覧

配信サービス
U-NEXTロゴ U-NEXT ABEMAロゴ ABEMA ディスニープラスのロゴ Disney+ (ディズニープラス) TELASAのロゴ TELASA
Leminoのロゴ Lemino AmazonPrimeVideoのロゴ Amazonプライムビデオ NETFLIXのロゴ NETFLIX ひかりTVのロゴ ひかりTV
auスマートパスプレミアムのロゴ auスマートパス スカパー!のロゴ スカパー! WOWOWオンデマンドのロゴ WOWOWオンデマンド ニコニコのロゴ ニコニコ
TVerのロゴ TVer クランクイン!ビデオのロゴ クランクイン!ビデオ AnimeFestaのロゴ AnimeFesta VIDEX
ビデオマーケット

2024年6月時点の情報です。

アニメ「刀語」の無料見逃し配信と再放送

アニメ「刀語」のテレビ放送を見逃してしまった場合は、最新話の期間限定見逃し配信や再放送であれば無料で見逃し視聴することができます。

見逃し動画配信サービスと再放送情報について整理しましたので参考にしてください!

アニメ「刀語」を無料視聴できる見逃し動画配信サービス

アニメ「刀語」は、Tver含めて見逃し配信サービスでの配信は見つかりませんでした。

アニメ「刀語」を無料視聴できる再放送

アニメ「刀語」の再放送の情報は見つかりませんでした。

リアルタイム視聴を逃してしまった方も再放送で視聴するチャンスがあります!しかし再放送まで待てないという方は、動画配信サービスを活用して今すぐ見放題で楽しむこともできますよ!

アニメ「刀語」の原作小説をお得に読める電子書籍配信サービス

アニメ「刀語」の原作小説を読みたい方は、下記の電子書籍配信サービスのクーポンを活用するのがおすすめです。

電子書籍サービス おすすめ 割引特典
eBookJapanのロゴ eBook Japan 二重丸 最新巻・数巻購入 無料会員登録70%OFFクーポン
※6回利用可能
※割引上限500円
Amebaマンガのロゴ Amebaマンガ 二重丸 全巻まとめ買い 無料会員登録100冊までクーポン
マンガコイン最大50%増量

アニメ「刀語」をDVD/Blu-rayでお得に視聴できる定額レンタルサービス

定額レンタルサービス
  • TSUTAYA DISCASのロゴ TSUTAYA DISCAS
  • DMM DVD/CDレンタルのロゴ DMM宅配レンタル
  • ゲオ宅配レンタルのロゴ ゲオ宅配レンタル
無料期間
  • 30日間
  • 1ヶ月間
  • 30日間
月額料金
  • 2,052円
    ※定額レンタル8
  • 1,980円
    ※ベーシック8
  • 2,046円
    ※スタンダード8
レンタル枚数
  • 8枚
    ※旧作借り放題
  • 8枚
  • 8枚
公式

特に「TSUTAYA DISCAS」には30日間の無料期間があり、この期間中は「新作(レンタル開始から90日間)」を除く作品を8枚まで無料で借りることができます。(旧作は借り放題)

アニメ「刀語」最終話12話「第十二話(終) 炎刀・銃(エントウ・ジュウ)」の放送日・配信日

メイン放送局フジテレビでの最終話第12話「第十二話(終) 炎刀・銃(エントウ・ジュウ)」の放送日は、2010年4月12日(月) 深夜25時10分からとなっています。

また、「DMM TV」での最終話第12話の配信開始日はですので、最終話を楽しんだ後は、1話から全部一気に視聴してもう一度楽しむのもおすすめです!

\本日から8月12日まで無料/

DMM TV
30日間無料で動画視聴する

無料トライアル登録後すぐに使える550ptプレゼント

アニメ「刀語」の見どころ

虚刀流当主、鑢七花の成長

物語序盤では刀を扱うことが出来なかった七花が、旅を通じて徐々に刀剣の技術を身につけていく様子が描かれる

心王一鞘流の初めの門下生として基礎的な刀剣知識を学ぶシーンでは、彼の成長を感じられる重要なターニングポイントになる

見る者にとって、不器用だが一生懸命に成長しようとする七花の姿は、努力と成長の大切さを教えてくれる感動的なポイント

最強の策士、とがめの奇策が光る

とがめの独創的で予測不可能な策略は、七花たちが各エピソードで直面する困難を乗り越える鍵となる

特に印象的なのは彼女が暗闇の中で利用する奇策で、視覚に頼る敵に対し完全に立ち回りを変更させる

この策士の鋭い観察眼と斬新なアイディアは、アドレナリンが沸き立つ戦闘シーンを創出し、視聴者を引き込む

敵ながら魅力的な七実の戦術と心情

七実の特異な能力「見稽古」は、彼女自身の強さと病弱な身体との格闘を表すメタファーでもある

見稽古七花との再戦時には彼女の内面と強さが絶妙に交錯し、彼女の哀しみと決断がクライマックスに向かって高まる

七実の戦いの背後にある動機と彼女の最終的な選択は、視聴者に深い感動と共感を呼び起こす

七花ととがめの深まる絆

二人の関係は最初は単なる依頼と依頼人のものから、次第に深い信頼関係へと進化していくにゃ

旅を重ねる毎に、互いに対する理解が深まり、さり気ない会話や行動からも彼らの絆が感じられるにゃ

特に七花がとがめのために自己犠牲を選ぶシーンは、彼らの関係の強さを象徴しており、見どころ満載にゃ

序章から終章へ、一貫したテーマの深掘り

物語全体を通して、登場人物たちの心理描写が丁寧に施され、彼らの過去と現在が巧妙に織り交ぜられている

特に最終話における七花の決断と行動は、彼の旅の終わりと新たな始まりを象徴するクライマックスである

この最終決戦は、個々の摂るべき道と罪と贖いのテーマを巧みに描き出し、深い思索を促す

アニメ『刀語』の感想・評判

奇策士・とがめと剣術の達人・鑢七花が伝説の12本の変体刀を集める冒険譚!
4.8 out of 5.0 stars
剣術家・七花と奇策士・とがめの旅が楽しみな物語でした!刀を求めて日本中を巡り、様々な敵と戦う中で二人の絆も深まっていきます!!
最後に集めた変体刀を尾張幕府に献上し、とがめが時の将軍・家鳴匡綱との謁見の機会を得た場面はその果てしない旅の終わりを感じさせ感動しました!
奇剣の冒険に心躍る!
4.6 out of 5.0 stars
七花ととがめの旅には思わぬ試練と謎が満載で、刻一刻と進化するストーリーが魅力的です。
それぞれの刀が持つ独特の能力と、その刀を巡る激しい戦いには目が離せません。
謎多き戦士、七花の秘められた力
4.1 out of 5.0 stars
七花は刀を扱えないという大きな障害を抱えながらも、その非凡な戦術で敵を打ちのめしていくシーンには驚かされます。
彼の成長と共に明らかになる過去の秘密や、真の力の源泉が徐々に解明されていく様は非常に興味深いです。
魅力あふれる奇策屋敷と変体刀の世界
4.8 out of 5.0 stars
このアニメの舞台となる奇策屋敷や、変体刀が持つ個々の特殊能力が非常に魅力的です。
そしてそれらを巧みに操るとがめの策士としての天才的な側面にはいつも驚かされ、物語の奥深さを感じます。
ミャオ、毎回クライマックス!
4.8 out of 5.0 stars
戦いごとに繰り広げられる策と技の応酬は、猫も舌を巻くほどの緊張感を生み出しているニャン。
七花ととがめの不測の事態への対応や次々と明らかになる新たな謎には、爪研ぎしながら見守ってしまうほど引き込まれるニャ。
胸を打つ旅路と成長の物語
4.3 out of 5.0 stars
七花ととがめが織り成す心温まる関係性と、それぞれが抱える運命と対峙する姿にはロマンを感じます。
そして、切ないほどに美しい絵が動き、感動的な音楽と共に物語を彩るたびに、視聴者をアニメの世界へと誘います。

アニメ「刀語」のPV・基本情報

放送開始日時 2010年1月25日 月曜日 深夜25時10分
放送局 フジテレビほか
話数(放送済) 12話
制作国 日本
制作会社 WHITE FOX
監督 元永慶太郎
著者・原作者 西尾維新
キャラクターデザイン 川田剛
キャラクター:声優 鑢七花:細谷佳正|とがめ:田村ゆかり|鑢七実:中原麻衣|鑢六枝:大川透|鑢みぎり:篠原恵美|鑢一根:阿部敦|否定姫:戸松遥|左右田右衛門左衛門:小山力也|家鳴匡綱:藤本譲|般若丸:松井尚吾|鬼宿不埒:宮原弘和|巴暁:勝呂美和子|浮義待秋:高橋研二|伊賀甲斐路:佐々木啓夫|真庭孑々:江口拓也|胡乱:菊本平|灰賀欧:儀武ゆう子|墨ヶ丘黒母:國分和人|皿場工舎:早見沙織|呂桐番外:中田隼人|真庭蝙蝠:鈴木千尋|真庭白鷺:羽多野渉|真庭喰鮫:坪井智浩|真庭蟷螂:保村真
公式サイト 刀語公式サイト
公式Twitter 公式X(Twitter)
Wikipedia 刀語Wikipedia
あらすじ 刀を使わない剣術・虚刀流の当主である鑢七花は、尾張幕府の奇策士・とがめにその力を見こまれ、刀鍛冶・四季崎記紀が残した十二本の奇剣「変体刀」を収集することに。全国に散らばる刀の所持者や、刀を狙う真庭忍軍と戦いながら、七花ととがめは旅を続け…。引用元:U-NEXT
ジャンル 冒険

アニメ「刀語(全12話)」の各話あらすじと見逃し配信、

第1話:第一話 絶刀・鉋(ゼットウ・カンナ)(放送日:2010年1月25日)

アニメ『刀語』1話のあらすじ

刀を使わぬ一子相伝の剣術・虚刀流の7代目・鑢七花は、姉と共に不承島で平穏な日々を送っていた。そんな彼の元へ奇策師を自称するとがめが、伝説の刀鍛冶の作った12本の刀の収集を依頼しにやって来る。

アニメ『刀語』1話の見逃し配信動画

アニメ『刀語』1話の見逃し配信動画は、下記の動画配信サービスなどで視聴できます。

  • DMM TV(見放題)
  • dアニメストア(見放題)
  • Hulu(見放題)

アニメ『刀語』の配信サービス一覧

第2話:第二話 斬刀・鈍(ザントウ・ナマクラ)(放送日:2010年2月01日)

アニメ『刀語』2話のあらすじ

絶刀・鉋を持つ真庭蝙蝠を倒した七花は、変体刀蒐集のため奇策師・とがめと共に因幡砂漠の下酷城を目指す。次の目標は比類ない切れ味を持つ斬刀・鈍で、それを持つのは居合いの達人・宇練銀閣であった。

アニメ『刀語』2話の見逃し配信動画

アニメ『刀語』2話の見逃し配信動画は、下記の動画配信サービスなどで視聴できます。

  • DMM TV(見放題)
  • dアニメストア(見放題)
  • Hulu(見放題)

アニメ『刀語』の配信サービス一覧

第3話:第三話 千刀・ツルギ(セントウ・ツルギ)(放送日:2010年2月08日)

アニメ『刀語』3話のあらすじ

虚刀流の7代目・鑢七花と奇策師・とがめが次に向かったのは、神々の集う地とされる出雲の三途神社。そこには千本で1本の千刀・ツルギがあり、三途神社の長・敦賀迷彩にそれを賭けた勝負を申し出るが…。

アニメ『刀語』3話の見逃し配信動画

アニメ『刀語』3話の見逃し配信動画は、下記の動画配信サービスなどで視聴できます。

  • DMM TV(見放題)
  • dアニメストア(見放題)
  • Hulu(見放題)

アニメ『刀語』の配信サービス一覧

第4話:第四話 薄刀・針(ハクトウ・ハリ)(放送日:2010年2月15日)

アニメ『刀語』4話のあらすじ

薄刀・針の回収を命じられながらも、刀の魅力に取り憑かれて裏切った剣士・錆白兵。七花はその男と、巌流島で勝負をすることになるが…。一方、七花の姉・七実を狙う魔の手が、不承島へと迫っていた。

アニメ『刀語』4話の見逃し配信動画

アニメ『刀語』4話の見逃し配信動画は、下記の動画配信サービスなどで視聴できます。

  • DMM TV(見放題)
  • dアニメストア(見放題)
  • Hulu(見放題)

アニメ『刀語』の配信サービス一覧

第5話:第五話 賊刀・鎧(ゾクトウ・ヨロイ)(放送日:2010年2月22日)

アニメ『刀語』5話のあらすじ

薩摩の濁音港を牛耳る鎧海賊団の船長・校倉必は、西洋甲冑に似た防御特化の賊刀・鎧の持ち主。闘技場で賭け事を行っている彼は、鎧を賭けて勝負を挑もうとする七花に対し、賭け金としてとがめを要求してくるが…。

アニメ『刀語』5話の見逃し配信動画

アニメ『刀語』5話の見逃し配信動画は、下記の動画配信サービスなどで視聴できます。

  • DMM TV(見放題)
  • dアニメストア(見放題)
  • Hulu(見放題)

アニメ『刀語』の配信サービス一覧

第6話:第六話 双刀・鎚(ソウトウ・カナヅチ)(放送日:2010年3月01日)

アニメ『刀語』6話のあらすじ

豪雪地帯の蝦夷・踊山へとやって来たとがめと七花は、激しい吹雪に見舞われ危うく遭難しかけてしまう。そこを凍空一族の少女・こなゆきに救われるが、彼女こそ完成形変体刀の一つ、双刀・鎚の持ち主で…。

アニメ『刀語』6話の見逃し配信動画

アニメ『刀語』6話の見逃し配信動画は、下記の動画配信サービスなどで視聴できます。

  • DMM TV(見放題)
  • dアニメストア(見放題)
  • Hulu(見放題)

アニメ『刀語』の配信サービス一覧

第7話:第七話 悪刀・鐚(アクトウ・ビタ)(放送日:2010年3月08日)

アニメ『刀語』7話のあらすじ

悪刀・鐚が祀られていた陸奥の死霊山が何者かに襲われ壊滅する。その情報を聞いたとがめと七花は、犯人を追って四国にある剣士たちの聖地・清涼院護剣寺にたどり着く。だがそこでは、意外な人物が2人を待っていた。

アニメ『刀語』7話の見逃し配信動画

アニメ『刀語』7話の見逃し配信動画は、下記の動画配信サービスなどで視聴できます。

  • DMM TV(見放題)
  • dアニメストア(見放題)
  • Hulu(見放題)

アニメ『刀語』の配信サービス一覧

第8話:第八話 微刀・釵(ビトウ・カンザシ)(放送日:2010年3月15日)

アニメ『刀語』8話のあらすじ

敵対する否定姫の情報により、次なる刀、微刀・釵が不要湖にあることを知ったとがめと七花。否定姫の懐刀である左右田右衛門左衛門によれば、不要湖はあらゆる生命活動が停止している場所だというが…。

アニメ『刀語』8話の見逃し配信動画

アニメ『刀語』8話の見逃し配信動画は、下記の動画配信サービスなどで視聴できます。

  • DMM TV(見放題)
  • dアニメストア(見放題)
  • Hulu(見放題)

アニメ『刀語』の配信サービス一覧

第9話:第九話 王刀・鋸(オウトウ・ノコギリ)(放送日:2010年3月22日)

アニメ『刀語』9話のあらすじ

変体刀を求めて出羽の将棋村へとやって来たとがめと七花。心王一鞘流の当主・汽口慚愧と王刀・鋸を賭けて戦おうとするが、思わぬ方向に話が転がっていき、七花は心王一鞘流に弟子入りすることに…。

アニメ『刀語』9話の見逃し配信動画

アニメ『刀語』9話の見逃し配信動画は、下記の動画配信サービスなどで視聴できます。

  • DMM TV(見放題)
  • dアニメストア(見放題)
  • Hulu(見放題)

アニメ『刀語』の配信サービス一覧

第10話:第十話 誠刀・銓(セイトウ・ハカリ)(放送日:2010年3月29日)

アニメ『刀語』10話のあらすじ

10本目の変体刀、誠刀・銓。その在りかは、過去を捨てたとがめにとっての因縁の地だった。そして、銓の所有者で仙人と呼ばれる彼我木輪廻は、とがめに対し一人で地中に埋まった銓を探すように言い渡す。

アニメ『刀語』10話の見逃し配信動画

アニメ『刀語』10話の見逃し配信動画は、下記の動画配信サービスなどで視聴できます。

  • DMM TV(見放題)
  • dアニメストア(見放題)
  • Hulu(見放題)

アニメ『刀語』の配信サービス一覧

第11話:第十一話 毒刀・鍍(ドクトウ・メッキ)(放送日:2010年4月05日)

アニメ『刀語』11話のあらすじ

最後の2本のうちの1本、毒刀・鍍を手にした真庭鳳凰が、真庭の隠れ里に向かったことを知ったとがめと七花。鳳凰を追って旅路を急ぐ2人だったが、ついに鳳凰に追い付いた時、彼の身には大きな変化が起きていた。

アニメ『刀語』11話の見逃し配信動画

アニメ『刀語』11話の見逃し配信動画は、下記の動画配信サービスなどで視聴できます。

  • DMM TV(見放題)
  • dアニメストア(見放題)
  • Hulu(見放題)

アニメ『刀語』の配信サービス一覧

第12話:第十二話(終) 炎刀・銃(エントウ・ジュウ)(放送日:2010年4月12日)

アニメ『刀語』12話のあらすじ

12カ月掛けて集められた変体刀は、尾張幕府に無事献上される。とがめはその褒美として、悲願であった時の将軍・家鳴匡綱との謁見の機会を得るが…。尾張城を舞台に、最後の戦いの火花が散る!

アニメ『刀語』12話の見逃し配信動画

アニメ『刀語』12話の見逃し配信動画は、下記の動画配信サービスなどで視聴できます。

  • DMM TV(見放題)
  • dアニメストア(見放題)
  • Hulu(見放題)

アニメ『刀語』の配信サービス一覧

アニメ『刀語』を配信中の動画配信サービス(見放題/見逃し/レンタル/DVDレンタル)

アニメ『刀語』の動画配信状況
スター 見放題配信
二重丸 DVDレンタル(無料)
丸 見逃し配信(期間限定)
丸 レンタル配信(課金)

上表の調査結果の通り、アニメ『刀語』の放送後の見逃し視聴、見放題視聴ができるサイトは下記になります。

  • DMM TV
  • dアニメストア
  • Hulu
  • FOD

この中でも、「DMM TV」はアニメ『刀語』を無料トライアルに登録して全話見放題視聴することができるので最もおすすめです。

DMM TVの特徴や利用するメリットには下記のものもあります。

  • アニメに注力した動画配信サービス
  • 30日間の初回無料期間を提供
  • 新作アニメカバー率を重視!!独占配信にも力を入れる
  • 月額550円のコスパ抜群の料金体系

アニメ『刀語』を視聴したい方は是非「DMM TV」をご活用ください!

\本日から8月12日まで無料/

DMM TV
30日間無料で動画視聴する

無料トライアル登録後すぐに使える550ptプレゼント

アニメ『刀語』の主なキャラクターと声優さん

鑢七花(声優:細谷佳正さん)

本作の主人公。虚刀流七代目当主。島育ちのため世間知らずで、考えることが苦手な面倒くさがりだが、常識に囚われない発想が敵を倒す糸口を発見することもある。かなりの長身で、鋼のように鍛えられた肉体を持つ。動きやすいということで上半身裸でいることが多いが、豪寒的な寒さには弱い。虚刀流の血統のせいで刀剣を扱う才能が全く無く、刀を振りかぶれば後ろに落とし、振り下ろせば前に零す。物語の後半で心王一鞘流の初めての門下生として汽口慚愧から刀剣を学び基礎的な知識を身に付けるが、刀の扱いが苦手なのは変わっておらず刀を多少振れる程度にしか至っていない。言われて一番傷つく言葉は「花が無い」。面倒がりな性格で、口癖はとがめに禁止される前まで「面倒だ」だった。その後とがめに強引に勧められ済し崩し的に決定した「ただしその頃には、あんたは八つ裂きになっているだろうけどな」が決め台詞。とがめに付けられたあだ名は「しちりん」。ちなみに酒は飲めない(苦い水と認識した)。将棋も分からない。

声優:細谷佳正さん

出演作品
  • BANANA FISH
  • 今際の国のアリス
  • 文豪ストレイドッグス
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII
  • 風都探偵

とがめ(声優:田村ゆかりさん)

物語の発端である「刀集め」の提案者。策士ならぬ奇策士を自称する、尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督。役職相応の鋭い観察眼と発想を持ち、自称どおりの奇策によって七花の戦いを支える。普段は尊大な態度を取っているが、勘違いを指摘されると過剰に照れてパニックを起こし、子供じみた言動になるなど、落差の激しい性格をしている。鎖骨が性感帯。目は赤っぽい色をしている。

声優:田村ゆかりさん

出演作品
  • #アベプラ【平日よる9時〜生放送】
  • 叡王戦
  • 世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する
  • スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました
  • 農民関連のスキルばっか上げてたら何故か強くなった。

鑢七実(声優:中原麻衣さん)

七花の姉。特異体質のため極度に病弱で、死人のような印象の女性。極度の方向音痴。「人間一人に到底収まりきれぬ」と表現されるほどの驚異的な強さをもち、相手の技を一度観ただけで体得、二度見れば万全に自らのものとすることができるという「見稽古」という技がある。この能力により、教わっていないにも関わらず、父六枝と七花の稽古を見ることにより虚刀流の全ての技を身に着けている。だが他者の能力を習得するのは強すぎる自分の力を抑え、その強さに耐えられない体を持たせるためであり、見稽古をせずとも日本最強であることには変わりがない。また常人ならば何度も死んでいるはずの病にかかり続けているため、死なない程度の毒は全くものともしない。唯一の欠点は体力がなさ過ぎることであり、継戦能力はない。

声優:中原麻衣さん

出演作品
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV
  • 解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ
  • ひぐらしのなく頃に
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完

鑢六枝(声優:大川透さん)

七花・七実の父親。虚刀流六代目当主で、とがめの父である飛騨鷹比等を討ったことで、大乱の英雄と呼ばれていた。妻のみぎりを殺した疑いをかけられて不承島に子供たちと共に流刑に処され、その地で19年間虚刀流の跡取りとして七花を鍛えていたが、娘・七実の天才性に恐怖を抱き殺害を試みるも、息子である七花によって阻まれ、逆に命を落とすこととなった。

声優:大川透さん

出演作品
  • ひぐらしのなく頃に
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
  • ひぐらしのなく頃に
  • アルドノア・ゼロ
  • GOSICK-ゴシック-

鑢みぎり(声優:篠原恵美さん)

七花と七実の母親。六枝が仕えていた戦国六大名の一つ、徹尾家ゆかりの女。何者かにより殺され、それが七花たちが不承島に流される原因となった。七花は当時まだ幼く、母の顔は覚えていない。

声優:篠原恵美さん

出演作品
  • 美少女戦士セーラームーン
  • カードキャプターさくら クリアカード編
  • うみねこのなく頃に
  • 魔法騎士レイアース
  • 蒼穹のファフナー EXODUS

鑢一根(声優:阿部敦さん)

虚刀流開祖。七花たちの遠い先祖。1人山奥で剣の修行をしていたが、剣術の才能が無かったため、無刀の剣術・虚刀流を興す。四季崎記紀と面識があった。鳳凰の身体を乗っ取ったという四季崎記紀曰く「歴史など興味ないただの剣術バカ」だったらしい。

声優:阿部敦さん

出演作品
  • 解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ
  • 弱虫ペダル
  • ノケモノたちの夜
  • アイドリッシュセブン
  • とある科学の超電磁砲

否定姫(声優:戸松遥さん)

尾張幕府直轄内部監察所総監督。とがめの天敵で、彼女のことは名前ではなく「あの不愉快な女」としか呼ばない。本名不詳で、とがめ同様素性も公には不明。自分も含めて誰彼かまわず、彼女自身が「自分が否定姫である事以外の全てを否定する」と言う程ありとあらゆることをただ否定するのでこう呼ばれ、住居も「否定屋敷」と呼ばれる。背が高く、青い目に金髪という日本人には有り得ない外見を持つ。右衛門左衛門との共同所有という形で炎刀「銃」を所有しており、他の完成形変体刀のそれぞれの特性、能力についてもある程度知っている。変体刀について詳しいのは四季崎記紀の末孫であるため(右衛門左衛門に対して語った時は、例によって否定している)。とがめの過去は、彼女が彼我木輪廻に会いに行った跡を右衛門左衛門につけさせるまで知らなかった。

左右田右衛門左衛門(声優:小山力也さん)

否定姫の腹心。尾張幕府直轄内部監察所総監督補佐。元忍者。「不及(およばず)」「不答(こたえず)」「不得禁(きんじえず)」「不外(はずれず)」など、会話の際には、相手の言動に対して「不」の付く否定形の言葉を放つ。

家鳴匡綱(声優:藤本譲さん)

尾張幕府八代将軍。かなりの高齢。先の大乱時、幕府の指揮を執った。能力には疑問が見られ、否定姫からは内心で見下されており「貰った物を継いだだけの八代目などこの程度」と称されている。

般若丸(声優:松井尚吾さん)

妙に目つきの鋭い、前髪を不揃いに垂らした男。口元に般若のような面頬を付けている。絶対に折れない変体刀・絶刀「鉋」と、それによる突き技「報復絶刀」を使用するが、全力の『菊』で絶刀「鉋」を折られ「七花八裂(改)」で倒された。

鬼宿不埒(声優:宮原弘和さん)

坊主頭に髭面、僧形の男。斬刀「鈍」を使い、七花との戦闘前に五人を斬って「斬刀狩り」を発動させるが、白刃取りで受けて折られ「百花繚乱」で倒された。

巴暁(声優:勝呂美和子さん)

左目に眼帯をかけた女。敦賀迷彩同様に千刀流の使い手で、千刀「鎩」を両手に持ち、部屋中にも突き刺して「地形効果・千刀巡り」を発動させるが、七花に千刀「鎩」を破壊され、迷彩と同じく「鏡花水月」で倒された。

浮義待秋(声優:高橋研二さん)

総髪の髪を全て後ろに流した男。日本最強の剣士錆白兵の好敵手だった男で、それに相応しく薄刀「針」を壊さず扱う技量を持ち「薄刀開眼」を使う。しかし錆白兵との闘いで薄刀の特性を高いレベルで体験していた七花には通じず、(収集するためできなかった)筋をずらすことで薄刀を破壊されて「花鳥風月」で倒された。

伊賀甲斐路(声優:佐々木啓夫さん)

伊賀忍者。体を大きくする忍法「伊賀忍法 筋肉騙し」を使い、規格外の大きさである賊刀「鎧」を着用できた。初手を取ったものの、一度対した経験のある七花には特性も見破られており、空中へ放り投げられ落ちてきたところに「柳緑花紅」を受け、衝撃を逃がす事もできず鎧の中で肉体を破壊され息絶えた。

真庭孑々(声優:江口拓也さん)

美少年らしい。真庭忍軍の出自だが、先祖は二百年以上前に真庭忍軍を離反、尾張将軍家にのみ忠誠を誓った。物体の重さを操る「真庭忍法 足軽」が使えるため、超重量の双刀「鎚」を扱う事ができた。双刀の刀身を持って柄で攻撃する打撃技「双刀之犬」を使用したが、重量を軽くする事で“超重量の刀による攻撃力”という鎚の特色そのものを失わせてしまい「鏡花水月」で倒された。

胡乱(声優:菊本平さん)

奇抜な意匠の西洋眼鏡をかけた男で、拳法の使い手。悪刀「鐚」を体に刺し、身体を活性化する「悪刀七実」を発動させた。本人は七実を引き合いに出し、健康な肉体に用いた事による更なる優位さを信じていたが、重さを取り除かない状態で「『雛罌粟』から『沈丁花』まで、打撃技混成接続」を打ち込まれ死亡し、悪刀「鐚」も保有していた雷を使い尽くしてしまった。

灰賀欧(声優:儀武ゆう子さん)

豊かな髪を左右に振り分けた女。両手に鉤爪のような武器を備えている。七花が日和号に対して結局は動力切れによる勝利を選んだ事を知っており、自分の命令にだけ従うように設定変更された日和号(微刀「釵」)を従え、「微風東風」と自身による同時攻撃を仕掛けたが、「七花八裂、応用編」で返り討ちにあった。

墨ヶ丘黒母(声優:國分和人さん)

何かに怒っているような厳しい表情をした男。尾張一の獰猛者として知られていたが、王刀「鋸」を手にした事で「王刀楽土」が発動し、穏やかな心持ちで七花に対して戦いを避けられないかと説得しようとしたが相入れず、斬り結ぼうとするも首を折られ(原作では「錦上添花」で)死亡した。

皿場工舎(声優:早見沙織さん)

額に鉢巻を巻き、法被を着た少女。刀身の無い変体刀・誠刀「銓」を割り当てられたもののどうしていいか分からず、七花から戦闘を放棄して逃げ回る「誠刀防衛」の存在を聞くが使えるわけもなく、とりあえず投げつけた。原作では投げた後で接近戦を試みるが「飛花落葉」を受け、アニメでは七花から「とりあえず投げて使えば」と勧められ原作通り投げてみたものの七花にあざやかに膝蹴りで蹴り返され、蹴り飛ばした「銓」が額に直撃し、気絶した。 十一人衆で唯一の生き残り。

呂桐番外(声優:中田隼人さん)

恰幅のよい大男。毒刀「鍍」を使ったが、「猛毒刀与」の効果によってほとんど自我を失い、完全に乱心していた。そのため、本来の実力が発揮できないまま「落花狼藉」で倒された。 淡々と十一人衆を打ち破っていた七花も、乱心したその姿に「すぐ楽にしてやる」と同情を思わせる言葉を発していた。

真庭蝙蝠(声優:鈴木千尋さん)

「冥土の蝙蝠」。獣組。絶刀「鉋」の蒐集に成功し、その後とがめを裏切った。体内にどんなものでも収納できる柔軟な体質をしていて、絶刀「鉋」を呑み込んで保管していた。耳障りな甲高い声でしゃべり、「きゃはきゃは」と特徴的な笑い方をする。自身の「冥土」という異名を聞かされた七花の印象は「不思議と可愛い感じ」。 使用する忍法は、体内に収納した多量の手裏剣を一気に吐き出す「手裏剣砲(しゅりけんほう)」と、外見から声色まで自在に作りかえる「忍法骨肉細工(にんぽう こつにくざいく)」。しかし衣装までは変えられないため、変装用の衣装は自分で用意している。 卑怯卑劣が売りの忍者にしては珍しい接待好きと評されており、異名も「冥土の土産を大盤振る舞いする」ことが由来。ただ忍びとして育った結果、自分に役目が回ってきただけと語り、敵をいい気分にさせるためわざと負けるようなどお茶目な所がある。自分でも本来の姿に確信を持っていない。組を気にせず鳥組とも親しい間柄だったようで、人鳥の回想の中で寛ぎながら人鳥にとがめに対する情報(ひねくれている・腹の中まで腐ってる等)を語っているシーンがあり、蟷螂に対しても一目置いている。丹波の不承島で七花と戦い敗れ、真庭忍軍最初の殉職者となった。 身長五尺八寸。体重十五貫。趣味は「陶芸」。

真庭白鷺(声優:羽多野渉さん)

「逆さ喋りの白鷺」。鳥組。「ぜうらもてせら乗名」(「名乗らせてもらうぜ」)のように常に逆向きに喋っており、その喋り方自体が白鷺の使う忍法に密接に関係しているらしい。使用する忍法は「忍法逆鱗探し」という名前だが、詳細不明。斬刀「鈍」を入手すべく下酷城へ赴くが、銀閣のいる部屋に足を踏み入れた瞬間に一刀両断され死亡した(斬られた瞬間はそのことに気づかなかった)。

真庭喰鮫(声優:坪井智浩さん)

「鎖縛(さばく)の喰鮫」(登場回においては「先月登場しとけば」などと、言いもしないツッコミを自ら(原作では語り手が)入れている(ただしノイタミナ版ではカットされている。))。魚組。無益な殺生が好きで、金銭目的以外で働いたことがないのを誇りにしているが、誰に対しても敬語で接する慇懃無礼な人物。「〜ですね」など(主に「いいですね」)を3・4回繰り返して言うのが癖。 使用忍法は、鎖に繋いだ刀を高速回転させて相手をバラバラにする「忍法渦刀(にんぽう うずがたな)」で、幕府の関所を壊滅させたほどの戦闘力を持つ。使用する忍法の特性上、装束に巻いている鎖が他人より若干長い。七花に「まにわに」と直接呼ばれた最初の真庭忍軍だが、この奇妙な愛称を喜んでいた。「戦う理由をわざわざ考えるくらいなら、そもそも戦う必要はない」という旨を口にしており、これは奇しくも最終話で七花が同様のことを口にしている。千刀「鎩」を入手すべく出雲国三途神社に赴き攻撃を仕掛けるが、迷彩に自分の刀を両方とも使われ斬殺された。

真庭蟷螂(声優:保村真さん)

「首狩りの蟷螂」。虫組の指揮官。真庭忍軍の組では唯一頭領三人で行動を共にしており、絆も固い。回数に限度はあるが、自分の爪を数十秒から数分にかけて異様なほどの長さに伸ばすことができ、これを武器とする「忍法爪合わせ」を使う。そのため虫組の中では最も戦闘向きと評される。誰を相手にしても過大評価も過小評価もしない人格者。虫組で丹波の不承島に赴き、蟷螂の単独行動にて鑢七実をさらいに襲いかかるが、攻撃をかわされたあげく逆に七実に捕らえられて拘束され、武器となる爪をすべて剥がされた上、拷問的な仕打ちを受ける。従うふりをして反撃を狙うが、返り討ちにあい絶命する。

真庭蝶々(声優:阪口大助さん)

「無重の蝶々」。虫組。喰鮫とは逆に無益な殺生を好まない。使用する忍法は、自分や自分が持った物の重量を消す「忍法足軽」。それを応用し、人を自身の肩の上に乗せて海の上を移動することができる。また真庭忍軍独自の武術真庭拳法の使い手でもある。南方の生まれで、真庭の里の出身ではなかった。同じ十二頭領の一人である鳥組の真庭鴛鴦と婚約している。紙巻煙草(アニメ版での銘柄は「舞流怒」)を吸っていたが、鴛鴦との結婚の条件として禁煙している。蟷螂の敗死を察すると、敗北を承知で仇討ちと次の手の捨石となるために蜜蜂を残して七実に勝負を挑む。当初は足軽を用いた身軽な動きで優位に戦っていたかに見えたが、見ただけで足軽を習得した七実の前に敗れ去る。 アニメ版では、初代真庭蝶々と鑢一根との邂逅について言及している。

真庭蜜蜂(声優:三浦祥朗さん)

「棘々の蜜蜂」。虫組。使用する忍法は、20丈先からでも百発百中の精度で、毒を仕込んだ巻菱を飛ばす「忍法巻菱指弾」。虫組頭領で一番若く、また一番長身。少々控えめな所があるが虫組同士の友情は篤く、虫組の将来を託されていた。蟷螂と蝶々の敵を討つために七実に麻痺毒付きの巻菱指弾を打ち込むことに成功。勝利を確信し饒舌となるが、実は全く通用しておらず七実が知りたかった情報を喋らせられることになる。その直後、自分が投げた巻菱指弾に蟷螂が自決のために奥歯に仕込んでいた毒を塗られた物を打ち返されて戦闘不能となり、毒で死ぬよりも斬り殺されることを選ぶ。命乞いの代わりに三人一緒に葬ることと、線香代わりに蝶々の煙草を立てることを懇願した。

真庭狂犬(声優:根谷美智子さん)

「伝染の狂犬」。獣組。真庭の里の観察者。真庭忍軍で人一倍情に篤い。こなゆきに乗り移る前の体は長い髪を後ろでひとつに縛った女。全身に黒い直線が出鱈目に這ったような刺青がある。使用する忍法は、触れた相手に刺青を介して体から体へ残留思念を移し、対象の体と記憶、経験、知識などを乗っ取る「忍法狂犬発動」。ただし狂犬自身が女性であるため、男性には使用不可。身体ではなく刺青が狂犬の本体とも言え、この忍法によって100人を越える手練の女性武術家の体を乗り換え続けており、真庭の里の創生期から存在している(アニメ版ではこなゆきに憑依した後、前の体は灰のようになって砕け散った)。また、乗っ取った相手の記憶を引き継ぐことができ、他の体に移っても前の憑依した相手の記憶を持ち続けることができる。残留思念だけで存在している自分を恥じており、それゆえ仲間の生命に関するこだわりは人一倍強い。 鳳凰の話を聞かずに暴走し、仲間の仇である七花を殺すべく単身で蝦夷・踊山に向かい、こなゆきの肉体を乗っ取り七花に戦いを挑む(ただし、この時点で七花が殺したのは蝙蝠だけであり、白鷺を殺したのは銀閣、喰鮫を殺したのは迷彩、虫組を殺したのは七実なのだが、彼女はそれを知らない)。だが、武道の心得があるため動きを読まれてしまい、「飛花落葉」で皮膚=刺青だけを攻撃され敗れる。

真庭川獺(声優:川田紳司さん)

「読み調べの川獺」。獣組の指揮官。使用する忍法は、石や机、刀などの無生物が持つ「記録」を読むことが出来る「忍法記録辿り」。探魂法のようなものなので、人の心を読むことは出来ない。蝙蝠の一番の友人にして、良きライバル。誰に対しても常に飄々とした態度で接し、自分の命に対する執着がほとんどない。真庭の里の出身だが、父方の血に陸奥のものが入っているため、死霊山神衛隊の交霊術と「忍法記録辿り」の関連性が作中で言及されている。 七花&とがめと真庭忍軍との同盟を交わした矢先、真庭狂犬の独断専行による七花を襲った理由により信頼失墜、同盟破綻ともいえる事態に陥った際、その責任として、とがめと七花の前で自らの首を差し出し真庭鳳凰によって殺害された。片腕を失っていた鳳凰は彼の腕を取り込んで両腕に回復し、「忍法記録辿り」も使えるようになった。

真庭海亀(声優:関俊彦さん)

「長寿の海亀」。魚組の指揮官。一見すると若い風貌の男だが実は結構な年で、本人によると若作りしているらしい。一人称は「わし」で、事あるごとに自身を「最高格好よくて最高いかした最高強い最高もてもて最高金持ち」と評する。南蛮渡来の刺突剣であるレイピアを帯刀しており、忍術に関しては「ほとんど使えぬ」と語る一方、剣術に関しては「虚刀流や錆白兵にも引けを取るつもりはない」と豪語する。 七花ととがめが微刀「釵」の収集している時に、人鳥の情報を基に信州にあるという完成形変体刀を探しに赴く。そこで右衛門左衛門に行く手を阻まれ交戦するが、力及ばず敗死する。

真庭鴛鴦(声優:山像かおりさん)

「巻戻しの鴛鴦」。鳥組。全身に鎖を巻いたしのび装束でも隠しきれないほどの妖艶さを持つ女。同じ十二頭領の一人、虫組の真庭蝶々と婚約している。目上の鳳凰に対しては敬語を使うが、基本的には蓮っ葉な話し方をする。使用する忍法は、1つの持ち手から10本に枝分かれして1つ1つの先端に刃物がついている鞭を両手に1本ずつ持ち、それを同時に振り回して操る「忍法永劫鞭(にんぽう えいごうべん)」で、その攻撃特性は彼女曰く「防御こそ最大の攻撃」という攻防一体の技。 毒刀「鍍」を入手した矢先に、否定姫から真庭忍軍暗殺の命を受けた右衛門左衛門の襲撃を受け、人鳥と鳳凰を逃がし殿を引き受けた。一時は永劫鞭で押すが、右衛門左衛門の炎刀「銃」に撃たれ、蝶々を想いながら息絶える。

真庭人鳥(声優:広橋涼さん)

「増殖の人鳥」。魚組。年端もいかない小柄な童子であるが、真庭忍軍頭領の中でも鳳凰に次ぐ実力者とされている。特に情報収集とその分析に関しては、鳳凰に「お前の情報には千に三つの誤りもない」と言わせるほど。自らの忍術の影響で、常に何かに怯えたような態度でたどたどしく挙動不審の気があるが、頭領の1人として自分の意見はしっかり口にする。使用する忍法は、人鳥を狙って放たれた飛び道具を自らの強運によって当たらなくする(一発必中とされている蜜蜂の「忍法巻菱指弾」ですら全く当たらない)「忍法運命崩し」と、反射によって加速し威力を増す2つの楕円形の球「柔球」を跳ね回らせ、「運命崩し」と組み合わせて使用する「忍法柔球術」。 毒刀「鍍」の毒に体を乗っ取られた鳳凰に斬られ瀕死の重傷を負い、出羽に逃げて道中で倒れたところをその場に通りかかった七花ととがめに助けられ、鳳凰の危機をとがめに託す。七花ととがめが去った後に右衛門左衛門が現れ、狭い旅館の一室という好条件の下で「忍法柔球術」を用いて優位に戦局を進めたが、自らの意思の宿らない跳弾を用いた右衛門左衛門の射撃の前に敗れる。この段階ではまだ重傷を負うに留まり戦闘不能程度の状態であったが、「感情の不安定な子供であるが故に、見逃せば思わぬ障害になる危険性がある」と判断した右衛門左衛門により、確実に致命傷を与えるためにと口に銃口を咥えさせられた状態で発砲され、落命した。死ぬ間際に「戦いたくなんてなかった」と嘆き、右衛門左衛門は「そんな情けないことを言って死ぬのは、歴史上お前が初めてだ」と侮蔑した。

真庭鳳凰(声優:置鮎龍太郎さん)

「神の鳳凰」。謎多き男。鳥組の指揮官で、実質的な真庭忍軍の頭。すらりとした長身で、伸ばした髪を真っ直ぐに下ろしている。十二頭領の中で唯一、実在しない動物の名を冠している。使用する忍法は、自分の身体を切り落として他人の身体を繋ぎ直し、その特性を奪う「忍法命結び」と、詳細不明の「忍法断罪円」。かつてリーダーシップ(社会性)を得るために後の右衛門左衛門から顔面の上半分を奪い、その副産物として「忍法生殺し」(鳳凰が使う「忍法断罪円」と右衛門左衛門が使う「不忍法不生不殺」)が使えるようになった。 七花ととがめが薩摩に着いた時点で真庭忍軍の頭領が半数に減っていたため、とがめを信用させるために自ら左腕を切り落とし、同盟(とがめに言わせると一時休戦)を結ぶ。この時、とがめは自分が所在を知っている双刀「鎚」のありかを、鳳凰は3振りの変体刀のありかを教えあった上で、鳳凰は否定姫が動き出したことをとがめに伝えた。その後、独断で動いた狂犬を止めに川獺と共に蝦夷に向かうも間に合わなかった。川獺を殺害し、収集に有効な忍法記録辿りを封じてとがめとの同盟破綻の回復の証としたように見せたが、その後で川獺の左腕を自らの左腕として接続、「忍法記録辿り」を使用できるようにするなど狡猾さも併せ持つ。 毒刀「鍍」に忍法記録辿りで触れてしまったことで刀の毒に体を乗っ取られ、真庭の里を皆殺しにした後、変体刀の実態を語り、歴史上暫くは破られる予定の無い突き技を放つなど四季崎記紀本人であるかのような言動を取る様になった。とがめはこれを乱心の一種、「他人になったという思い込み」ではないかとも述べており、本当に四季崎記紀の思念が蘇ったのかは判然としない。 32歳。身長五尺九寸四分。体重十六貫。趣味は「気苦労」。

真庭蝙蝠(声優:鈴木千尋さん)

絶刀「鉋」の所有者。真庭忍軍を参照。丹波の不承島で七花と戦い敗れる。
限定奥義:報復絶刀(ほうふくぜっとう)
絶刀「鉋」による荒い突きと、大跳躍からの袈裟懸け斬り。

宇練銀閣(声優:宮本充さん)

因幡国下酷城城主。居合い抜きの達人で、目にも留まらぬ速さの抜刀術「零閃(ぜろせん)」の使い手。射程内の敵なら一刀両断だが、射程以外の頭上や真上に対して無防備なのが致命的な弱点。先祖から斬刀「鈍」を継いでいる。環境変化で全土が砂漠と化した因幡国の最後の住人。いつも寝てばかりいるが、実際には立て付けを悪くした襖を開ける音で目を覚ますほど眠りが浅い。 32歳。身長五尺四寸二分。体重十四貫二斤。趣味は「睡眠」。 散り際の一言は「これでやっと……ぐっすり、眠れる」。
限定奥義:斬刀狩り(ざんとうがり)
斬刀「鈍」を血で濡らし、鞘との摩擦係数を減らして光速を超える居合いを繰り出す。その原理ゆえに「斬れば斬るほど速くなる」。彼の先祖である宇練金閣(うねりきんかく)の一万人切りの真相。

敦賀迷彩(声優:湯屋敦子さん)

出雲国三途神社の長。帯刀せずに相手の刀を利用して攻撃を仕掛ける奪刀術千刀流の使い手。出雲を守護していた護神三連隊の、二番隊隊長で千刀流を教えていた剣道場の道場主の一人娘だった。大乱で戦災孤児となり、千刀「鎩」が頭目に受け継がれている山賊衆に参入したが、三途神社を襲って先代の敦賀迷彩を殺した際に「自分の代わりに神社を守れ」と言われたことがきっかけで山賊を抜け、敦賀迷彩の名と立場を継いだ。黒巫女の治療に刀の毒を用いていた。傷ついた迷い人を受け入れ癒す度量と人格の持ち主。とがめに「鎩」の原型となった最初の1振りを探させ、それが成功した後に七花と刀を賭けて試合をする、という取り引きをした。とがめからそうと思わしき刀を差し出された時には「お前がそうと言うならそうなのであろう」と言った。七花と語り合い理解するものもあったが、刀を譲ることと戦わないことはできず、最後は七花との勝負に負け絶命したことで、とがめは心を深く痛めた。これを期にとがめは約束として今後の七花との対戦相手を無闇に殺さぬよう七花と向き合う事となる。その後迷彩亡き後、2人の弟子が神社の長として後を引き継いだ。七花との最期の打ち合いの際には、「千刀流十二代目当主」と名乗っていた。 本名不明。年齢不詳。身長五尺八寸。体重十三貫一斤。趣味は「飲酒」。
限定奥義:地形効果・千刀巡り(ちけいこうか・せんとうめぐり)
千刀「鎩」をあらゆる場所にしかけ、そこに敵を誘い込む。敵を精神的に追い詰めることも可能。
迷彩の弟子
アニメオリジナルキャラ。迷彩の側近を務める双子の黒巫女。戯言シリーズの匂宮兄妹を元にデザインされている。
黒巫女(くろみこ)
三途神社境内で姿を見かける、揃いの黒装束と仮面を身につけた巫女たち。全員が心の傷を持ち、他に行く場所もない。一人一人が千刀「鎩」を持つ。

錆白兵(声優:緑川光さん)

堕剣士。周防の巌流島で七花と決闘する。真庭忍軍に裏切られた後、とがめに依頼されて「刀集め」にでた“日本最強の剣士”。最初に入手した薄刀「針」に魅入られて裏切った。「拙者にときめいてもらうでござる!」が口癖。女と見まごうような総髪の美青年。空に浮かぶ太陽ですら真っ二つにできるという触れ込みで、その名に恥じぬ強力で多彩な剣技を持つ。果たし状を渡すなど、古風な男である。全存在を剣にのみ懸け、それ以外は眼にも入らず、恐怖も戦慄も躊躇もない男。 20歳。身長五尺三寸。体重十一貫五斤。趣味は「剣法」。 最期に七花に「鑢は四季崎の忘れ形見で、錆は四季崎の失敗作」「虚刀流は四季崎のケットウ」という謎めいた言葉を残しており、それが虚刀流と全刀流の正体に関する伏線となっている。 ストーリー上大きな役割を果たすかのように扱われていたが、七花との決闘の描写がすべて省かれるというサプライズがあった。とくにアニメ版では、第3話における次回予告で七花との決闘シーンが描かれながら、第4話では七花ととがめの会話に出てくるのみで、原作同様の展開となった。
限定奥義:薄刀開眼(はくとうかいがん)
巌流島において鑢七花と決闘した際、錆が使ったらしい薄刀・針の限定奥義。錆との戦闘自体が直接描写されなかったため詳細不明。七花は「ただ脆いだけかと思っていた薄刀にあんな利点があるとは思わなかった」と語っている。

凍空こなゆき(声優:日高里菜さん)

蝦夷の壱級災害指定地域、踊山に住む凍空一族の最後の生き残り。一人称は「うちっち」で、語尾に「っち」を付けることが多い。腕と脚の凍傷と低体温症で倒れた七花を前に慌てるとがめを発見し、二人を住居に運んだ。凍空一族は出雲のダイダラボッチを祖とし、一族特有の怪力で、この世で最も重い刀、双刀「鎚」を持ち運びできる(現在では)唯一の人物。元々村長の長男が双刀「鎚」の所有者だったが、こなゆきが1人で散歩に出ている間に鑢七実の手にかかり全滅した。それ以来洞窟に住処を変えて兎などを狩りながら暮らしてきた。その寂しさから、山を訪れた七花ととがめに「所有者としての『資格』がなければ刀は渡せない」と嘘をついて足止めした(とがめにはバレていた)が、根は善良な少女。凍空一族は狩りに刃物をほとんど使っていなかったため、とがめに訊ねられるまでこなゆきは「鎚」の存在を知らず、刀を見たことが無かった。それまでの変体刀所有者と違い剣術や武術の心得は全くなく、怪力自体も同年代の凍空一族と比べても一族最弱。半ば遊びとして勝負するが、素人故に七花は動きが全く読めず、左腕を骨折して敗北する。七花が唯一勝てなかった人物である。 真庭狂犬に肉体を乗っ取られるが七花に救われ、双刀「鎚」を尾張に運ぶ。その後、三途神社の護衛となり、その天真爛漫さで黒巫女の心を癒すのにも一役買っているらしい。 11歳。身長四尺二寸。体重八貫三斤。趣味は「散歩」。
限定奥義:双刀之犬(そうとうのいぬ)
双刀「鎚」を振るって敵に飛び掛り、寸前で持ち手を変えて剣の反対側をぶつける打突攻撃。どちらが上か分かりにくい双刀「鎚」の構造を利用した技。実際に放ったのはこなゆきの身体を乗っ取った真庭狂犬。

日和号(声優:遠藤綾さん)

四季崎記紀が生前もっとも愛した女性を模したからくり人形であり、微刀「釵」そのもの。江戸の壱級災害指定地域、不要湖を数百年にわたって徘徊し、射程距離に入った人間を無差別に攻撃する。このため不要湖にはうかつに人間が近づけず、それが理由で壱級災害指定地域に指定されている。「不要湖に捨てられたがらくたの化身」などと言われ、「がらくた王女」とも呼ばれている。とがめと否定姫は、「不要湖のどこかにある四季崎記紀の工房を守り続けている」との推測を立てていた。最後は曇天下での七花との持久戦による戦いで燃料切れと共に動力が止まり、敗北となった。この戦いで七花は人間としての心を知った。 四本の腕と四本の脚を持ち、首が百八十度回転し、口にあたる部位からは槍を突き出す。脚を変形させてヘリコプターのように飛ぶことも出来る。動力源は太陽光。 年齢不詳。身長六尺八寸。体重十七貫三斤。趣味は「無趣味」。
反撃技:人形殺法
高速移動と同時に装備状の武器を自在に操り「竜巻」、「旋風」、「春一番」、「突風」、「嵐」、「砂嵐」、「台風」、「カマイタチ」、「微風刀風(最後に登場)」などあらゆる技を繰り出し敵を追い詰め切り刻む。
限定奥義:微風刀風(びふうとうふう)
人形殺法の奥義で、人形殺法の最後に登場する大技。逆立ちの状態になって4本の足を高速回転させ、手のばねで一気に飛び上がり、そのまま飛行して敵を切り刻む。

汽口慚愧(声優:伊藤静さん)

棋士の聖地、出羽の将棋村に道場を構える心王一鞘流の十二代目当主。直毛で長い黒髪の女性。王刀「鋸」の性質ゆえに変体刀の毒気に当てられず、門下生のいない道場を守る、これまでの変体刀の所持者とは違う“真人間”。が、逆に“真人間”過ぎて人間味が薄く、それが門下生を離れさせたのではないかととがめは考察している。とがめに、剣ではなく将棋を取れば間違いなくとがめ以上の腕前になったであろうと評された、文武両道の人物。道場を継ぐまでは将棋三昧の日々をしていて刀の修行は殆どしていなかったが、道場を継げる者が彼女しかいなかったためやむなく継ぐこととなり、当初は嫌々だったのが王刀・鋸を手にしたとたんそのことを受け入れてしまった、という経緯がある。心王一鞘流の当主は本来は血筋によらない(現当主が例外的)。 とがめとの将棋対決にとがめが勝ったら七花との対決を受け入れる、と約束した。しかし、将棋対決の後で七花が防具を付けず刀を持たずに対決しようとしたことを「見くびられた」「七花側が不利」と断じて防具を着けての木刀での試合を無理強いし、七花はこれに負けた。そのため、王刀「鋸」を懸けて対等に戦えるように心王一鞘流の初めての門下生として約10日間ほど七花を迎え入れ、慚愧から刀剣を学ぶ修行の日々が暫く続いた。七花にとって刀剣術を教えてもらった師匠とも言える人物でもある。一方とがめは、道場に来る度に見た見間違いにより慚愧と七花が恋仲になったと誤解した挙句、七花に対して攻撃的に接する嫉妬やヤキモチの日々が暫く続いた。それ以来七花を意識し始め遂にとがめは自身の思いをファーストキスで表し七花に思いをぶつけた(奇策のために七花に修行で身に付いたことを忘れさせるためでもある)。 その後、慚愧と七花との剣道による決戦で、とがめ自身が審判であることを利用した、将棋の棋譜を囁くという横槍による心理戦(もちろん反則技)によってついつい将棋のことを考えてしまい、あっけなく敗れ去った(語り手曰く「地味に決着がついた」)。その後、改めて慚愧は防具着用、七花は防具無しの普段の姿で対決し、威力を6割ほどに落とした飛花落葉に敗れ、その強さを認めて自分の非礼を詫びた。その際、刀を持つと弱くなる虚刀流の血筋を「(普通とは逆なので)呪われているようだ。」と評した。修行の休憩の合間に七花から聞いた敦賀迷彩の名に興味を示していた。 24歳。身長五尺八分三寸。体重十二貫。趣味は「素振り」。
限定奥義:王刀楽土(おうとうらくど)
汽口の祖父が王刀を持った瞬間に感じた状態をこう呼んでいた。王刀の効果により毒気が抜け、精神的王道を進んでいる状態。

彼我木輪廻(声優:伊東みやこさん)

誠刀「銓」の所有者。奥州は陸奥の百刑場に住む仙人。七花ととがめが接触した際には、七花が苦手意識を持ったか苦戦した相手である慚愧、七実、こなゆき、迷彩を混ぜ合わせた少女の姿に、とがめが内心苦手にしていた彼女の父親に似た言動をする人物に見えており、とがめは「相手の苦手意識を反映している」と分析した。相手の苦手意識を逆撫でする、人を喰った言動を取る。四季崎記紀の顔見知りでもある。四季崎記紀から貰ってすぐに地中に埋めた「銓」をとがめ1人に発掘を行わせ、その間、自らは七花をおちょくるように彼と手合わせを行い、「真の目的のためには本来の目的を諦めなければならないことがある」と、二人に覚悟について教えた。戦闘力は良く見積もっても七花の7割程だが、輪廻自身が「君は10の力を攻撃と防御に半分ずつ使っているから、全力で防御する僕には勝てない」と語るように、七花との戦いで力の全てを防御に回して逃げ回り、試合放棄に至って結果的に引き分けとなった。とがめが「銓」を彼に差し出した際、虚刀流が「四季崎の血刀」である「完了形変体刀」であることを語った(彼はその直前、「(とがめが)まさかそれを知らずに虚刀流を連れて完成形変体刀を集めていたとは思わなかった」と驚いていた)。 とがめに誠刀「銓」を託した後、百刑場から姿を消したらしい。 自称300歳で、人間だった頃も含めると350歳ほどという。身長四尺二寸。体重八貫三斤(どちらも推測とされており、こなゆきと同じ数値)。趣味は「草笛」。
限定奥義:誠刀防衛(せいとうぼうえい)
攻撃を放棄し、自身の戦闘力の全てを防御・回避に費やす自らの戦法を、誠刀「銓」の特性になぞらえて輪廻自身が称した。

真庭鳳凰(声優:置鮎龍太郎さん)

毒刀「鍍」の所有者。真庭忍軍を参照。伊賀の山間部に新設された新・真庭の里で試し斬りしながら、七花達を待ち受ける。 物語の時代から150年後の剣術で七花に戦いを挑むも、割とあっさり見切られ、空中で七花八裂(改)を受けて絶命する。
限定奥義:猛毒刀与(もうどくとうよ)
四季崎記紀に乗っ取られた鳳凰自身が自分の状態をこう称した。あまりに強すぎる「刀の毒」にあてられた状態。

四季崎記紀(声優:森功至さん)

柄師、鍔師まで兼任し、刀にまつわる全てのことをたった一人でやってのけた天才的な刀鍛冶。占い師の家系の生まれで一族最強の予知能力者でもあり、刀鍛冶になる前は占い師をしていた。「変体刀」の刀作りの知識は未来の技術を逆輸入したもの。輪廻曰く「否定的な人物」だったらしい。 その目的は、「日本が海外からの侵略戦争で滅びる」という未来を回避すること。かつて初代四季崎がこのように予言し、一族(特に記紀)はその未来を回避すべく奔走している。

飛騨鷹比等(声優:川島得愛さん)

とがめの父親。奥州の顔役。尾張幕府の謀反人。鑢六枝が唯一好敵手と認めた男。二十年前に死亡。傍から見ると相手を見透かし過ぎ、達観し過ぎた、人を突き放すかのような言動をしていたらしく、娘のとがめ(容赦姫)は内心で彼を苦手としていた。しかし、家族への愛情は本物で、自らの敗北を悟った時に娘に「愛していた」と言い残して、六枝の下に赴いた(のちにとがめはこれを「卑怯だ」と評した)。この時、自分が殺される場面を娘に見せないように彼女に隠れているよう指示したが、彼女は結局、襖の隙間から彼が六枝に処刑されるところを目撃してしまう。また、娘に「もし私の読みが正しければ、お前は死なないはずだ」と言う意味深な言葉も残した。

アニメ『刀語』に関するよくある質問

アニメ「刀語」はどこで見れる?

アニメ「刀語」は、見放題配信している動画配信サービス「DMM TV」で視聴することができます。30日間無料の無料お試し期間もありますので、1話から最新話まで「DMM TV」で見逃し視聴するのがおすすめです。

アニメ「刀語」はいつから放送?

アニメ「刀語」は、2010年1月25日からフジテレビで毎週深夜25時10分に放送されます。

アニメ『刀語』の続きは?

『刀語』は放送終了しており、VODサービスで配信中です。

次シーズンの発表がありましたらこちらに追記致します。

アニメ『刀語』の原作は?

アニメ『刀語』は小説が原作となっています。

アニメの内容を詳しく知りたい方や、続きを読みたい方は原作小説も手に取ってみてください!。

『刀語』のアニメの再放送予定は?一挙放送はある?

アニメ『刀語』は現在再放送や一挙放送の予定などはありません。

アニメ『刀語』を視聴したい方は動画配信サービスをご活用ください。

各話あらすじ出典:U-NEXT

キャラクター紹介出典:Wikipedia

2024年夏アニメ

土曜日
日曜日
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日

本ページの情報は2024年06月19日時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

ABOUT ME
blank
エンタメLOVE編集部
AndroidTVやTVチューナーなど、テレビ事業関連の上場企業である株式会社ピクセラ及びグループ会社であるbiz・Creave株式会社のVOD・電子書籍のメディア編集部。放送中のアニメ作品・ドラマ作品や注目の劇場公開中の映画は当然チェック。動画配信サービスとDVDレンタルサービス、電子書籍配信サービス、映画館をフル活用して話題作や過去の名作を味わう日々を送っている。男性編集者のみなのが最近の悩み。エンタメうさぎも所属。
関連記事
本作を視聴できる動画配信サービス・無料見逃し配信の調査結果 アニメ

KING OF PRISM ALL STARS -プリズムショー☆ベストテン- ストリートルートの配信・視聴方法は?無料期間があり全話見放題視聴できる動画配信サービスまとめ

2023年12月10日
https://pixela.co.jp/vod/wp-content/uploads/2023/01/サイモンセッズ-ニュースレター-メールヘッダー-31.png エンタメLOVE(VODおすすめ比較)
アニメ「KING OF PRISM ALL STARS -プリズムショー☆ベストテン- ストリートルート」は、TVerでの無料見逃し配信はな …
本作を視聴できる動画配信サービス・無料見逃し配信の調査結果 アニメ

アニメ「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」の配信を無料視聴できる動画配信サービスまとめ

2023年2月25日
https://pixela.co.jp/vod/wp-content/uploads/2023/01/サイモンセッズ-ニュースレター-メールヘッダー-31.png エンタメLOVE(VODおすすめ比較)
アニメ「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」は、TVerでの無料見逃し配信はなく、DMM TVなどの無料期間のある動画配信サービスで全話見放題で見逃し視聴 …
七つの魔剣が支配する アニメ

アニメ「七つの魔剣が支配する」の配信はどこ?無料で見逃し視聴できる動画配信サービスまとめ

2023年5月28日
https://pixela.co.jp/vod/wp-content/uploads/2023/01/サイモンセッズ-ニュースレター-メールヘッダー-31.png エンタメLOVE(VODおすすめ比較)
アニメ「七つの魔剣が支配する」は、2023年7月7日からTOKYO MXほかで毎週金曜日深夜24時30分に放送されている作品です。 本記事で …
アニメ「アークナイツ【黎明前奏/PRELUDE TO DAWN】(1期)」の配信・視聴方法は?無料期間があり全話見放題視聴できる動画配信サービスまとめ アニメ

アークナイツ【黎明前奏/PRELUDE TO DAWN】(1期)の配信・視聴方法は?無料期間があり全話見放題視聴できる動画配信サービスまとめ

2023年10月29日
https://pixela.co.jp/vod/wp-content/uploads/2023/01/サイモンセッズ-ニュースレター-メールヘッダー-31.png エンタメLOVE(VODおすすめ比較)
アニメ「アークナイツ【黎明前奏/PRELUDE TO DAWN】(1期)」は、TVerでの無料見逃し配信はなく、DMM TV/U-NEXT/ …
本作を視聴できる動画配信サービス・無料見逃し配信の調査結果 アニメ

アニメ「ラーバ(Larva) シーズン2」の配信を無料視聴できる動画配信サービスまとめ

2023年10月31日
https://pixela.co.jp/vod/wp-content/uploads/2023/01/サイモンセッズ-ニュースレター-メールヘッダー-31.png エンタメLOVE(VODおすすめ比較)
アニメ「ラーバ(Larva) シーズン2」は、TVerでの無料見逃し配信はなく、DMM TVなどの無料期間のある動画配信サービスで全話見放題 …
本作を視聴できる動画配信サービス・無料見逃し配信の調査結果 アニメ

アニメ「デス・パレード」の配信を無料視聴できる動画配信サービスまとめ

2023年9月5日
https://pixela.co.jp/vod/wp-content/uploads/2023/01/サイモンセッズ-ニュースレター-メールヘッダー-31.png エンタメLOVE(VODおすすめ比較)
アニメ「デス・パレード」は、TVerでの無料見逃し配信はなく、DMM TVなどの無料期間のある動画配信サービスで全話見放題で見逃し視聴できま …
本作を視聴できる動画配信サービス・無料見逃し配信の調査結果 アニメ

アニメ「魔法つかいプリキュア!」の配信を無料視聴できる動画配信サービスまとめ

2023年8月24日
https://pixela.co.jp/vod/wp-content/uploads/2023/01/サイモンセッズ-ニュースレター-メールヘッダー-31.png エンタメLOVE(VODおすすめ比較)
アニメ「魔法つかいプリキュア!」は、TVerでの無料見逃し配信はなく、DMM TVなどの無料期間のある動画配信サービスで全話見放題で見逃し視 …
本作を視聴できる動画配信サービス・無料見逃し配信の調査結果 アニメ

アニメ「銀魂゜(3期)」の配信を無料視聴できる動画配信サービスまとめ

2023年11月9日
https://pixela.co.jp/vod/wp-content/uploads/2023/01/サイモンセッズ-ニュースレター-メールヘッダー-31.png エンタメLOVE(VODおすすめ比較)
アニメ「銀魂゜(3期)」は、TVerでの無料見逃し配信はなく、DMM TVなどの無料期間のある動画配信サービスで全話見放題で見逃し視聴できま …
error: Content is protected !!