青年マンガ

漫画「正統派悪役令嬢の裏事情」のあらすじネタバレ、無料で読める電子書籍サービス・マンガアプリまとめ

※本ページにはプロモーション(広告)が含まれています

正統派悪役令嬢の裏事情」は、独占先行配信されているマンガアプリ「めちゃコミック」で読むのがおすすめです!

独自見どころ(編集部)

本作は、小説世界の悪役令嬢に転生した女性が運命を変え、真実の愛を見つける物語です。
幾重にも重なる困難の中で主人公セリアが成長し、愛と運命に立ち向かっていくストーリーがとても魅力的です。
次元を跳躍する小説のメインヒロインであるリナ、元婚約者のカリス、そしてこの世界で愛を紡ぐことになるルシェらとの物語にきっと惹き込まれることでしょう。

タメぞう
タメぞう
小説世界の悪役令嬢に憑依してしまった女性が異世界で生き延びるために運命に挑む物語がとっても素敵だにゃ!カリスとルシェ、二人の男性との恋愛や家族関係、そして壮大な運命が交錯する圧巻の物語。一見不運な状況下で転生した主人公の挑戦が熱く、彼女の成長と変化に最高にときめくにゃ!
漫太郎
漫太郎
異世界の貴族社会や魔力が宿る環境など、細部にわたって作り込まれた世界観に引き込まれる。リナやカリスなど、魅力的ではあるが不安定な登場人物たちからも目が離せないぜ。

本記事では、漫画「正統派悪役令嬢の裏事情」のあらすじネタバレ、無料で読める電子書籍配信サービス、おすすめのマンガアプリをご紹介します。

無料で読める作品が充実

めちゃコミック
無料会員登録をする

*独占先行配信も充実!!

漫画「正統派悪役令嬢の裏事情」を全巻無料で読む方法の調査結果

調査の結果、漫画「正統派悪役令嬢の裏事情」を全巻無料で読める電子書籍サービスはありませんでした。

漫画「正統派悪役令嬢の裏事情」の最新巻を無料で読む方法の調査結果

調査の結果、漫画「正統派悪役令嬢の裏事情」の最新巻を無料で読める電子書籍サービスはありませんでした。

漫画「正統派悪役令嬢の裏事情」を無料で読めるマンガアプリの調査結果

漫画「正統派悪役令嬢の裏事情」を読めるマンガアプリの調査結果は下記の通りです。

マンガアプリ 配信 無料
ピッコマ
ジャンプ+
LINEマンガ
マンガBANG!
マガジンポケット
サンデーうぇぶり
マンガMee
マンガワン
マンガUP!
マンガPark
スキマ
めちゃコミ あり 9巻
comico
GANMA!
マンガボックス
マンガKing
ゼブラック
ヤンジャン!
ガンガンオンライン
マンガほっと
サイコミ

漫画「正統派悪役令嬢の裏事情」は、マンガアプリ「めちゃコミ」で9話まで無料で読むことができます。待ち時間など時間はかかりますが、無料にこだわりたい時にはマンガアプリも活用しましょう!

最新巻を無料で読める電子書籍サービスもありませんが、漫画「正統派悪役令嬢の裏事情」はでクーポンやポイントを活用してお得に読むことができますので、こちらを活用してください!

また、めちゃコミックは本作を読めるだけでなく、非常に多くの作品で無料で読める話数が充実していますので、漫画が好きな方にはとてもおすすめです!独占先行配信も多いので、是非チェックしてみてください!

無料で読める作品が充実

めちゃコミック
無料会員登録をする

*独占先行配信も充実!!

「正統派悪役令嬢の裏事情」の全話あらすじネタバレ感想

「正統派悪役令嬢の裏事情」51話のあらすじネタバレ感想

皇室が異例の速さで結婚を正式に認めたことで、ベンやリノン、スーザンといった家臣たちは湧き立ち、セリアが正式に大公妃殿下となることに歓声を上げる。さらには冬季には皇帝陛下が直々に招集を重ねても魔獣の存在を理由に帝都に行くことを拒否してきたルシェが、セリアと正式に夫婦になるため、いち早く帝都に向かうことを提案したことも驚かせていた。

しかし、この話を持ち出した時のセリアの反応はイマイチであり、自分との温度差を感じたルシェは、セリアの様子次第では帝都に行く日が遠いかもしれないと不安を吐露する。

湖畔で一人思い悩むセリアのもとに護衛騎士のビビが到着し、セリアは自分の心のうちを明かす。それは結婚への恐怖であり、原作小説を知る自分だからこそ、運命がルシェをカリスのように変貌させてしまうかというものだった。それを聞いたビビは早速カリスを暗殺しに向かおうとするが、即座にセリアはそれを制止する。

もう少し一人で考えを巡らそうとしたセリアだったが、そこにルシェが現れる。ルシェはここしばらくセリアに避けられていたことに不安になっており、その理由を教えてほしいと懇願する。

タメぞう
タメぞう
ルシェが一人の女性の悩みを知るためだけに懇願までするなんてストーリー序盤では想像もできなかったにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
セリアだけを大切にするビビの存在が最高に素敵です~!
漫太郎
漫太郎
リナが戻ってきたとしてもルシェは大丈夫だと信じたいぜ!しかし闇の力の影響がどういうものになるのか不安すぎるな!

「正統派悪役令嬢の裏事情」50話のあらすじネタバレ感想

馬車には少女が乗っており、魔獣に襲われるも間一髪のところでセリアたちの救出が間に合う。セリアはサークレットをつけて初めて浄化の力を用いるが、これまでとは比較にならないほどの強さで魔気を浄化することができた。その勢いでコネズ平原の地面に渦巻く魔気の浄化を試み、たった一週間で平原の半分の魔気を浄化してしまう。

これには城で出迎えてくれたリノンも大喜びであり、帰還したセリアとビビを大歓迎する。

また、セリアのもとにすぐにルシェが駆け寄り、皇室からの手紙が届き、セリアとルシェの結婚を皇室が正式に認めたことが知らされる。

タメぞう
タメぞう
まさかのセリアが聖女として崇められるほどの強力な力を手にすることになるとはすごいにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
これでますますリナは闇ムーブをするしかなくなってしまいましたね~!
漫太郎
漫太郎
セリアとルシェが盤石の関係を築いていく中、リナが取り込み、カリスを侵食しようとした闇の存在が気になるぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」49話のあらすじネタバレ感想

ルシェとセリアは唇を重ねたが、それ以上は進まなかっった。そして、夫婦として皇室の認可が正式に降りるのさえ我慢できないほどに魅了されていたルシェは、その時までは一緒にお酒を飲むのを控えようと提案する。

翌日、酔いが醒めたセリアは、将来的な魔水晶鉱山までの道筋を確保するため、リノンからコネズ平原の魔獣討伐の認可をもらう。領土拡大は騎士たちも望むところであり、計画の全てが順調に進んでいた。また、打ち合わせはルシェの執務の間で開かれており、セリアに見惚れているルシェを見てリノンは驚愕する。

ビビと騎士団を伴ってコネズ平原を訪れたセリアは、地図では分からなかった平原の広さと魔獣の脅威を知る。本来人間が近づくことのない領域であったが、このタイミングで馬車が平原に侵入しており、魔獣からの襲撃を受けていた。

タメぞう
タメぞう
今度はビビと騎士団を中心とした魔獣討伐の物語が展開されていきそうだにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
同行しているメイン人物がビビだから、ここはセリアとビビの過去のストーリーが明かされるかもしれないですね~
漫太郎
漫太郎
馬車の旗が意味しているものが何なのか気になるぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」48話のあらすじネタバレ感想

ベルク領に戻ったセリアは休むこともなく氷河の視察にビビをお供に向かいリノンを焦らせる。夕食はルシェと一緒にゆっくりととることになるが、ワインを飲みすぎて酔っ払ってしまう。ワインをルシェに溢してしまい、焦って服を脱がせようとすると、湖上でリノンが期待していた展開へと入っていく。

ルシェはセリアが嫌なら止めると宣言してから唇を近づけていく。セリアはそれを受け入れ、全く嫌じゃないと感じていた。

タメぞう
タメぞう
関係も深まり、実家の問題も片付け、完全に夫婦としての信頼が深まったにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
おお、これはリノンが期待する展開にどんどん進んでいきそうですね~!
漫太郎
漫太郎
酔っ払ってる状態でどこまでいくのか期待だ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」47話のあらすじネタバレ感想

セリアは侯爵のもとに行き、すぐにベルク領へ戻ることを伝える。そして、10年前の出来事について打ち明け、侯爵はこれまで秘密にしていたことに憤りセリアを慮るが、家族写真に自分だけがいないことを例に挙げ、セリアにとって侯爵は他のケリドン家の者と同じであると訣別を宣言する。ドアの向こう側にはルシェが待っており、その温かな眼差しのもとにセリアは帰ってくることができた。

カシウスの10年前の事件はすぐに噂として広がり、カリスをはじめ多くの貴族から絶縁が届く。ニソスも過去の真実を知り、ただセリアが家族に関わろうとしてこなかった故に冷たい態度を取ってしまった自分が、いかに酷い行動をしていたのかとその場を飛び出してしまった。

タメぞう
タメぞう
これでケリドン一家とのストーリーも落着だにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
ニソスが一番ダメそうでまだ可能性がありそうだったんですね・・・
漫太郎
漫太郎
侯爵も取り繕おうとしたが失敗したか・・・!

「正統派悪役令嬢の裏事情」46話のあらすじネタバレ感想

外での騒ぎを聞きつけ、セリアと侯爵夫人も湖上に姿を現す。セリアは予想外の展開ながらも状況を見て嬉々とするが、侯爵夫人は愛しい息子の苦しい姿を見て、すぐにセリアにルシェを止めさせようと強要する。しかし、この二人のいざこざもお互いの騎士、つまりビビの決闘に発展してしまうが、ビビは3秒で圧勝する。

侯爵夫人は気絶し、セリアによってルシェが止められ、ボロボロになったカシウスと共に運ばれていく姿にようやくセリアは清々した気分になる。ルシェはセリアの命を危険に晒したカシウスの命を本当に奪う気であったし、セリアが止めなければ領地戦でカシウス家を蹂躙し、トラウマのある湖を埋めることも考えていたほどだった。

セリアは、もう復讐も何もどうでもよく、ただルシェが自分のことを考え心から心配してくれたことで、既にその心は湖から解き放たれていたのだった。

タメぞう
タメぞう
今回のルシェは格好良すぎてそりゃセリアも惚れちゃうにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
全て一件落着かと思いきや、まだここにはカリスがいるんですよね~
漫太郎
漫太郎
これで何事もなく帰還できれば最高だぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」45話のあらすじネタバレ感想

ルシェはセリアのことが心配で予定よりも早くケリドン家に来ており、しかし心配していた通りにセリアがひどい目に遭っていたことに怒りを隠すことができなかった。セリアが目を覚ますと、セリアを思い悩ませる過去の出来事と向き合いたいをルシェは伝え、セリアは恐る恐るカシウスの10年前の出来事を打ち明ける。

そこにケリドン家の者たちが訪ねてくるが、ルシェは即座にカシウスを氷の張った湖上へと連れ出し決闘を申し込む。カシウスはルシェを侮り適当に相手をしてやろうと考えるが、ルシェの実力は想像以上で、カシウスは即座に圧倒される。そして10年前の再現を今度はカシウスがされる側で実行する。

タメぞう
タメぞう
本当に怒ったルシェの容赦のなさがすごいにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
カシウスがなぜ余裕を見せていたのか不思議ですね・・・
漫太郎
漫太郎
おお、ルシェの怒りムーブが凄まじいぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」44話のあらすじネタバレ感想

感情的になったカシウスを執事のジェイソンが止めに入り、セリアは部屋を抜け出したカシウスを追うのではなく、ジェイソンから10年前の出来事を聞き出す。それは、ニソスがセリアと一緒に暮らしたくないがために凍った湖の上に置き去りにし、捜索に出たカリウスがセリアの命を奪おうとした話だった。

その恐怖はセリアの心の奥に染み付いており、毅然とした態度をとっても気を失ってしまうほどの影響を与えていた。改めてカシウスと対峙してもセリアは倒れそうになり、しかしそこにルシェが到着してセリアを支える。

タメぞう
タメぞう
驚愕の過去が明かされて本当にびっくりしたにゃ・・・
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
いくら忌み嫌うといっても兄妹でそこまでのことをするだなんてびっくりですね~
漫太郎
漫太郎
そしてルシェがまさかの登場!なんてタイミングだ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」43話のあらすじネタバレ感想

会場まではカリスに頼まれたニソスがセリアをエスコートして向かうが、ファーストダンスの相手であるエリオットはセリアの策略で動いているビビの影響で来れないようになっていた。しかし、セリアが踊らないことにカシウスやメンスラが文句を言い、セリアに部が悪い雰囲気になっていくが、そこにカリスが現れて全て自分が悪いことだと場を収めた。

しかし、侯爵夫人の策略でセリアは兄弟いずれかと踊る必要があり、結局カシウスを相手に選ぶ。それは過去のトラウマの相手との因縁との対峙を意味しており、準備をする部屋でセリアはカシウスからことの真相を聞き出そうとけしかける。

タメぞう
タメぞう
闇を脱却したカリスが格好良かったにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
本当にセリアとカシウスの間で一体何があったんですかね~!
漫太郎
漫太郎
ビビの暗躍が楽しいぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」42話のあらすじネタバレ感想

ダンスパートナーの相手として侯爵夫人はカリスとセリアをくっつけようと画策するが、それが悪い噂を立てたい幼稚な策略だと看破したセリアは侯爵夫人を圧倒し、騎士団長であるエリオットをパートナーに選ぶと切り捨てる。それでも侯爵夫人は自分と同じ信じた相手に裏切られた人だと同情を示すと、その言葉の矛先はカリスに向けられ、カリスは俯いてしまう。

リナは遺産相続で魔気に犯された価値のない土地を手に入れるが、ここには魔気を浄化すると魔水晶の鉱山が眠っており、それを手にしたセリアはニコニコだった。

一方、セリアに突き放されたカリスの元には闇の声が囁く。その声に洗脳され、カリスはセリアの命を狙ってしまうが、セリアからの贈り物が間一髪でカリスを正気に戻させ、しかし自分がおかしくなり始めていることにカリスは気付く。

タメぞう
タメぞう
魔水晶の土地をゲットしただなんてこれはすごい功績だにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
ああ、カリスもおかしくなっていってしまうのね~~
漫太郎
漫太郎
お、これは魔気の影響でリナもカリスも変になっている感じなのかな・・・

「正統派悪役令嬢の裏事情」はめちゃコミックで独占先行配信されています!

無料で読める作品が充実

めちゃコミック
無料会員登録をする

*独占先行配信も充実!!

「正統派悪役令嬢の裏事情」41話のあらすじネタバレ感想

セリアが倒れる直前、執事がカシウスを止めに入り、セリアは過去の出来事がまだ克服できていないのだとカシウスを諭す。セリアは執事が過去の真実を知っていると考えるも、翌日は侯爵との会談に時間を使い、結婚誓約書の返事がないのは、弟のニソスが絡んでいることが判明しすぐに対応してもらえることとなった。

亡くなった大叔母の意向で葬儀の後は追悼パーティが開催されることとなり、パートナーとダンスを踊る行事も開催され、セリアはそのお誘いを受けるが、そこに現れたのはまさかのカリス。ルシェのいないところでまさかの二人が再会してしまった。

タメぞう
タメぞう
セリアの過去問題だけかと思ったら、まさかのカリスが再登場とはびっくりだにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
ここにきてカリスかああああああ、、、、ますます色々と複雑になりますね~!
漫太郎
漫太郎
セリアのトラウマとカリス問題、この二つがここで展開されるとはな!

「正統派悪役令嬢の裏事情」40話のあらすじネタバレ感想

西方貴族は典型的な貴族であり、表面上は笑顔で会話を交わしながら、その言葉の刃で互いを陥れようとする時間を楽しんでいた。セリアは食事の会場で四面楚歌の状況に陥るが、大公妃として見事に立ち回り、兄の婚約者も血のつながりのない母親である侯爵夫人も完封、父である侯爵にも変貌ぶりを驚かせてみせた。

ニソスの失礼な発言を正した後でセリアはその場を離れるが、後を追ってきたカシウスの姿を見て確信する。自分が憑依する前のセリアは、ケリドン家との問題はあったものの、一番の問題はカシウスとの間にあった何かだと。

カシウスに触れられてしまったセリアは、その場で気を失ってしまう。

タメぞう
タメぞう
カシウスと憑依前のセリアに一体何があったのか気になるにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
侯爵もセリアの変貌っぷりに驚いたから、これからは礼節のある対応を期待できそうですね~!
漫太郎
漫太郎
ちょっと将来が不安になる兄弟だぜ・・・

「正統派悪役令嬢の裏事情」39話のあらすじネタバレ感想

セリアは大公妃としてビビとエリオットを引き連れて実家に戻るが、正門どころか来客用の門さえ使用できず、出迎えも一族ではなく執事一人であり、あからさまな冷遇を受けてしまう。怒ったセリアに対し、執事は急いで長男のカシウスを連れてくるが、カシウスは異母妹であるセリアを差別する人間であった。しかし、セリアが態度を明確に示すと、カシウスも不満ながらきちんとした対応を行う。

しかし、実家のセリアの部屋は清掃の後もなければ家財家具も盗まれており、これにはカシウスも驚愕する。ビビとエリオットは最上級のゲストルームに案内されたが、エリオットが警備のためにセリアの部屋を確認しに訪れると状況がバレてしまう。冷静に状況を把握したエリオットは、ベルク家にセリアが来てくれたことは幸運であり、遺産を相続したらすぐにベルクに戻りましょうと伝えるとセリアは幸せそうな表情を浮かべた。

タメぞう
タメぞう
大公妃として毅然とした態度を取れたセリアが素敵だにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
元々のセリアが怯えるほどの環境だなんて相当酷かったんですね~!
漫太郎
漫太郎
遺産相続がパパッとすめばいいがどうかな・・・!

「正統派悪役令嬢の裏事情」38話のあらすじネタバレ感想

二人が氷河の湖畔でデートをしていると、不定期に起きる変色が発生する。変色が発生すると一週間程度は付近で魔獣が発生しやすくなるため、注意が必要になった。

屋敷に帰ってからもセリアは少し変色のことが気にかかるが、夜にはルシェと共に春に工事予定の庭園へと行き、二人で他愛もない会話を交わし、笑顔を交換する。週末にはマーサとの約束を守り、二人で緑の邸宅に遊びにいく約束をした。

そんな幸福な時間の中、リノンがケリドン家からの使者が訪れたと報告に来る。それは訃報であり、ケリドン家に大きな影響力を持ちながらセリアを差別しなかった大叔母が亡くなり、その遺産相続にセリアが入ったため、すぐにセリアはケリドン家に向かう必要ができた。

タメぞう
タメぞう
今度の舞台は実家であるケリドン家!家族との関係を修復できるか楽しみだにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
二度目の挑戦はどんな結末になるのか期待です~!
漫太郎
漫太郎
セリアがルシェに話した内容が気になるぜ~!

「正統派悪役令嬢の裏事情」37話のあらすじネタバレ感想

セリアはルシェを熱心に看病し、薬を飲ませ、水も含ませる。体調不良の時に一人では心細いだろうと、隣で話し相手にもなる。

ルシェはセリアの優しさを感じながら、セリアの実家に結婚誓約書を送っても返事が返ってこないと嘆く。セリアは実家との関係が良くなく、大公妃となるのに相応しくないと思われていることが原因だと話すが、セリアを傷つけたくないルシェはその話を途中で遮った。

そして翌日、二人はいつもセリアが見回っている湖の南側へ一緒に休息をとりにいくこととなる。南側は美しい景観が望める場所であり、新婚夫婦の観光スポットであった。ルシェはここでも、セリアに対してデレデレの対応をしてみせる。

タメぞう
タメぞう
ルシェの溺愛っぷりが止まらないにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
そんなセリフをルシェから聞く機会があるだなんて・・・
漫太郎
漫太郎
セリアと実家仲もどこかで改善できると良いけどな!

「正統派悪役令嬢の裏事情」36話のあらすじネタバレ感想

セリアが領地に帰宅すると、ルシェの指示で動いていた家臣がセリアのアレルギーの原因となる植物を全て刈り終えておりセリアは驚愕する。ほぼ更地になった城の庭園は本来大公妃の管理管轄であり、これを契機にセリアが管理することとなった。

やる気を出したセリアの働きっぷりは凄まじく、リノンは憔悴、ベンはセリアを休ませられないことにショックを受け、セリアをローレルの荘園に向かわせてゆっくりと過ごしてもらうこととなる。セリアは久しぶりにマーサと再会し、のんびりと心身を休めた。

緑の邸宅から城へセリアが戻ると、そこには大神殿から急ぎ帰ってきたルシェの姿があった。ルシェは少し熱っぽくセリアは心配するが、本人も周囲も大丈夫だと諭す。しかし、セリアが夜にルシェの元へ向かうと、そこには熱にうなされているルシェの姿があった。

タメぞう
タメぞう
少しでも早くセリアに会うために休みなく馬を飛ばしたのかもしれないにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
熱っぽいルシェもセクシーですね~!
漫太郎
漫太郎
サークレットの秘密が気になって仕方ないぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」35話のあらすじネタバレ感想

大神官の事件の経緯を報告するため、大神殿はシュテルンを参考人として招くよう要請する。安全のためすぐにセリアを領地へと帰還させようと考えていたルシェはこれに怒り抗議し、必要なら自分が赴こうと伝えた。

ルシェの心の中は、自分も知らないセリアのことを知っているカリスに対する嫉妬が渦巻いていた。互いに譲れないものを抱える二人は互いに引くことができず、あろうことか決闘にまで発展しようとする。しかし、神官が頭を働かせてこれ以上セリアを不安にさせてはいけないと伝えると、ルシェもカリスも剣を鞘に納める結果となった。

タメぞう
タメぞう
エリオットでさえ認め驚くほどのデレデレっぷりをルシェがしているにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
まさかセリアを巡ってヒーローとサブヒーローが決闘にまで発展しようとは!
漫太郎
漫太郎
神官のこの機転がなかったらさらに大変だったぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」34話のあらすじネタバレ感想

大神官アモスが亡くなり、聖女が消えたことで現場の指揮は下がっていた。

原作小説ではルシェがリナが消えたことに罪悪感を感じ、それが盲目的な愛に変貌していったのだが、セリアが確認してもルシェの中には微塵も罪悪感がなく、セリアに対する優しい眼差しに変わりはなかった。

死者の弔いのために出されたお酒がセリアのアレルギーのものであり、カリスがそっとフォローしてくれる。しかし、カリスが接触してきたことを知ったルシェは、逃れようのない甘い声でセリアを後ろから抱きしめた。

タメぞう
タメぞう
おお、これは完全にルシェがリナルートに入ることはなくなったにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
カリスの行動はいつも中途半端ですね・・・
漫太郎
漫太郎
大神官ショックをまだ引きずってるぜ・・・!

「正統派悪役令嬢の裏事情」33話のあらすじネタバレ感想

魔獣の襲撃からリナを庇い、大神官アモスは命を落としてしまう。そしてリナへの攻撃が振り下ろされそうになった時、ルシェの到着が間に合い魔獣は討伐された。ルシェは問題を引き起こすリナを叱責しようとするが、ルナは月の力に囚われ、元にいた世界に二度目の移動を果たしてしまう。

セリアがしる原作小説の二度目の移動とは異なるが、これでリナは一年ほどはこちらの世界に帰ってくることができない。しかし、この期間にカリスとルシェはリナへの愛に気付くストーリーとなっており、セリアはルシェが変化してしまうのではと不安になっていた。

タメぞう
タメぞう
リナの次元移動もびっくりだけどまさかのアモス大神官が・・・
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
おお、これでリナの登場はしばらくなさそうですね~!
漫太郎
漫太郎
まだダメなの、というのはまだカリスもルシェも好感度ポイントやフラグ立てができていないという意味っぽいよな・・・

「正統派悪役令嬢の裏事情」32話のあらすじネタバレ感想

リナの目論見はビビの報告によって全て明かされ、シュテルンの騎士を愚弄したリナは今後大神殿の中でずっと過ごすことになるとアモスも忠告する。大神官でさえ手をつけられないリナをセリアが追いかけるが、サークレットが声をかけ、リナは闇をその体のうちに取り込んでしまった。そしてセリアの姿を見ると、すぐにその場を逃げるように去っていく。

セリアは大神官アモスと共にリナの捜索へと向かい、その報告を受けたルシェも出発する。しかし、ルシェが到着する前にリナ、セリア、アモスの元に魔獣が襲撃してきてしまう。

タメぞう
タメぞう
これリナが闇堕ちするルートになったのかにゃ・・・
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
アモス頑張ってくれ~!
漫太郎
漫太郎
ルシェの到着が間にかうかが肝だな・・・!

「正統派悪役令嬢の裏事情」はめちゃコミックで独占先行配信されています!

無料で読める作品が充実

めちゃコミック
無料会員登録をする

*独占先行配信も充実!!

「正統派悪役令嬢の裏事情」31話のあらすじネタバレ感想

セリアとルシェの仲睦まじい様子を見てカリスは驚く。腕を負傷したカリスを心配してリナは隊列を離れてやってくるが、シュテルンは決して持ち場から離れることは許されず、周囲からも非難の声が上がる。神官からも怒られたリナは、絶対に自分と同じ思いをセリアと神官に味合わせると誓う。

リナは騎士の一人に声をかけ、セリアの騎士であるビビを窮地に追い込もうと画策するがすぐに見破られる。また、ルシェとすれ違った様に何かが弾けてルシェが傷つくが、何も言い繕うことはできず、冷たい態度を取られてしまった。怖いルシェよりもカリスの方がマシだと考えたリナは不気味な笑顔を浮かべる。

タメぞう
タメぞう
怒られたからって同じ目に遭わせようだなんて怖すぎだにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
これはビビがセリアに報告したら大問題になりそうですね~!
漫太郎
漫太郎
ルシェとリナの間の力の謎も気になるぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」30話のあらすじネタバレ感想

セリアとリナが会話している中、外にカリスも到着する。リナはいつかそのネックレスを自分の誕生日プレゼントに贈って欲しいとまで要求するが、そこにカリスが入ってきて、意外なことにリナを諌めた。リナが逃げるように出ていくと、カリスはセリアと話をしようとするが、そこに魔獣が現れる。

魔獣戦の要はシュテルンにあり、シュテルンの力が及ばない範囲に出てしまうと星座金の鎧の影響で騎士は命を落としてしまう。しかし、戦いの要であるセリアの元まで魔獣の侵入を許してしまい、セリアは奇襲を受ける。それを間一髪で守ってくれたのはカリスだった。セリアの心は揺らぐが、そのカリスに奇襲してくる魔獣が現れ、さらにルシェが現れて討伐する。

ここにいるはずのないルシェに理由を尋ねると、セリアのことが心配できたと優しく抱きしめるのだった。

タメぞう
タメぞう
セリアを巡る二人の男のバトルが再び勃発だにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
まさかのカリスのターンがくるかと思いきや瞬時にルシェですね~!
漫太郎
漫太郎
ルシェのイケメンっぷりがすごいぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」29話のあらすじネタバレ感想

要請は大神官からのものであったが、ルシェはセリアを気遣って断ろうとする。しかし、セリアはそれを悟り、ベルク領と神殿の関係性を考え自分が向かうと告げると、それならばとルシェも共に向かうこととなった。

屋敷から現地まで、そして到着してもルシェの熱い視線と扱いは続きセリアはドキドキが続いてしまう。現地では大神官のアモスが待っており、ルシェは早速アモスと状況の把握を行い、セリアは一人で待機することとなった。セリアはカリスとリナには会いたくないと考えていたが、リナがセリアの元にやってくる。

リナは自分を助けにきてくれたと主張し、しかしセリアのサークレットをネックレスに変えたものに興味を示し、自分もそれが欲しいと言い始める。そして、ルシェと離婚したらそれを返上するのだろうと不吉なことを話す。

タメぞう
タメぞう
あれ、リナがますます変な感じになってきたにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
リナもこれ原作小説のことを知っている人間っぽいですよね~!
漫太郎
漫太郎
ここにきてもリナムーブは収まらなさそうだぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」28話のあらすじネタバレ感想

サークレットには非常に強力な神聖力が宿っており、その貴重さからセリアはルシェに返そうとするが、ルシェはセリアに贈ったままとする。あまりにも変わったセリアに対して、ルシェは自分が魅力を感じていることを否定できなくなっていた。

セリアは呪術師たちがこのサークレットを探していたのではないかと考え牢屋へと向かうが、その考えは正しかったと証明される。さらに、供述で背後に腹違いの兄弟である私生児のミセスがいることが発覚、規模も大きいことが判明した。また、自分の身代わりとなっていたマーサを救ってくれたことにエリオットも感涙し、改めてセリアに忠誠を誓う結果となる。

話を進めようとするなか、リノンが報告に来て、大神官らが魔獣の襲撃に入っているとの知らせが届く。孤立している人物の中にはリナとカリスの名前もあり、騎士団の派遣が要請される。

タメぞう
タメぞう
やっぱり私生児の兄弟が関わっていたんだにゃ~!目的が知りたいにゃ~!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
ミセスの問題に切り込む前に新たな展開がきちゃいましたね~!
漫太郎
漫太郎
ここにきて再びカリスとリナのターンがくるとは予想外だぜ・・・!

「正統派悪役令嬢の裏事情」27話のあらすじネタバレ感想

サークレットに触れたセリアは三日間気を失い、目が覚めると本城の大公妃室のベッドの上にいて、目が覚めたセリアに心底安堵するビビの姿があった。すぐにベンとスーザンが現れ、セリアへの忠誠を誓うと共に、ローレルの荘園の呪いが綺麗に消え去ったことを知らされる。そして、例のサークレットは原作でセリアの兄がリナのために贈り、その後リナがずっと身につけるはずのものだった。

また、サークレットに触れた時の知らない光景が気掛かりとなり、セリアは夜の庭園へと繰り出す。そして、そこでルシェと再会する。ルシェは改めて本当に優しい笑顔で、セリアに緑の荘園を救ってくれたことに感謝する。

タメぞう
タメぞう
本来は失われるはずだったマーサ、ベン、スーザンが生存ルートに入ったのが嬉しいにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
結局セリアとルシェの仲が進展して最高でしたね~!
漫太郎
漫太郎
しかしなぜ魔影は消えたんだろうな・・・そしてあの光景はなんなんだ・・・!

「正統派悪役令嬢の裏事情」26話のあらすじネタバレ感想

二人が唇を重ね合わせる瞬間、不意に大きな音が邸宅に響く。この音はこれまでルシェにしか聞くことができず、セリアにも聞こえたことから神聖力を持つものに限定して聞こえる音である可能性が浮上する。セリアは帝国の始祖に関係があると考え、屋敷の地下に神殿があるのかもしれないと考える。

二人は暗い屋敷を歩いていく。ルシェは不完全な形で継承されたベルクの備忘録を確認し、その間にセリアは星座金の碑石の横にあったアクセサリーに注意が向く。不意に声が聞こえ、その声に従ってそれに触れると、セリアの中に自分ではない誰かの記憶が流れ込んでくる。

タメぞう
タメぞう
破られた備忘録が一体何を示していたのか本当に気になるにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
なんで先代はルシェを引き摺り下ろそうとしたんだろうか・・・
漫太郎
漫太郎
おお、セリアが見たものが一体なんなのか、誰の声だったのか気になるぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」25話のあらすじネタバレ感想

セリアは窮地に陥るが、事前に呪術師たちが怪しいことをスーザンに伝えており、間一髪でスーザンが駆けつけ救出される。すぐにベンとルシェも合流し、呪術師たちは全員抑えられることになった。

セリアは一足早く寝室に戻されるが、事態を収めてきたルシェが帰ってくると呪術師たちのことを自分に知らせなかったことを咎める。雰囲気は前の喧嘩していた時に戻ってしまい、セリアとカリスのことを揶揄したことを怒っていることを伝えると、ルシェは自分が悪かったと二度も謝る。

ルシェの意外な態度にセリアは気を許し、二人は互いを労って同じベッドで横になる。

タメぞう
タメぞう
間一髪でスーザンの到着が間に合って本当に良かったにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
セリアとルシェの関係も元通り以上になって本当に安心しました~!
漫太郎
漫太郎
さあ、ここからは呪術師たちの目的を絞り出すターンだな!

「正統派悪役令嬢の裏事情」24話のあらすじネタバレ感想

セリアは意を決してリナを呼ぶことが手段だと説明するが、ルシェは即断で却下する。ローレルの荘園には大公妃以外は招き入れないと断として拒否し、ここの人たちを助けたいセリアとの話は平行線となってしまった。

セリアはルシェの頑なな態度に怒りながら、自分はリナを呼んでもらって構わないとだけ告げて部屋を出るが、廊下に倒れているマーサを発見する。マーサの背中からは出血しており、次の瞬間セリアも呪術師たちの襲撃を受けてしまう。

タメぞう
タメぞう
お~、呪術師たちがこのムーブをしてくるとは思わなかったにゃ~!彼らは誰の指示で動いているんだろうにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
ゲンシャ、とはどういう意味なのか気になりますね~!
漫太郎
漫太郎
そういえば先代の私生児はどこにいってるんだろうな。

「正統派悪役令嬢の裏事情」23話のあらすじネタバレ感想

スーザンはセリアを驚かせた罰としてリノンを気絶させており、セリアはどこかビビに似ていると親近感を覚える。スーザンの強さを知ったセリアは、スーザンを護衛に地下室へと向かうことを決め、そこでネスラー王国の呪術師たちと遭遇する。魔影の根源はやはり「青海の箱」であり、呪術師たちは神聖力を持つ者にとって悪影響を放つ草を使用していてセリアは咎めたが、それ以上は何もせずに一旦はその場を離れた。

セリアはこの邸宅の人たちが大好きになると共に、原作小説の中に3人が登場しないことから魔影の危機が3人の命を奪う可能性に考えが及ぶ。そこで、解決できる方法を提示する責任があると判断し、ルシェにそのことを打ち明ける。

タメぞう
タメぞう
ここでリナの力を借りようとするのか気になるにゃ~!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
リナは今神殿にいるはずだが、神官が怒っていたから動いてもらえるかですね~!
漫太郎
漫太郎
スーザン格好良すぎだぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」22話のあらすじネタバレ感想

セリアは原作小説でリナが魔影の根源を見つけて浄化していたことを思い出し、ローレルの荘園の魔影の根源を捜索することを考えつく。ルシェとマーサ、ベンの関係性、そしてこの土地の全てに魅了され、セリアは全力を尽くすことを誓った。

セリアは魔影の根源が地下にあると気付いたが、今は呪術師たちが地下室にいてタイミングが悪い状態で思案する。そうこうするうちにリノンがセリアの行動を不思議に思って近づいてくるが、リノンは庭師のスーザンの一撃で気を失ってしまった。

タメぞう
タメぞう
まさかのリノンが失神・・・!スーザンの目的が気になるにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
これはセリアに近づいたからとっちめられたパターンかもですね~!
漫太郎
漫太郎
スーザンを護衛につけて地下室突入パターンだったら熱いぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」はめちゃコミックで独占先行配信されています!

無料で読める作品が充実

めちゃコミック
無料会員登録をする

*独占先行配信も充実!!

「正統派悪役令嬢の裏事情」21話のあらすじネタバレ感想

朝目覚めたセリアは寒さからなのかルシェに抱きついており、顔が真っ赤になるほど恥ずかしがる。朝食会場で、セリアはルシェに魔影の件について切り出す。マーサは呪いによってこの家に縛られており、老朽化した邸宅が魔影によってダメになったとき、マーサも命を落としてしまう可能性が高かった。そしてマーサを助けるためにルシェは最善を尽くしており、またベンや庭師もローレルの荘園に住んでいることが明らかになった。

ルシェは、マーサが邸宅に縛られているのは自分のせいだと話、セリアはその詳細を知るためにリノンに話を聞く。ルシェがまだ15,16歳の頃、ルシェの父親である先代大公は私生児を連れ帰り、二人してルシェを後継者の座から追い出すように画策、ルシェの唯一の騎士であったエリオットをルシェから話すためにローレルの荘園から離れられなくなる「青海の箱」と呼ばれる魔道具を行使するも、マーサがルシェを守るために自分が代わりとなり、結果として今に至るという状況だった。

ルシェは育ての母親とも言えるマーサのために最善を尽くしており、マーサと自分を会わせたかったという気持ちを知り、セリアは自分に何かできることはないのかと思案する。

タメぞう
タメぞう
マーサとルシェのストーリーが感動的だにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
これはルシェ、マーシャのためにもセリアの進化が必要ですね~!
漫太郎
漫太郎
これでローレルの荘園の問題をセリアが解決したらそりゃルシェはメロメロだぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」20話のあらすじネタバレ感想

リノンは、魔影の対処のためにネスラー王国の呪術師を呼んだのだとセリアに伝える。呪術師は神殿では異端者扱いされており、シュテルンであるセリアが解決できない問題を呪術師が解決したら問題となるため、ルシェは多大な口止め料を支払ったであろうことが明かされる。そして、この魔影の対処はルシェの念願でもあり、誰かを助けるための最後の機会であることも明らかになる。

魔獣の討伐を終え、騎士団を本城に戻したルシェは寝室で休もうとするが、そこにはマーサによって案内されたセリアの眠る姿があった。ソファで眠っていたセリアが寒さで体調を崩さないようにとルシェはセリアをベッドへと移動させるが、セリアの寝相でヤキモキしてしまう。

タメぞう
タメぞう
マーサとルシェの関係性が温かくてほっこりするにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
最後の機会や、誰かを助けるというのがどういう意味なのか気になりますね~!
漫太郎
漫太郎
セリアの神聖力が何か強化されていると最高なんだがな~!

「正統派悪役令嬢の裏事情」19話のあらすじネタバレ感想

ローレルの荘園に到着すると、屋敷の中には使用人のマーサがおり、突如として現れたルシェに驚愕し、さらに太公妃として現れたセリアの存在にさらに驚く。ルシェはセリアをマーサに預け、セリアは冷えた体をお風呂で温めることとなった。ローレルの荘園にはマーサの他に執事と庭師がいたが、屋敷は手入れされておらず、セリアはそのことを不思議に思う。

リノンは執事のベンとある出来事からここは変わらないと話をしていたが、かつてリノンは悪役令嬢時代のセリアの悪口を言っており、そのことは絶対に漏らさないようにとベンに念押しした。浴室から戻ってきたセリアは、屋敷にある魔気が固まった魔影の存在に気付く。

魔影は物語後半の事件の鍵となり、原作小説ではリナが解決するものであったが、リノンはこの魔影の解決にある人を呼んだという話をセリアにする。

タメぞう
タメぞう
リナしか解決できない問題をセリアも解決できるようになっていたら良いにゃ~!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
一体誰を呼んだのか、セリアとどんな関係なのか気になりますね~!
漫太郎
漫太郎
リノンの過去の言動にはちょっと笑ってしまったぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」18話のあらすじネタバレ感想

シュテルンであるセリアがいるため騎士たちは星座金の鎧をつけて戦闘を開始することができた。戦闘中、馬車に残っていたセリアの元にリノンが合流するが、馬車を襲ってきた魔物の攻撃からセリアを守るためにリノンが魔気を受けてしまう。魔獣の掃討は完了したが、リノンの魔気を浄化させるために距離を近づけていたところを見られてしまい、リノンは主人であるルシェから厳しい視線を投げかけられていた。

ローレルの荘園はもうすぐ近くであり、境界を超えたら太公であるルシェ以外に敬語を使わないこと、悪魔がいることを注意される。馬車は壊れたためルシェはセリアを抱き抱えて馬に乗り、一向は無事にローエルの荘園に到着した。

タメぞう
タメぞう
シュテルンがどれほどに重要なのかが分かった回だったにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
部下にまで嫉妬しちゃうとはルシェも可愛いところがありますね~!
漫太郎
漫太郎
ローエルの荘園にいる悪魔がなんなのか気になるぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」17話のあらすじネタバレ感想

部屋を出たセリアにリノンはローレルの荘園の件の話をしようとするが、そこに偶然牢屋から出てきたビビが現れ、セリアはビビの心配でかかりっきりになってしまう。仲睦まじい二人は大変結構であるが、リノンもついに二人の間に割り込み、翌日ローレルの荘園にルシェと共に向かって欲しいという件を伝える。

しかし翌日、セリアは深い眠りについてしまい、ルシェはセリアをそのまま抱き抱える形で馬車に乗り込む。目覚めたセリアは離してもらうことができず、二人は素敵な雰囲気のまま荘園へと向かっていった。

しかし、そこに魔獣の群れが現れ戦闘に突入する。

タメぞう
タメぞう
おお、作中初めての魔獣との戦闘だにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
シュテルンの力が魔獣に対してどれほど効果があるのか楽しみですね~!
漫太郎
漫太郎
ルシェがここにセリアを連れてきた理由が気になるぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」16話のあらすじネタバレ感想

リナが突然姿を消すと、カリスはセリアがリナを突き落としたのかと疑ってしまう。リナは月によって世界を行き来し、すぐに姿を現して不安を叫びながらカリスに抱きつく。セリアは自分を疑われたことに傷付きその場を後にし、会場に向かう途中の階段でうずくまってしまうが、そこにルシェが現れる。ルシェは全てを聞いており、泣き出しそうなセリアを慰めた。

緑の荘園の件で朝早くからリノンが部屋を訪れて話を始めるが、そこにカリスが許可もなく入ってきて許しを乞う。しかし、セリアはこれまでのことを話に出し、カリスとはもう何も始めることはできないと終わりを告げる。セリアの意思をはっきりと突きつけられたカリスは、ただ下を向いて涙を流すことしかできなかった。

タメぞう
タメぞう
これでカリスの件はある程度片付きそうだにゃ~!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
神官が動き始めたのが気になりますね~!
漫太郎
漫太郎
ここから緑の荘園に物語の中心が移りそうだ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」15話のあらすじネタバレ感想

セリアは今日の宴の主役は自分ではないと卑下するが、ルシェは今夜は君のためにあるのだと伝え、主役同士での始まりのダンスを始める。グリック帝国での太公は皇族と同じほどの地位が与えられており、最も尊い太公と太公妃の二人がダンスをしなければ全ては始まらないのだった。それを知ったリナは、やはりルシェの方が良かったかと不穏な言葉を呟く。

一人、テラスに向かったセリアは、まさかルシェの妻になるとは思わなかったと運命の力を回想する。カリスでさえリナへ向かったのだから、ルシェもいずれはと考えていたが、そこにリナが現れる。ルシェでさえ入ることが許されない太公妃専用テラスに無断で入ってきたリナをセリアは嗜めるが、リナは主張を止めない。

リナはカリスとは離婚すると、セリアの言葉を引用して告げるが、そこにはカリスの姿もみえ、セリアはリナが自分を悪者に仕立て上げようとするためにわざと言っているのだと理解して突き放す。全てを見通したセリアは会場へ戻ろうとするが、そこにリナの異変が訪れ、突然姿を消してしまった。

タメぞう
タメぞう
リナ、完全に計算でやっていたとは驚きだったにゃ~!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
そしてこれはまた別次元へと移動してしまったということなんですかね・・・
漫太郎
漫太郎
カリスはもう踏んだり蹴ったりだぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」14話のあらすじネタバレ感想

ルシェはセリアの頬の跡をすぐに気付いたが、セリアがリナと口論になったことだけを理由に告げると詳しくは踏み込まず、少し気持ちを落ち着けるための散歩をすることにする。二人の様子を見たカリスは声をかけることもできなかった。二人は外のベンチで他愛もない会話を交わしながら互いを照れさせるが、セリアがカリスの香水の匂いまで覚えていた話題になり、ルシェは少し嫉妬してしまった。

宴の会場ではカリスとリナは周囲から冷たい視線が投げかけられていたが、リナは自分の都合の良いように先ほどの出来事を書き換え、詳しくはカリスに教えることもしなかった。そんな中、セリアとルシェが主役として登場、リナは嫉妬の目線を向けてしまう。

タメぞう
タメぞう
おお、ルシェの耳が赤くなっていたにゃ~!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
リナはやっぱりこれは性格が少しあれ系っぽいですね~!
漫太郎
漫太郎
カリスもやばいけれどリナも相当だぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」13話のあらすじネタバレ感想

リノンはセリアの働きっぷりを絶賛しながらも体を心配しており、主人であるルシェに直訴していた。ルシェはセリアの好きなようにと伝え、緑の荘園に蔓延る魔物の退治には妻としてセリアも連れて行くことを決定する。

セリアのための宴のエスコートにルシェが向かうと、廊下でカリスと遭遇する。カリスはリナの迎えに来ていたのだが、ルシェと遭遇したことでセリアといつ離婚するのかと問い、実家であるケリドン家から承諾を受けたのは自分だと主張する。ルシェはカリスの主張を跳ね除けるが、その時に廊下からセリアの名前を呼ぶ声が聞こえた。

セリアはリナから母親の出自のことを告げられ、自分が憑依する前のセリアの影響もあり怒りに我慢ができなくなった。ついぞ手を振りかざすが、最後のすんででその振り下ろす先を自分の頬に変えてみせ、そしていかにリナが失礼な言動をしているのか叱責し退室した。冷静になったセリアは部屋に戻ろうとしたが、声を聞いて駆けつけたルシェと遭遇してしまう。

タメぞう
タメぞう
セリアを巡る二人の男の争いが素敵だにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
おお、セリアまさか自分の頬に向けて一発お見舞いするとはすごいですね~!
漫太郎
漫太郎
セリアの頬を見てルシェが気付かないはずがないな!

「正統派悪役令嬢の裏事情」12話のあらすじネタバレ感想

ビビはやはりカリスに対して怒りを抑えられず、カリスの騎士に対して決闘を申し込んでいた。しかし、この行為は帝国追放にあたるほどの罪であり、ルシェの計らいで牢屋に数日いるだけで許されいた。セリアはビビを心配で見に行くが、同席したエリオットはビビほど強靭な騎士はおらず、何も心配することはないとセリアを諭す。

牢屋から出て庭園を歩いていたところ、急に決まった結婚により押し寄せた業務に忙殺されていたリノンと出会う。リノンもセリアのことを気遣っており、セリアはベルク領の人々の優しさに触れて癒される。

しかし、ベゴニアの手伝いを経てドレスアップしていたセリアの元に、あろうことかリナが再び現れる。リナはカリスを許して欲しいと懇願し、セリアとは友達になりたいとあり得ない発言をする。そこまでは我慢していたセリアだったが、リナがセリアの母親が平民出身であることを話すと空気が凍ってしまう。

タメぞう
タメぞう
これは本気でやってるのか、わざとやってるのか分からなくなってきたにゃ~!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
カリスにまで注意されたのに全く直す気がなくて面白いですね~!
漫太郎
漫太郎
おお、なぜリナがそのことを知っているのか不思議だぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」はめちゃコミックで独占先行配信されています!

無料で読める作品が充実

めちゃコミック
無料会員登録をする

*独占先行配信も充実!!

「正統派悪役令嬢の裏事情」11話のあらすじネタバレ感想

セリアが感じたのは他のシュテルンの力、つまりリナの力だった。シュテルンの婚約者は婚約によりシュテルンとの婚姻に縛られる。そして結婚式が滞れば最悪命を落とすのだが、相手はシュテルンであれば理論上誰でも構わなかった。そのため、カリスは命を繋ぎ止めるためにリナと結婚することを選んでいたのだった。

カリスはお互いに離婚して一からやり直そうと提案するが、セリアは完全に気持ちがなくなり全てを拒否する。二人が言い争って入る中でルシェが現れ、すぐにカリスを止め、セリアの傷口が開いたことに気付く。怪我の治療のため神殿へ向かうことになるが、セリアが選んだエスコートの相手はルシェだった。

治療を終え二人になった後、セリアは改めてルシェに自分の命を救ってくれたことを感謝する。ルシェは驚くが、セリアは一時的な婚姻であったとしてもシュテルンとして領地のために尽くすと宣言し、ルシェはその言葉を受け入れる。

タメぞう
タメぞう
これでカリスとセリアの関係性は終わりだにゃ~!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
ルシェが一時的な結婚というつもりでセリアを助けたとは思えないですね~!
漫太郎
漫太郎
セリアとルシェの新婚生活が楽しみだぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」10話のあらすじネタバレ感想

意識が朦朧としたセリアを抱き抱え、ルシェは結婚式を予定通り執り行うと決断し、自らがシュテルンであるセリアと結婚することを決意する。その後、セリアは意識を失い、悪夢を見てから目覚め、全ての事情をルシェから教えられて理解した。

結婚式に遅れることがあれば自分が命を落とすとカリスが知っていたと教えられたセリアは、吹雪から帰還したカリスに対して怒りをぶつける。カリスは泣いて自らの過ちを懇願するが、セリアはカリスが命を落としていないことを不思議に思う。

タメぞう
タメぞう
どれだけ思いが本気だったとしてもこれは許せないよにゃ・・・
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
泣きたいのはセリアの方です~
漫太郎
漫太郎
セリアが感じた謎の力の正体が気になるぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」9話のあらすじネタバレ感想

ルシェの怒りは、セリアの身に危険が迫っているからだった。シュテルンの結婚式には厳格な決まりがあり、時と場所、そして掟を一つでも破れば神聖力が暴走し最悪の場合には命を落としてしまう。それ故にカリスの行動は明らかに異常であったが、そのカリスの捜索隊に加わろうとするセリアを見て、ルシェはセリアの外出の一切を禁じる。

捜索隊に参加していたビビはルシェから伝言を預かり、ルシェが責任を持ってカリスを連れ帰るため、結婚式当日に一人でも式に臨むように言われる。その厳しくも優しいルシェの言葉にセリアは安堵した。

しかし、結婚式当日になっても吹雪は止まず、氷河の近くの小屋でカリスとリナは避難していた。それでも式が始まるとシュテルンの結婚式の儀式を破ったためか、カリスもセリアもそれぞれが吐血してしまう。セリアが命を終えようとした瞬間、ルシェが式場に現れ、周囲が止める中でセリアを抱き抱える。

タメぞう
タメぞう
ルシェがどうやってセリアを救うのか気になるにゃ~!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
これカリスはこうなることがわかっていながら結婚式当日まで動かなかったのか・・・
漫太郎
漫太郎
ビビの焦りももっともだぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」8話のあらすじネタバレ感想

激しい言い争いの後、セリアは自分の不安の中を吐露する。カリスとリナの仲睦まじい姿を見るたびに張り裂けそうになる心境を告げると、カリスはようやくセリアの不安を理解し、自分の愛はセリアのものであり、結婚式を挙げたらハネトン領に戻りリナとはもう二度と会わないと約束する。セリアは最後に一度だけ信じてみようと考え、結婚式には絶対に遅れないようにと約束した。

カリスはリナに状況を伝えるが、リナはそれを受け止めることができなかった。世界が移り変わる孤独な身の中で、ルシェには冷たくあしらわれ、友達となり自らの保護者であるカリスまでいなくなったらと孤独を打ち明ける。カリスはこれが最後だと思いリナを慰め、彼女の望みである湖へと二人で出かける。

しかし、二人が出かけた後で吹雪が始まり連絡が途絶えてしまう。その報告を受けたルシェはカリスは憤る。

タメぞう
タメぞう
これが最後と思いつつ願いを聞いてしまったばかりに運命がまた変わってしまったにゃ~!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
リナの事情もあるけれどこれはカリス辛い立場ですね~!
漫太郎
漫太郎
ルシェが怒りまくって本当に本格的な争いにならないか不安だぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」7話のあらすじネタバレ感想

その場をルシェと共に離れたセリアは、シュテルンの役目である結界の管理へ向かおうとする。ルシェはその役目を逃げ場所と考えているのであれば避難できる場所を用意しようと提案するが、セリアはきちんとシュテルンとしての役割は果たすと聞かなかった。

セリアを探してきたカリスが二人のいる金庫室に入ってくるが、ルシェに対する礼儀に欠き、許可なしでは入ることのできない金庫室に入ってきてしまう。互いに譲らない二人は戦争も辞さない態度になってしまうが、戦争など絶対に回避したいセリアはルシェに慈悲を乞うて事なきを得た。

セリアはカリスと二人で外に出るが、カリスはセリアの行動が軽率だと告げる。話が合わない二人だったが、カリスはセリアの言葉を受け止めることができず、セリアはその手を傷つけてしまった。

タメぞう
タメぞう
カリスの状況を冷静に対処することのできない性格の悪いところがかなり出ちゃったにゃ~!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
これはルシェの中でのセリアの評価はさらに上がったはずですね~!
漫太郎
漫太郎
セリアこれ、もう後戻りできないレベルでカリスとは断絶しそうだぜ・・・

「正統派悪役令嬢の裏事情」6話のあらすじネタバレ感想

リナが意識を失ったことにより城は騒然となる。周囲はリナが新たなシュテルンとして目覚めたこと、そしてその神聖力が大きいことに注目していたが、ルシェ・ベルクはリナが危険を犯して勝手に星座金に触ったことを問題視していた。また、リナの補佐より、リナの行動はセリアによる憧れによるものと明かされる。

リナが意識を回復してもルシェはすぐその場を離れようとしたが、セリアの婚約者でありリナの保護者でもあるカリスは、そこにセリアがいることにも気付かずにリナを心配していた。ルジェはリナを厄介者と称して大神殿に帰すと宣言するが、それに憤ったカリスは反発する。しかし、カリスの婚約者であるセリアも体調は良くなく、ルジェはそのことを気にしないカリスを軽蔑する。

惨めな思いをしたセリアはいたたまれない気持ちになるが、カリスではなく手を差し出してくれたルシェの手を取りその場を後にした。

タメぞう
タメぞう
おお、こういう流れでカリスからルシェルートに突入するのにゃ~!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
ルシェがまともすぎて一体原作ではどうやってリナと結ばれたのか不思議ですね~!
漫太郎
漫太郎
セリアを大切に扱うルシェが紳士すぎるぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」5話のあらすじネタバレ感想

リナが星座金の碑石に触れようとすることが話題に上がる中、セリアは原作ではそれが契機となりリナの神聖力が目覚めたことを考えつつ、今は結婚式を早くあげて無事にハネトン領に帰ることだけを考えようと思い至る。

それまでの日々は、自らの役割である結界管理に勤しもうと考えていたが、不意にルシェと遭遇してしまう。ルシェはこれまでのセリアの過去と現在が重ならず不思議に思っていたが、熱心に役目を果たそうとするセリアに好意的な感情を抱き、ハネトン領に帰してしまうのが惜しいとさえ感じるようになっていた。

結婚式が目前と迫り、各地からプレゼントが届いて祝福ムードが高まる中、ついにリナが星座金の碑石に触れて倒れてしまう。しかし、これによりリナはシュテルンとして目覚めることとなり、周囲もそれを認知することとなった。

タメぞう
タメぞう
あと少しで結婚式を終えてハネトン領へ帰れたのに、リナがシュテルンになったことで波乱が生まれそうだにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
欲していたシュテルンになったことでリナのムーブが加速していきそうですね~!
漫太郎
漫太郎
ルシェがセリアを好意的に見ているのはシュテルンだからではなく行動を見てのことだから、この辺りが物語のキーになりそうだぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」4話のあらすじネタバレ感想

セリアとルシェは体調を大切にすることで若干の言い合いをするが、すぐに帰還することで合意する。ルシェはセリアの体調を気にかけないカリスが、聖女リナと浮気でもしているのかと疑問を投げかけるが、セリアはこれに返答せず、ルシェはセリアが体調を崩さないように自らの厚い上着をかけた。

城に戻ったセリアは、自分に対して好意的で優しいルシェのことを気にかけるが、すぐにそれは個人的な者ではなく、自分が貴重なシュテルンだからだと考えを遮る。護衛騎士のオリアン・セリアが魔獣討伐戦から戻ってくるとすぐに駆け寄り、お土産話を聞こうと城の中に入っていった。

その様子を上の階から聖女リナが見ており、リナは使用人からセリアのこれまでについて聞いていた。領地の人々から注目されているセリアに対してリナは羨ましくなっており、自分も一心に注目を浴びたいと、自らもシュテルンになりたいと願い始める。

タメぞう
タメぞう
お、これは完全に聖女リナが悪役になるフラグがたったにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
まさか自分が一番でないと気が済まない系女子だったとはびっくりです~!
漫太郎
漫太郎
この段階でシュテルンを欲するようになるとは驚きだぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」3話のあらすじネタバレ感想

リナは異世界から降り立った聖女だと自己紹介し、礼儀をかけた態度と言葉でセリアがこれから試着する結婚式用のドレスの見物をしたいと申し出る。セリアが言葉に窮していると、デザイナーで原作では悪役であるベゴニアが嗜め、リナはその場を退散することになった。

しかし、その夜にカリスから結婚式のデザイナーをベゴニアから変更したいと申し出る。理由は、今日のベゴニアのリナに対する態度にあった。これは原作通りの流れであり、セリアは不安に感じる。リナはこの世界に降り立った時に神聖力が不安定な状態であり、保護者としてカリスが任命されていたのだった。原作ではここからリナとカリスが急接近することになるが、セリアは命のために我慢だと、自分の前で親密さを隠そうとしないセリアとリナに怒りを見せないようにしていた。

結婚式目前だというのにリナを優先するカリスにセリアは内心怒っていたが、自らの役目である結界管理の仕事へと向かう。結界は「氷河の壁」と呼ばれる非常に寒冷な場所にあり、騎士団長のエリオットが同行していたが、そこにルシェが現れる。ルシェは、風邪気味のセリアの身を案じていたが、その言葉を軽視して仕事をしているのかと怒りを見せた。

タメぞう
タメぞう
いくら保護者といっても結婚式目前に婚約者以外の女性ばかりを追いかけ回すとかやばいにゃ~!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
ルシェの家の役割とセリアが切っても切れない関係にあるというのがまた素敵ですね~!
漫太郎
漫太郎
セリアのために怒るとか素敵すぎだぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」2話のあらすじネタバレ感想

セリアは神の力を授かった神聖力を持つ人間であり、本来は帝国の中でも神聖な人間として敬われる存在であったが、その暴虐無尽な振る舞いは止まることを知らず、社交界においても家族関係においても多くの恨みを買っていた。セリアに憑依し、まず思ったことは前世も今世も短く命を終えることは嫌だであり、早速これまでに迷惑をかけてきた人々に謝罪し印象を変えようとする。

自らの行いで腕を負傷したカリスに対しても熱心に看病し、それがきっかけで二人は結ばれる結果となる。原作ではカリスの手によってセリアは命を終えるが、その後ルシェと聖女リナが結ばれ、想いの行き場を失ったカリスはまた自らも自分の手で人生を終えるのだから、これはこれで問題ないだろうとセリアはカリスとの婚約を受け入れる。

そうして結婚式が1週間後に迫った頃、次元移動者でありこの世界のヒロインである聖女リナが降り立つ。リナはカリスによく懐き、セリアが風邪気味で休んでいた頃、太公の庭園で二人で楽しい時間を過ごしていた。それでも結婚が終わり、セリアとカリスがルシェとリナの側から離れれば、原作の通りルシェとリナが結ばれ、自分の身も安泰になるだろうとセリアは考える。

できるだけヒロインとヒーローに近づかないようにと考えていたが、セリアの元にリナがやってくる。

タメぞう
タメぞう
天真爛漫なリナの奔放なところが物語を引っ掻き回していきそうな予感がするにゃ!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
これはカリスも色々と問題があるような感じなのかな~!これからどんな物語になるのか楽しみです~!
漫太郎
漫太郎
ルシェ・ベルクはこの頃からセリアを気にかけているような感じがあるな!

「正統派悪役令嬢の裏事情」はめちゃコミックで独占先行配信されています!

無料で読める作品が充実

めちゃコミック
無料会員登録をする

*独占先行配信も充実!!

「正統派悪役令嬢の裏事情」1話のあらすじネタバレ感想

セリアは恋愛小説の中でヒーローたちに断罪される極悪令嬢。そんな彼女に、現代で大学院生として奮闘していた女性が不幸な事故で亡くなり憑依してしまう。彼女は自分の身に起きる悲惨な結末を知っている。そして運命を変えようと奮闘する。その結果、小説の中ではセリアを断罪したヒーローであるルシェと結ばれる未来へ向かおうとしていた。

タメぞう
タメぞう
あれ、カリス・ハネトンと結ばれるかと思いきや、ルシェと結ばれる展開になっていくのかにゃ・・・!
エンタメうさぎ
エンタメうさぎ
小説の中の悪役令嬢に憑依してしまった女性の運命を変えようともがく物語ですね~!
漫太郎
漫太郎
鉄板の世界観だが絵がとても綺麗で引き込まれるぜ!

「正統派悪役令嬢の裏事情」はめちゃコミックで独占先行配信されています!

無料で読める作品が充実

めちゃコミック
無料会員登録をする

*独占先行配信も充実!!

「正統派悪役令嬢の裏事情」主な登場人物

セリア・シュテルン

恋愛小説の中では悲惨な結末を迎える予定だった極悪令嬢。事故死した大学院生が異世界憑依した。小説の中では自分を害した相手であるヒーロー・ルシェの妻となる。神聖力を持つ。元の姓はケリドン。

カリス・ハネトン

恋愛小説の中ではサブヒーロー

ルシェ・ベルク

恋愛小説の中ではヒーロー。グリック帝国の大公。ベルク家は魔獣の出没を防ぐための結界管理を任されている。

リナ

聖女。小説の中ではヒロイン。次元移動者でありこの世界に降り立つ。原作小説後半では神聖力を持つシュテルンと判明する。

ベゴニア

ドレスのデザイナー。原作では悪役。

エリオット

ベルク家の騎士団長

アビゲール・オリアン

セリアの護衛騎士。愛称はビビ。元暗殺者。

リノン

ルシェ・ベルクの首席補佐官

マーサ

ローレルの荘園の女性使用人。ルシェの育ての親に近い人物。

ベン

ローレルの荘園の執事

スーザン

ローレルの荘園の庭師兼針仕事

ミエス

ルシェの腹違いの兄。先代の私生児。

アモス

大神官

ニソス・ケリドン

ケリドン家の次男

カシウス・ケリドン

長男。セリアの異母兄。セリアを差別する。

レディ・メンスラ

カシウスの婚約者

漫画「正統派悪役令嬢の裏事情」のあらすじネタバレ、無料で読む方法まとめ

本記事では漫画「正統派悪役令嬢の裏事情」のあらすじネタバレと無料で読む方法の調査結果についてご紹介してきました。

改めてお伝えすると、漫画「正統派悪役令嬢の裏事情」は、独占先行配信されているマンガアプリ「めちゃコミック」で読むのがおすすめです!

無料で読める作品が充実

めちゃコミック
無料会員登録をする

*独占先行配信も充実!!

おすすめ漫画一覧表

本ページの情報は2024年04月02日時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

ABOUT ME
blank
エンタメLOVE編集部
テレビ事業関連の上場企業グループ会社であるbiz・Creave株式会社のVOD・電子書籍のメディア編集部。放送中のアニメ作品・ドラマ作品や注目の劇場公開中の映画は当然チェック。動画配信サービスとDVDレンタルサービス、電子書籍配信サービス、映画館をフル活用して話題作や過去の名作を味わう日々を送っている。男性編集者のみなのが最近の悩み。エンタメうさぎも所属。
関連記事
blank 青年マンガ

漫画「カラミざかり ボクのほんとと君の嘘」を全巻無料・お得にまとめ買いできる電子書籍サービスの調査結果まとめ

2023年6月12日
https://pixela.co.jp/vod/wp-content/uploads/2023/01/サイモンセッズ-ニュースレター-メールヘッダー-31.png エンタメLOVE(動画配信サービスおすすめ比較)
「カラミざかり ボクのほんとと君の嘘」はで連載して完結した、御池慧先生/桂あいり先生による伝説的な成人向け同人作品が青春に生まれ変わった作品 …
blank 青年マンガ

漫画「バキ外伝 疵面 -スカーフェイス-」を全巻無料・お得にまとめ買いできる電子書籍サービスの調査結果まとめ

2023年7月17日
https://pixela.co.jp/vod/wp-content/uploads/2023/01/サイモンセッズ-ニュースレター-メールヘッダー-31.png エンタメLOVE(動画配信サービスおすすめ比較)
「バキ外伝 疵面 -スカーフェイス-」はチャンピオン REDで絶賛連載中の、板垣恵介先生/山内雪奈生先生による漢の中の漢・花山薫の数々の伝説 …
blank 青年マンガ

漫画「人脈チートで始める人任せ英雄譚」を全巻無料・お得にまとめ買いできる電子書籍サービスの調査結果まとめ

2023年12月1日
https://pixela.co.jp/vod/wp-content/uploads/2023/01/サイモンセッズ-ニュースレター-メールヘッダー-31.png エンタメLOVE(動画配信サービスおすすめ比較)
「人脈チートで始める人任せ英雄譚」は電撃コミックスNEXTで絶賛連載中の、坂石遊作先生/元鷲多義先生/Noy先生による追放された冒険者の再起 …
blank 青年マンガ

漫画「八歳から始まる神々の使徒の転生生活」を全巻無料・お得にまとめ買いできる電子書籍サービスの調査結果まとめ

2023年12月31日
https://pixela.co.jp/vod/wp-content/uploads/2023/01/サイモンセッズ-ニュースレター-メールヘッダー-31.png エンタメLOVE(動画配信サービスおすすめ比較)
「八歳から始まる神々の使徒の転生生活」はマンガUP!で絶賛連載中の、えぞぎんぎつね(GAノベル/SBクリエイティブ刊)先生/春夏冬アタル先生 …
blank 青年マンガ

漫画「パラダイスヘル」を全巻無料・お得にまとめ買いできる電子書籍サービスの調査結果まとめ

2023年6月5日
https://pixela.co.jp/vod/wp-content/uploads/2023/01/サイモンセッズ-ニュースレター-メールヘッダー-31.png エンタメLOVE(動画配信サービスおすすめ比較)
「パラダイスヘル」はコミックシーモアで絶賛連載中の、冬坂あゆる先生によるエロ×グロ魔王誕生不謹慎エンターテインメント大人気青年マンガです!  …
blank 青年マンガ

漫画「てんぷる」を全巻無料で読む方法の調査結果まとめ

2023年6月15日
https://pixela.co.jp/vod/wp-content/uploads/2023/01/サイモンセッズ-ニュースレター-メールヘッダー-31.png エンタメLOVE(動画配信サービスおすすめ比較)
「てんぷる」はコミックDAYSで絶賛連載中の、吉岡公威先生による美少女たちとの同居生活を描いたハートフルなコメディ大人気青年マンガです! 本 …
blank 青年マンガ

漫画「サブスク彼女」を全巻無料・お得にまとめ買いできる電子書籍サービスの調査結果まとめ

2023年6月1日
https://pixela.co.jp/vod/wp-content/uploads/2023/01/サイモンセッズ-ニュースレター-メールヘッダー-31.png エンタメLOVE(動画配信サービスおすすめ比較)
「サブスク彼女」はマンガTOPで連載して完結した、山本中学先生による報われない恋の虚しさから定額制彼女となった三人の女の子の恋愛大人気青年マ …
どちらか選べと言われたら。 漫画(コミック) 全巻無料で読めるか 査結果まとめ 青年マンガ

漫画「どちらか選べと言われたら。」を無料で全巻読む方法の調査結果まとめ

2022年5月6日
https://pixela.co.jp/vod/wp-content/uploads/2023/01/サイモンセッズ-ニュースレター-メールヘッダー-31.png エンタメLOVE(動画配信サービスおすすめ比較)
コミックシーモアで連載中、原作・サニー先生、漫画・Soso先生による小悪魔系後輩女子と気の強い幼馴染才女との三角関係ラブストーリー「 …
error: Content is protected !!