povo2.0を完全0円で運用維持するのは無理?180日以内のトッピング購入が条件

povo

povo2.0は、他社の格安SIMや格安プランの中で唯一、基本料金0円のプランがあります。

結論から言うと、povo2.0の「トッピング」システムを上手く活用することで、月額0円での運用が叶えられます。しかし、povo2.0を契約後、完全0円で運用維持することはできません。

「povo2.0は基本料金0円なのに、どうして完全0円で運用できないの?」と思われた方も多いでしょう。

povo2.0を0円運用するための必須条件
  • 利用制限、契約解除対象にならないよう、180日以内に1度、有料トッピングを購入する
    ※povo2.0では、180日以上有料トッピングの購入がないと利用停止・契約解除対象になります。

この必須条件があるため、完全0円運用は不可能なのです。

povo2.0は、他社格安SIM・格安プランとは異なり、決められた定額プランがありません。自分が使う分だけのデータ量やかけ放題プランを「トッピング」して、自由にプラン設定ができるというシステム。

povo2.0の基本料金0円は、何もトッピングしていないベーシックな状態です。このベーシックな状態で使い続けることはできず、180日以内に一度、データやかけ放題いずれかの有料トッピングを購入する必要があります。

povo2.0 基本料金0円でできること
  • 最大通信速度128kbpsでデータ使い放題!
    ※ただし128kbpsの通信速度とは、WEB検索や動画視聴、メッセージの送受信にも時間がかかる低速状態です。
  • 通話(着信のみ)し放題!
    ※発信には税込22円/30秒がかかります。

トッピングをせず、povo2.0を基本料0円で使うことはできるけど、「180日以内に一度はトッピングを購入しないとダメ!」ということか〜。

その通り!povo2.0は定額プランが無い代わりに、自分でプランをトッピングします。180日以内に一度有料トッピングを購入しないと、利用停止・契約解除対象になるので、そこだけは必須条件です。

データを使っていないのに、月額支払うのもったいない」と思っている方は、povo2.0がピッタリ。

自分でデータ量やかけ放題を設定できるpovo2.0は、「使いたい時に使う分だけ」を叶えられます。データや通話を使わない時は「0円運用」をして、賢くスマホ代を抑えてみませんか?

本記事では、povo2.0の0円運用条件・方法、最新のお得なサービス情報もご紹介しています。

povo 2.0の申し込みはこちら

今なら最大10,000円相当の還元あり!

↓ povo1.0・auを契約中の方はこちら ↓

目次

【結論】povo2.0を完全0円で運用維持できない理由

結論、基本料金0円のpovo2.0を完全0円で運用維持することはできません

なぜ、完全0円で運用維持できないのか。それは「180日間以内にトッピングを購入しないと、長期トッピング未購入で利用停止・契約解除になる」という条件があるからです。

しかし、180日以内に少額の有料トッピングを購入したり、通話・SMS送信で合計660円の通信料金を支払うことで、0円で運用することが可能になります。

180日で660円なら、1ヶ月あたり110円支払えば良いってこと?!

その通り!povo2.0を限りなく0円に近づけて運用すると、最安110円/月で使用することができます。そのために、意識してほしいポイントがいくつかあるので、詳しくご紹介していきますね!

povo2.0を0円運用する条件・方法

povo2.0を限りなく0円に近づけて運用するためには、以下の条件が必須となります。

povo2.0を0円運用するための必須条件
  • 180日以内に有料トッピングを購入する(データ・通話トッピングどちらでも可)

povo2.0は、基本料金0円で使用できる格安プランです。しかし、180日以上有料トッピングを購入しない「長期間トッピング未購入」として、利用停止や契約解除の対象になってしまいます。

povo2.0の完全0円運用は不可能です…
しかし、利用停止にならないためにも、半年に一度必ず有料トッピングを購入しましょうね!

有料トッピング購入後、限りなく0円運用に近づけるために、意識してほしいポイントは以下の3つ!

povo2.0を限りなく0円運用に近づけるためのポイント
  • データトッピングを追加購入しない
  • 通話、メッセージはLINEなどのSNSを使う
  • Wi-Fi接続での利用を基本にする

実際にpovo2.0を使う時に、この3点を意識することで、限りなく0円に近い運用をすることができます。

povo2.0は基本料金0円でも、最大128kbpsの低速でデータ使用は可能

SIM契約をしていないスマホやタブレットを、Wi-Fiに接続すれば、通信料無料で利用できますよね。その仕組みと同様、povo2.0も、Wi-Fi接続での利用を基本にすることで通信料無料で使うことができます!

それでは、povo2.0を限りなく0円に近づけて運用維持するための条件や方法について、さらに詳しく説明していきます!

【必須条件】180日以内に有料トッピングを購入する

povo2.0は、180日以内にトッピングを購入しないと、「長期間トッピング未購入」で利用停止または契約解除の対象になります。それを防ぐために、半年に一度はトッピングを購入するようにしましょう。

povo2.0は基本料金0円で使用できますが、通信速度が128kbpsに制限され、通話発信時に料金が発生します。この基本料0円のベーシックな状態に、データやかけ放題のトッピングをすることで、自分だけのオリジナルプランを作ることができます。

以下、povo2.0のトッピング一覧です。さらに詳しく知りたい方は、povo2.0公式サイト「トッピング一覧」をチェック!

povo
トッピング名期間税込料金
データ使い放題24時間330円/回
データ使い放題7日間×12回分9,834円/回
データ追加1GB7日間390円/回
データ追加3GB30日間990円/回
データ追加20GB30日間2,700円/回
データ追加60GB90日間6,490円/回
データ追加150GB180日間12,980円/回
データ追加300GB90日間9,834円/回
5分以内通話かけ放題1ヶ月間550円/月
通話かけ放題1ヶ月間1,650円/月
留守番電話サービス1ヶ月間330円/月
povo2.0公式サイト参照

povo2.0のトッピングは、購入時に即決済されるため、すぐに反映される仕組みです。

例えば「データ追加150GB(180日間) 税込12,980円/回」を一度トッピングすることで、povo2.0の0円運用の必須条件はクリアされますよね。税込12,980円を一括で支払えば、180日つまり半年のうち、5ヶ月間はトッピングの支払いをせずに0円で運用することが可能になります。

データ追加150GBは、povo2.0のトッピングの中で一番価格が高いプランですが、半年で分割すると約2,163円です。月々のデータ使用量が20GB前後の方には、ムダなくストレスなく使用できるので、お得ですよね!

※ただしこの場合、かけ放題のトッピングをしていないので、通話発信する場合に22円/30秒がかかってしまいます。限りなく0円に近づけて運用したい場合は、着信のみに徹底したり、LINEなどの無料通話アプリを活用しましょう。

以下、povo2.0を0円運用した時のシュミレーションをご覧ください。

povo

povo2.0を、限りなく0円に近づけて運用維持したい場合の最安価格は、1年間で税込660円です!(半年換算だと330円!最安価格で運用維持するために「24時間データ使い放題 税込330円」を180日以内に一度、トッピングしましょう。

最安で運用しなくとも、povo2.0の豊富なトッピングの中から納得のいくプランを購入することで、ムダなくスマホ代を抑えることができますよ!

【運用ポイント①】トッピングを追加購入しない

povo2.0を、限りなく0円に近づけて運用するためのポイントを3つご紹介していきます。

まず一つ目は「有料トッピングを必要以上に追加購入しないこと

povo2.0を最安で運用維持したい場合は、「24時間データ使い放題 税込330円/回」の有料トッピングを購入しましょう。以下の画像は、povo2.0を1年間最安価格で運用した際のシュミレーションです。

povo2.0のトッピングは、購入したら即決済されます。そのため、データが足りず困っていても、購入後すぐにデータを使用できる仕組みです。この仕組みは、povo2.0の魅力の一つと言えます。

しかし、限りなく0円に近づけて運用したい場合は「必要な時に必要な分だけ」トッピングすることを意識しましょう。

例えば、一番手頃だからと言って「24時間データ使い放題 税込330円/回」を何度もトッピングしたら、ちりつもで支払う額も高くなってしまいます。330円を10日分トッピングすると、税込3,300円なので、「30日間データ追加20GB 税込2,700円/回」をトッピングする方がお得です。

povo2.0をムダなく、最安で使用するために「自分がどれだけデータを使うのか」「月のスマホ代をどのくらいに抑えたいのか」目的を持ってトッピングを購入するようにしましょう!

【運用ポイント②】通話、メッセージはLINEなどのSNSを使う

povo2.0は基本料金0円ですが、通話料金は別途かかります。

povo

通話は税込22円/30秒(発信のみ)、SMS送信は税込3.3円/通(70文字まで)かかります。

LINEなどのSNSを使って通話料、メッセージ送信料を無料にすることで、0円運用が可能です。

【運用ポイント③】Wi-Fi接続での利用を基本にする

povo2.0を限りなく0円に近づけて運用するためには、Wi-Fi接続での利用を基本にしましょう。

  • メインで契約しているスマホがあり、povo2.0をサブ回線として使用している人
  • 在宅ワーク等で自宅で使用することが多い人
  • スマホ通信料をとにかく抑えたい人
  • ポケットWi-Fiを持っている人

以上に当てはまる人は、povo2.0の有料トッピングを購入せず、Wi-Fi接続でストレスなく使用することができます。

povo2.0は、トッピング無しの場合、通信速度が最大128kbpsになります。128kbpsは、いわゆる通信制限がかかっている状態と同等。WEB検索やYouTube等の動画閲覧はもちろん、メッセージの送受信にもストレスを感じるレベルです。

在宅ワークなどでWi-Fi環境の整った自宅で過ごすことが多い場合、povo2.0もWi-Fiに接続すれば、128kbpsの速度制限なくサクサク使用することができます。

povo2.0をメイン回線で使いたい…
その場合、何をトッピングしたらお得に利用できますか?

povo2.0をメイン回線でお得に利用したい場合に、確認
してほしいことがあります!

メイン回線でもお得に利用したい時に確認すること
  • 1ヶ月のデータ使用量を確認する
  • 通話、SMSの使用頻度を確認する

この2点を必ずチェックしましょう。

povo2.0のトッピングは、データ量や期間が様々です。例えば、1ヶ月に20GB前後の使用量であれば「30日間データ追加20GB 税込2,700円税込/回」を毎月トッピングするよりも、「180日間データ追加150GB 税込12,980円/回」を一度トッピングする方がスマホ使用料を抑えることができます。

povo2.0は、自分に合ったプランを自由にトッピングすることができます。「必要な期間に必要な分だけ」トッピングすることで、メイン回線であっても、月々のスマホ代を抑えながら使用できますよ!

povo2.0の月額0円でできること

povo2.0の月額0円でできることは以下の通りです。

  • 最大128kbpsの低速でデータ通信が使える
  • 通話着信(発信には料金がかかります)
  • サブ回線として使える

詳しく説明していきます!

最大128kbpsの低速でデータ通信が使える

povo2.0は、有料トッピング無しでも、月額0円でデータ通信を使うことができます。

その場合の、最大通信速度は128kbps。これは一般的に「テキストデータのやりとりができる速度」と言われています。メールやLINEなどのメッセージやりとりは、なんとかできます。しかし、WEB検索や動画視聴、写真や動画の送信には時間がかなりかかり、スムーズには使用できません。

Wi-Fiに接続して利用することで、この問題は解決されます!月額0円でサクサク使いたい場合は、Wi-Fi環境下での使用を基本にしましょう。

通話着信(発信には料金がかかります)

通話発信には、税込22円/30秒の料金がかかります。しかし、着信の場合は0円です。

LINE等の無料通話アプリを使用する場合を除き、通話をする時は、着信のみに徹底することで月額料金を0円に抑えることができます。

サブ回線として使える

povo2.0は、SIMカードをeSIMに対応しています。eSIM対応機種であれば、他のキャリアでメイン回線を契約していたとしても、povo2.0をサブ回線として追加することができます。

SIMカードとeSIMの違い

SIMカードは小さなカードで、スマホに差し込んで使用します。一方eSIMは、スマホ自体に内蔵されたSIMカードのことを言います。eSIMは、オンライン上で回線の手続きをすることができます。

「必要な時に使う分だけ」データをトッピングできるpovo2.0は、サブ回線としての利用に相性抜群!サブ回線についての詳しい情報は、povo公式サイトでチェックできます!

povo
  • povo2.0はeSIM対応端末で1台のスマホで2つの回線を利用できる
     povo2.0をサブ回線にすることで、電話番号もメインとサブの2つになります!スマホ1台で仕事用とプライベート
     用に分けられ、LINEアカウントも2つ作ることができます。
  • povo2.0を使わない時は、0円で利用できる
     povo2.0は、定額プラン無し!データやかけ放題のプランが必要ない時は、トッピングせずに基本料0円で利用でき
     ます。
  • povo2.0は、トッピングの種類が豊富!税込330円〜データ追加ができる
     ギガが足りない月末や外出時に、税込330円〜データを追加トッピングできます。手頃な価格で「必要な分だけ」ト
     ッピングできるので、ムダの無い運用が叶えられます!
  • povo2.0はデザリング無料だから、ポケットWi-Fi代わりに使える
     「外出先でのデータ消費が気になる」「メイン回線が通信制限かかってしまった!」そんな時に、povo2.0はポケッ
     トWi-Fiとして利用することができます。

それでも安い!povo2.0のサービス情報や特徴をおさらい

povo2.0は、auが提供している格安プランです。基本料金0円で、定額プランは無し!データや通話のオプションを自分でトッピングし、自分好みにプランを選べる自由さがpovo2.0の魅力です。

通信速度は低速になりますが、半年に一度、トッピング購入することで、660円/年間で使用することも可能です。

povo

半年に一度有料トッピングを購入することが、povo2.0を限りなく0円に近づけて運用する最低条件です。有料トッピングの中でも「24時間データ使い放題 税込330円/回」が最安で購入可能なので、最低維持料金は年間660円1ヶ月55円でpovo2.0を運用することができます。

1ヶ月の使用料金が55円⁉︎
Wi-Fi環境下でスマホを使うことが多い私は、この使い方で十分満足できるかも!

月額料金(音声SIM)基本0円
月額料金(データのみ)
※povoは「トッピング」システムでデータ購入することで、月額料金が変わってきます。
・使い放題(24時間) 330円
・1GB(7日間) 390円
・3GB(30日間) 990円
・20GB(30日間) 2,700円
・60GB(90日間) 6,490円
・100GB(90日間) 9,834円
・使い放題(7日間)12回分 9,834円
・150GB(180日間) 12,980円
使用回線au
通話料22円/30秒
かけ放題オプション・5分以内通話かけ放題   550円
・通話かけ放題    1,660円
・留守電サービス    660円
SNS使い放題オプションDAZN使い放題パック(7日間) 1,145円
光回線スマホセット割×
データ繰越×
デザリング
5G対応

決まったプラン無し!自分でプランを選択できます

povo2.0は、「20Gで月額2,970円」など他社格安プランとは異なり、月額でのプラン設定はありません。

povo

データ量や通話オプションなど、豊富なプランの中から、自分に合ったものを自由にトッピングして利用することができます。

例えば、データ150GB(180日間)で12,980円のプランをトッピングした場合、月額換算すると約2,200円の月額料金を支払うイメージです。

また、そこまでデータを使わない場合は「24時間データ使い放題330円」を使いたい時にトッピングするなど、スマホ代を抑えながら使用することもできます。

使いたい時にプランをトッピングして、自分のライフスタイルに合った使い方ができますよ!

+αトッピングが豊富!期間限定キャンペーンをご紹介

povo2.0は、基本的なデータや通話トッピングに加え、期間限定のトッピングプランが豊富です。コンビニやファストフード店、サブスクサービスとコラボレーションしていることもしばしば…

2024年7月現在でやっているお得なキャンペーンはこちら!

お得なトッピングキャンペーン
povo

通常のトッピングプランにはない、「30GB(30日間)税込3,260円/回」「360GB(365日間)税込28,800円」のプランが期間限定キャンペーン中です。

キャンペーンの詳細はpovo公式サイト「トッピング一覧」で確認できます!

データだけじゃない!+αトッピング
povo

トッピング購入に加え、「ローソンのお買い物券500円分」「U-NEXT見放題+ポイント」がもらえるキャンペーンも実施中!

詳しくは、povo公式サイト「トッピング一覧」でチェックしてください!

いつものお買い物や、サブスクサービスへ支払いをするともれなく、povo2.0で使えるデータも付いてくるなんて…!とっても魅力的ですね。

過去には、ケンタッキーで使えるクーポンや、からあげクンが付いてくるキャンペーンもありました!最新情報を逃さないよう、povo公式Xのチェックもお忘れなく!!

povo2.0の0円運用に関するよくある疑問と答え

povo2.0は完全0円で運用できますか?

結論、完全0円で運用することはできません。ただし、以下の条件や運用方法を満たすことで、税込55円/月の最低維持料金で1年間使用することができます!

povo2.0 0円運用条件・方法
  • 【必須条件】利用制限、契約解除にならないよう、半年に1度トッピングの購入をする
    ※限りなく0円に近づけて運用する場合、有料トッピングの中で最安の「24時間データ使い放題税込330円/回」を購入しましょう。
  • 【運用方法①】通話やメッセージはLINE等のSNSを使用する
  • 【運用方法②】Wi-Fi環境下で利用する
月額0円でできることはありますか?

povo2.0の0円運用でできることは以下の通りです。

  • 最大128kbpsの低速でデータ通信ができる
  • 通話着信(発信には料金がかかるため)
  • サブ回線として使える
180日以内にトッピングの購入をしなかった場合、すぐに利用停止になりますか?

すぐに利用停止になることはありません。利用停止対象になった場合、事前にメールやメッセージ宛に「長期間トッピング未購入による利用停止予告」が送られてきます。

その後、30日以内に有料トッピングを購入することで、利用停止対象から除外されます。

povo2.0の完全0円運用は無理…でもお安く運用維持できます!

基本料金0円のpovo2.0ですが、完全0円で運用することはできません

できない理由として、「180日以内に有料トッピングを購入しないと利用停止・契約解除対象になること」が挙げられます。しかし、povo2.0を限りなく0円に近づけて運用した場合、最低運用維持費用は年間660円です。(なんと、1ヶ月あたり55円‼︎)

povo2.0 0円運用が向いている人
  • 他にメイン契約している回線があり、povo2.0をサブ回線として使いたい人
  • 在宅ワークなど、Wi-Fi環境下でpovo2.0の使用が可能な人
  • データを使う頻度にばらつきがある人

povo2.0は定額プランがなく「必要な時に必要な分だけ」データトッピングをして、スマホ使用料を調整できるというメリットがあります。さらに、povo2.0は基本料金が0円!サブ回線などでpovo2.0を使わない時は、0円で運用することができます。

povo
povo2.0 0円運用条件
  • 利用制限、契約解除にならないよう、半年に1度トッピングの購入をする。
  • 通話やメッセージはLINE等のSNSを使用する
  • Wi-Fi環境下で利用する

これらの運用条件を満たすことで、限りなく0円に近づけて運用することが可能になります。

一番少額のデータトッピングを半年に一度購入することで、最安660円/年間でpovo2.0を使用できます!約10ヶ月間は0円で利用できるので、条件を満たしながら利用してみてくださいね。

povo 2.0の申し込みはこちら

今なら最大10,000円相当の還元あり!

↓ povo1.0・auを契約中の方はこちら ↓

コメント

コメントする

目次